img_5477

ぶろぐ再開 信越自然郷アクティビティセンターのイベントにいってきたよ

気がついたら二ヶ月近くサイトをほったらかしにしていました。いないとは思うけれどこのサイトの更新を多少なりとも気にしてくださっていた方がいましたら申し訳ありませんでした。

本業でもある夏のダンス合宿のほうが本格的に忙しくなってしまいてんてこ舞いの日々。猫の手も狩りたくて飼い始めたはずのヤギが、かわいすぎて逆に手がかかってしまったりなんかして

img_5319

家の裏をものすごいスピードで侵食していく葛の侵攻を何とか食い止めるために投入した最終兵器、ヤギさん親子。ラウン○アップなんぞ糞食らえ。モン○ントの策略に乗ってたまるかと勢いよく啖呵を切ってみます。

ヤギの唯黙々と草を食べる姿形の美しいこと、思わず時を忘れて見とれてしまいます。そして時折擦り寄ってきて「んんー」と啼きながら顔を舐められるときの幸福感。そして乳が毎日搾れる。

とまあそれはいいとして、やっと仕事から解放され、淀んだ汁と考えに支配されてしまった体をリフレッシュさせるべく、飯山駅に併設されている信越自然郷アクティビティセンター主催のサイクルイベントに出席してきたのであります。

 

img_5484

北信州を一台自転車文化拠点に作り上げようというプロジェクトが今ひそかに進行しています(これはマジな話)

うまいことそれに乗っかって、自転車観光客をゲットする足がかりにしたいという下心丸出しの僕ですが、今の段階では純粋に北信州のサイクルロケーションの可能性を探るためと仲間を作るために楽しんで参加している次第であり。

この日のプログラムは寺の町といわれる飯山の史跡を巡りながら、精進料理を頂き、仏様の御姿を写本ならぬ写仏させていただき心を清めながら緩く散策するという物。参加者はがちのロード勢ではなく、施設でバイクをレンタルしてゆるゆると楽しもうという、とても平和な催しです。

疲れはてた僕と嫁さんの心身をリフレッシュするにはもってこいのイベント。天候にも恵まれました。

ちなみにそんな緩いイベントに、何を血迷ったかこの夏の新兵器、LOOK5952ndを組み上げ、s-worksのビンディングシューズで参加してしまったのですから、少々頭がおかしかったのでしょう。僕は。うん。疲れている。

img_5477

提供された精進料理はこちら。由緒あるお寺で修行された副住職が丹精こめて作ってくださった物でございます。

精進料理は生まれて初めてなので、ヘルシーでオシャンティな小鉢が数点並ぶだけのもの、と高を括っていた僕らの胃袋と味覚にガツンと踏み込んできました。

いがいにもしっかりした味付けと触感、そして十分すぎるほどのヴォリューム。クリエイター曰く「本当はもっと薄味に仕上げるのですが、一般の方が楽しんでいただける様に濃い目の味付けにしてある」とのこと。

うむ。うまい。

横には食べること、生きること、それらに関する感謝の言葉が添えられています。むさぼらず、感謝して、残さず戴くこと。そんなことを言われると、食べきれないとは口が裂けてもいえない。加齢とともに食が細くなってしまった僕には聊か多すぎるランチとなってしまいました。大満足の初精進料理体験。これは宿の食事にも活かせそうです。

今回のイベントは参加人数がそれほど多くなかったのですが、アクティビティセンターもまだまだ手探り状態でいろんなイベントを繰り出してくるのです。今後も頻繁に参加して、顔を売りつつ今後に備えて生きたいと思います。

img_5486 img_5485

夏の間にあのバイクやこのバイクがあんなことやこんなことになっているのでぼちぼち紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA