コルナゴ c60 モアパワー モアスピード 武闘派バイク

{060D9BA4-A519-4265-8F6A-5AEC64C4BD63:01}

異音問題が解決して、やっとなんの気兼ねもなく
乗り込めると思ったc60です。しかしフロントホイールの不調により
ホイールをBORA35ウルトラに換装してあります。

はじめてのカルト。宗教ではありません。

日本のシマノと世界を二分する自転車部品メーカー、イタリア、
カンパニョーロ社の誇る究極のセラミックベアリングテクノロジー
の事ですね。

このカルトを使用したホイール、恐ろしく回ります。
下り坂で軽く恐怖を覚える位です。
自由落下するようにスピードが上がっていきます。
恐ろしさのあまり奥歯が噛み合わなくなる位。

通常ならば恐ろしく高価で、夫婦に諍いが起こるレベルの
商品ですが、それはそれ、やはりありえない値段でゲットしました
。もちろん使用は自己責任になります。

もうこうなってくると前歯や鎖骨の一本や二本は
惜しくありません、なんてことはないですが。
自転車は、安全なほど早いのです。
{3105641C-586A-4089-9F6D-102837246A9E:01}

さて、c60。木島平、高社の中腹から走り出し、飯山市を
抜けて、中野市の新しく出来たカインズホームまで行ってきます。
往復およそ40km。

余談ですが、カインズホームと言えば質実剛健、あくまで
職人さんが業務用の品々を入手するところなイメージがありました
が、中野カインズは意外に入りやすく、店内もポップな感じ
でした。これなら高校生のデートコースにも使えるかもしれません。

コルナゴと言えば、重厚な剛性感と安定性、直進性。
軽くてひらひらパリパリした万能フレームがもてはやされる時代に
頑なに硬派なレーシングバイクを世に送り出し続ける
イメージがあります。

僕はc60からコルナゴに触れたので、大層なことは言えませんが。

そんな中c60はラグフレームでありながらモノコックに
近い軽やかで万人うけする味付けがしてある。と色んな
媒体で目にしてきました。

だけどです。乗り込んでいくにつれて、やはりこいつも生粋の
レーシングバイクであることが分かってきます。

{6EE3FC83-F13B-434A-A087-3D71D67E78EB:01}

たしかに低速域の加速の軽さ、安定性から来る乗りやすさは
懐の深さをうかがえるのです。トップチューブが思いのほか
薄く、そこがしなやかさを演出しているのかもしれません。

しかし、ある程度の速度域から、BB周りの硬さが
足を弾き返してきます。。最近595に乗り込んでいるので
この辺が対象的な気もします。

そしてこの硬さが出てきてからがc60の本領。
このクランクの硬さに前身で抗い、下ハンドルを
握って踏みしめる。踏みしめる。

ある一点を超えるとき、クランクにまとわりつく
粘りの様な重さはきえて、ズドンズドンと入力する
トルクがそのままギアを回し、ホイールは地面を
蹴りつけます。地面を殴りつけるような加速。

最近流行のエアロ要素皆無の骨太なフレームワーク。
空気抵抗なんぞ些細な物よ、そう言わんばかりの
進みっぷりです。

とはいえラインナップにエアロでモノコックなVR-1が
並び、プロはステージレースでもそっちを使う人が
多いという話も聞ききます。それだけ、このc60が
今のコルナゴのやりたい放題を詰め込んだマシンなのかも
しれません。

外見はとんでもなく流麗で豪奢。キングオブお座敷バイク
の名をほしいままにするc60。
しかし走り出すならこいつはとっても汗臭いバイクなのかと
最近感じております。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA