LOOK585SL 異音の原因は

 土曜日ということもあって、僕が東京出張所と勝手に
銘打って転がり込んでいる高田馬場のアパートも、住民達は
それぞれに休日を満喫するために、出かけて行きました。

コレを機と捉え、586のカーボンを一気に削り取るために
一旦フレームからパーツを全部バラしてしまいます。

ヘッドチューブの異音の原因を今度こそ突き止めなければ
なりません。

何かを始めるとき、どうしても動き出しが遅くなって
タイミングを逃してしまう種類の人間がいる。
正直僕もその口の人間なのですが、この時ばかりは行動
が早かった。完成車の状態から剥き身のフレーム状態に
するのにおそらく5分もかからなかったのではないか。

この際だから、不用意に積層してしまい、醜く太くなってし
しまった余分なカーボンを一気に削り落としてしまいます。

大量の炭素粉塵が排出され、人体に甚大な健康被害をもたらす
とともに住民同士の悪感情からくる冷戦状態を引き起こしかねない
この作業。あくまで秘密裏に、神速をもってことにかからなら
なければなりません。

こうして見るといかにトップチューブが度重なる
無計画な積層によって醜く膨れ上がってしまったのか
よくわかります。まるで僕の脇腹か。
不摂生を重ね、不純物のこびりついた肉体は同じように
精神をもむしばみ鈍化させていきます。

この愚鈍なるカーボン層を削り落とすこと、それは僕の心
に対する禊のようなものなのか。これからの時間は僕にとって
静謐さの中で自分と向き合う時間。には到底なりません。

電動サンダーは威勢良く駆動音を響かせ、大量の粉塵を
撒き散らしていきます。それは、混沌。

一心不乱に削りながら、全然患部に達しません。
我ながらよくもまあこんだけ厚くカーボンを積層したもんだと
心が折れそうになる。ガチガチに圧縮したおよそ7層に及ぶ
カーボン層は生半可ではないのです。

ちょっと嫌気が差してきて、何気なくヘッドチューブに指を
突っ込んでみる。するとここ最近うんざりするほど耳にしてきた
あのチリチリというノイズがしてきました。

おや、とおもいそのまま指でまさぐってみると、どうやら補強の
際に仮当てしたガラス繊維の裏地が剥がれ、それが動くたびに
擦れてノイズを発していたようです。

どうやらこれが異音の元凶のようでした。
あんだけ苦労してカーボン剥がしていたのに
原因は全然別のところに。あとは気合でその半ば剥がれかかった
ガラス層を引っペがして作業完了。

終わってみるとあまり呆気ない。


こいつがそのガラス層。
ちなみに成分はアスベストに似ているんじゃないか。健康にとって
少なくとも益はないでしょうね。

まあせっかくなのでこのまま怠惰と安逸を象徴する、豚のような
醜いカーボン共を駆逐する作業を続けていきます。

おいこの炭素野郎。部屋の片隅でガタガタ歯を鳴らしながら
命乞いする準備はできたか?
いいだろう、灰塵にしてやる!

次回に続く 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「LOOK585SL 異音の原因は」への1件のフィードバック

  1. 1. ブログ読みに来させて頂きました☆
    色々な方のブログ訪問させて頂いてて記事の内容に凄く共感出来ました☆私は、まだまだブログ初心者なのですが頑張って読みやすいブログ書いていこうと思ってます☆またブログ読みに来させて頂きますね☆
    http://ameblo.jp/dachshund-mini/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA