今年も夏がやってくる

{E8910277-E310-4160-BFC1-68D7B88EDFC8:01}
三ヶ月おきに東京と長野を行き来する
生活がはじまって、もうすぐ3年近く。
今年も夏のシーズンに向けて長野に戻る日が迫ってきた。
長野県木島平村にある実家のペンション業をうけついで、東京長野往来。ここ数年はそんな生活をつづけている。メリハリがあるのはいいが、
おかげで歳月が文字通り矢のように過ぎ去っていくのはいかがなものか。
帝都の夏は辛い。とくに雪国育ちの身には。
空気が湿り気をおび、肌にまとわりつくようになる。
ちょっとしたことでイライラするようになり、
生物の足が早くなり、
友人同士の軋轢もふえてくる。
明け方の枕の匂いがきになる。
生来若干心臓が弱く不整脈に悩まされてた僕にとっては、ちょうど過ごしにくくなり始める季節のタイミングで東京を離れる事が出来るのは、僥倖とゆうより他ないのだ。
数日前に長野に送る荷物を纏る作業に取り掛かる。
といっても荷物の殆どは春からにかけて
オークションで捨て値で買い叩いたのと、以前から東京に残したままになっていた
フレーム、ホイール類

その殆どはジャンクパーツとして持ち主が

見捨てた物を再生した物だけれど、
定価ベースで測るなら相当な価値のある代物ばかり。
{28F93743-5310-46B5-95AD-438BEEB81D1B:01}
{F22155D3-DDA3-49CB-9FF5-55C84B4D107B:01}

引っ張り出してみると、ロルフプリマ58

なんてイかれたホイールなんかも出くる。
チューブラーでパンクが怖くて眠りについていたのだけれど、パンク治せることが判明したので今年は乗り倒せそう。
コルナゴc60以外にも色々と楽しみな要素が増えてきた。
ペンションでの春、秋のオフシーズンも人を呼べるように、と趣味を、絡めつつロードバイクで何か出来ないかと進めて来た準備も、徐々に形になってきました。
今年春から正式に会社の代表になってしまい、いよいよ入客数の些細な増減に一喜一憂するようになってきたこの頃、
少子化の影響もあって、常に経営の次の手を考えていなければならない。宿泊業も楽ではないのだ。
まあ悲観的ビジョンにとらわれても仕方ない。
長野の高原の澄んだ空気を楽しみつつ、今年の夏はどんな夏になるのか、楽しむようにしよう。



「今年も夏がやってくる」への4件のフィードバック

  1. 1. こんにちは。
    それだけの知識と腕があれば下手なプロショップよりも全然ロードレーサー関係でも人を呼べると思うので、
    『サイクリストペンション』として、
    ・お薦めサイクリングマップ
    ・早朝に初心者向け、ポタリング入門
    ・夜にメンテナンス、リペア入門
    なんてメニューを掲げて春~秋のシーズンに集客を計画してみてはどうでしょう?
    サイクリストはそれなりにみんなお金を持ってますし、何より好きこそ何とかですよ~。ハハッ
    http://ameblo.jp/dandy2013/

  2. 2. 無題
    夏は長野すか!家業とはいえ高原暮らし、ここのところの湿度を考えると、羨ましい限りです。

    一度、渋峠越えてそちらにお邪魔してみたいですね!ひとり旅でも宿泊させて頂けるんでしょうか?
    http://ameblo.jp/sakon2012/

  3. 3. Re:無題や
    >Minamoto Sakonさん

    返信おくれてすみません、昨夜バスの移動やらなにやらで時間が取られてしまい….

    長野にお越しの際は是非お立ち寄りください!徐々に稼働できるバイクも増やしておきますので⭐️
    またブログおじゃまさせていただきます
    http://ameblo.jp/aprfoor/

  4. 4. Re:こんにちは。
    >FELTさん
    コメントありがとうございます。
    いやいや、まだまだ拙い技術でして、今度時間があったら自転車整備士の勉強でもしてみようかと思っております

    確かに上げてくださったコンテンツとか楽しそうですよね。色んなものが先細りな現代において、珍しい右肩上がりの自転車産業、色々がんばってみます。時がきたら是非一度長野にも遊びにきてください
    http://ameblo.jp/aprfoor/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA