カテゴリー別アーカイブ: ブログ

※再掲載 僕はorcaに恋している 3 初めて買ったスポーツバイクはルック車だった

それぞれにコンプレックスがあると思う。

僕の場合は「太ももが太い」

小学校の頃は、学校一のデブだった。どのくらい太っていたかというと



ある日、校内放送で保健室に呼び出され先生から一枚のプリントとともに

「お前、このままじゃ間違いなく太り過ぎで死ぬから」

と言われて肥満児強制プログラムの参加承諾書を手渡されたくらいである。

まだ昭和と平成のギリギリ位の時代だったから、教師の有り様も
それなりにフリーダムな時代だ。今だったら生徒に向かって肥満程度で

死亡を語るなど言語道断。もしかしたら死亡と脂肪をかけていたのかもしれない。

自分がデブであることを直面させられて、ショックを受けた。



でも合宿という響きと林間学校的なモノにちょっと興味を惹かれたので
とりあえず母親に見せていみる

母親も結構ワイルドな人だったので、苦笑いを浮かべるだけで


「あんたももらったの~まったくうちの子たちはしょうがないわねえ」


と言ってまともに目を通すことなくゴミ箱に捨ててしまった。

どうやら一つ上の兄貴も同じプリントをもらっていたようで
ちなみに学校一のデブが自分で、学校第二のデブが兄貴だった。

どうする~と兄貴と話しながら、なんかめんどくさいなあ、なんて
適当な相槌を打ちながら、


食事の前に二人でポテチを食べているんだからもはや救いようがない。

脂肪は、美味しいのだ。ブーブー

結局、その合宿には行かなかったが、幸いなことに中学校に入るとともに


身長も伸び、なぜか二人共やせはじめて普通の体型になることができたのだ。

一度太った人間は、どこかしらにその痕跡を残すものである。
僕の場合は、太ももの肉が落なかった。

ちょっと話が長くなりそうなのでまとめると、太ももを細くするためにも
自転車がいい、という情報をどこからか耳にしていたのだ。

売れないミュージシャンの職業病として慢性的なスポーツ不足が有る。



紫外線は彼らの天的なのだ。彼らを殲滅しようと思うなら強めの紫外線を
照射したら効果てきめんだろう。

運動不足を解消するためになにか、運動を始めなければと思っていた。



ここは、自転車を趣味にしてみようか、と思い当たるのである。

多くの方々は誤解しているが、競輪のようにスプリントを掛けるような乗り方
をしないなら、むしろ自転車は足が細くなる。

マラソン競技をしている人たちがみんなガリガリなのと同じりくつだとおもってくれたらいい。

とにかく、orbea orca  例の雑誌をみてから、なぜか彼女のことが頭から離れない。

image


しかしすぐにどうこうする経済力もないので、とりあえずスポーツバイクを買ってみようということになった。

当時は自転車についての知識など殆どない頃だ。


自転車の見分け方なんか全然わからない。値段の相場もわからない。

ネットでいかにも爽やかな白いペイントの細身のクロスバイクを発注した。
新品で14800円。

そう、典型的なルック車だ。

ルック車というのはフランスの名門ブランドLOOKとは一切関係ない。

見た目だけスポーツバイクの体をなしている、その内実ママチャリに毛がはえたような。


ようはスポーツバイク界における地雷のようなそんざいなのだ。

そんなことはまったく知らず、初めて手にしたスポーツバイク、ペイントだけは
綺麗だったので「これが14800円か!」と感動して友達に自慢しまくっていた。

無知って恐ろしい。27位の初夏の頃だった。

続く・・・


自転車関係の情報お探しの方、
にほんブログ村 自転車ブログにていろんな自転車愛好家の方々のブログに出会えます。
ぜひアクセスしてみてください☆

why i’m standing there ~シェーキーズ談話 6~

実に恥ずかしい話だが、仕事の関係で3月末に高田馬場に戻ってきて、
色々とやることが有り、昨日までシェーキーズに足を運ぶことができなかった。

本来なら、四季の移ろいとともに変わっていくピッツアのラインナップを
すぐにでも確認に行きたかったのだが、

そうすることができない我が身を呪う日々がおよそ二週間ほど続いた。
いくつもの「何故」が頭をよぎる。

何故長野にシェーキーズがない?
何故ランチタイムに私を一人にしてくれない?
何故私は友人の誘いを断れない?
何故私はピッツアではなくカレーを食べている?

そういう日々の果てに、ようやく昨日実に3ヶ月ぶりの一人シェーキーを
堪能することが出来た。

久しぶりに邂逅した私とピッツア。体に馴染んだシェーキーズ高田馬場店の
木製のテーブル。座ると僅かに軋む椅子。そのサウンドが耳に心地よい。

久しぶりに口に運んだピッツアは、やはり期待を裏切らないものだった。

ほんの少し、不安があったのだ。
もし、シェーキーズのピザが変わってしまっていたら?

消費税も上がり、仕入れの具合も変わってくる。それは仕方ないことだろう。
変わっていく時代の中で、変わらないでいて欲しいと願う心は確かにエゴなのかもしれない。

それでも私は・・・・

だけれど、その心配は無用の物だった。
シェーキーズは変わらないでいてくれた。
いや、むしろさらに美味しさをましているのではないか?

今回初めて口にした
doubleided cheese beked bacon pizza
[ 二種のチーズと焼きベーコンのピッツア]

は筆舌に尽くしがたい旨さだった。
濃厚なチーズとたっぷりのトマトソース、そしてベーコンの塩気が
口の中で味の奔流を起こす。

 

事前に水を飲んでいたらそそうをしていたかもしれない。

次回からは事前にハルンケアを飲まなければ。

そして濃厚な味の洪水の最後に口の中に残る微かなオレガノの香りが、
夕暮れのテキサスの牧場のような風情で口の中に爽やかな、そして幾分
人生の苦味を感じさせる風を運び、また次の一口が恋しくなる。

ああ、これだ。
まだこの街で戦っていける、その勇気を与えてくれた。

「ありがとう」いまはその言葉しか思いつかない・・・