カテゴリー別アーカイブ: ペンション関係

全国100名水で磨かれた龍興寺サイダーが飲みたい

流石に4時間バスに揺られていると体にくる。
長野から新宿まで高速バスでおよそ片道4時間、往復でも料金は5000円足らずと最近は驚く程安くなった。
年に何回も仕事で長野と東京を往復する身としてはここ最近の高速バスの値下げは大変ありがたい。
今年、新規の合宿の入った横浜の某高校に、代理店の方と挨拶をしに行く事になったのだ。
殆ど日帰りのような強行スケジュールである。
僕の孵化したばかりのカブトムシのように脆弱な腰にはいささか負担が過ぎる。
西新宿の停車場から高田馬場の宿泊先まで、少し歩くことにした。
街頭の温度表示は夜の10時を過ぎても27度を示し、歌舞伎町のアルコールを含んだ湿った空気が肌にまとわりつく。
気が狂ったかのようなネオンと人々の嬌声。旧約聖書のソドムの地を思わずにはいられない。
昨夜までの、猿と猪が跳梁跋扈し、人は自然の従属物に過ぎないような田舎とのギャップに頭が少しクラクラした。
ここ数年、高校の義務教科にダンスが組み込まれ、ダンスホールをウリにしているウチのペンションでも何とかそこに活路を見出そうとアレコレと苦心しているのだが、
今の所のメインストリームはヒップホップやダンスに傾いている。
うちとしては社交ダンスが復興してくれるとこれ程ありがたい事はないのだが、男女が、ペアを組み、事もあろうか手を繋ぎ密着する社交ダンス。
女子と手を繋いで歩く事はおろか、異性の半径1mの絶対制空権に侵入することもままならなかった僕の青春時代からしたらおよそ考えられない行為。
あくまで天の帝釈天に矢を向け続ける阿修羅王のようにまさしく不倶戴天の行いである。
中高生には教育上宜しくないのだろう。
断っておくけれど、けっして女性が嫌いなわけではないのだが、苦手な部類に入るのだ。どうしても緊張してしまう。
今度来る高校のダンスクラブは全て女子から構成され、50名に近い華も盛りの女子高生が大挙して押し寄せてくるのだ。
良く考えたらこれは我が方のペンション始まって以来の大事件である。
旧約聖書の預言者ダニエルが、祖国が滅ぼされ虜囚の辱めに対してこの異常な出来事は、と叫んだように、大事件なのだ。
今日の高校訪問も心してかからなければ。
ああ、喉がカラカラに乾く。
地元木島平の龍興寺サイダーが飲みたくなって来た。
{7D2949BF-0C00-4E44-9ED6-9E7550DE8391:01}

日本100名水に選ばれた龍興寺清水で

作られたサイダー。まさしく天の甘露である。
以上、龍興寺サイダーについて書こうとしてこんなに無駄な文章になってしまった。
まったくもって文才の無い人間だ