カテゴリー別アーカイブ: LOOK695 aero light

LOOK695エアロライト いつか来る、そのいつかは忘れた頃にやってくる 5

この季節になると山の気温はいよいよ
冷え込んでくる。

深夜に一人仕事机に向かいながら、コーヒーを口に含む。じんわりと熱い液体が体を暖めてくれる時に、自分がずいぶんと冷えている事に気づかされる。

秋も深まり、夜空は澄み、月が煌々と
辺りを照らす。

人狼は月に狂気を解き放ち
月読は生者と死者の中だちとなる。
元は月黄泉(つくよみ)が語源だという説もある。

たそ、かれ、の時を越えて死者の時間を支配する月

古来から月に人は死と、女性と、神秘の象徴を見出してきたのは何故なのか。

実は月にまつわるさまざまな事が化学的にまったく説明できないでいるのだ。

それについて語りだすと、いくら紙面を割いても霧がなくなってしまうので割愛させてもらうのだけれど、

科学的見解を持たない古の人々の目からしても本能的に月の存在がはらむ異常と矛盾と狂気を感じ取っていたのじゃないか。

科学的な「説明」をある程度受けた僕たちでも何処かでその(説明」では月の矛盾と異常を超えられなくて、

そして神秘のイメージを払拭できないのではないか。

月のすべての謎が解明されることがあったなら誰も有難がって秋の寒空の下で酔狂にも団子なんて食べなくなる。

月の神秘性は剥奪されるのだ。

CIMG1164

今日も少し身構えながら愛車
695エアロライトに跨る。

それなりに体になじんできて、下りでも
身を任せられるようになってなお、どこか
得体の知れない所がある様な気がしてならない。

汎用性を拒む、専用規格の数々がそれをなしているのだろうか、何処か月のような神秘性が付きまとっているのだ。

ならば、可変式のCステム、
もしくはエアロステム

それからこのフレームにしか使うことができない大口径、クランク、シャフト一体型のZED2クランク

この二つを汎用品に付け替えてみたらどうなるのだろう。もちろん実際にやってみたわけじゃない

でもイメージする。とってもまっとうで、なじみやすく明るく正しい最新式のロードバイクがそこにいる。

得体の知れない物に身を預ける緊張感はどこ吹く風。

だけれど、なんだか面白くない。

月の真実が岩石の塊であれ、
宇宙人の作った被造物であれ、
答えが分かってしまった瞬間神聖が失われる

695エアロライトも、汎用性と引き換えに僕たちの認識の範疇に引きずり降ろされてこのフレームが放つオーラと神聖は失われてしまうのだ。

身が引き締まるような感じを受けながら
どうしてもまた乗りたくなってしまうその
感覚が消えうせてしまう。

Cステムは実際重く調整が面倒くさい。
クランクは、Qファクターが気になる人に
とっては、やはり見過ごすことが出来ない
要因になってしまう。それでも

LOOKの提唱するトータルインテグレーションのすべてを身にまといライダーが触れる事を拒む領域を残して、

超然と佇むのが695であって
後続の795なんじゃかろうか。

といいつつ、ノーマルクランク搭載の
695が市販されているという突っ込みをするのは野暮な話でしょう。

そろそろ、次回辺りでこの辺の話も終わりにしたいです

つづく

ダンスの宿

ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

 

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2015/09/20 LOOK695エアロライト 隣り合わせの落車の恐怖と長い下り坂の青春

人に言わせると、自分ではそうは思わないのだけれど
僕は痛みに弱いらしく。

以前、明治通りと大久保通りの交差点、大型のトラックがびゅんびゅんと
飛び交うとても危険な道路の脇で派手に落者をしたことがある。

その当時僕は安いクロスバイクにのっていた。まだカーボン補修の
技を身につける前だったし、何よりバンドしながらバイトで生計を
立てていた、とても貧乏時代。

中古で買ったドロップハンドルを袋にぶら下げて、家への帰途に
ついていたときに前輪にハンドルが入り込んでしまったのだ。

よくネギや大根、最悪でも傘でやってしまったことはある。
当然、ぼろぼろになるのはネギ、大根、傘の貧弱な骨組み。
三勝零敗で前輪ホイールの圧勝。

しかしこのときは流石に安物とはいえ、AL6000番台の
レース用のハンドル。ホイールをロックさせて車体は見事に
ジャックナイフを決めてしまった。

突然後輪を跳ね上げ、空中を物理法則を捻じ曲げたように
併走していた自転車が中を舞う光景に、車のドライバーは
肝をひやしたでしょう。

肩から12月の冷たいアスファルトにたたきつけられ、
自転車の下敷きになって身動きが取れない僕は
なんとか通行人に助けをもとめようと、兆度目のあった
向こう岸の幼女に手を振ってみると、幼女は満面の
笑みを浮かべて手を振り替えしてくれる。

そして、手をつないでいた母親が、知らない人に手を振っては
いけません、とでも言うかのように幼女をせかして立ち去って
しまう。

違う。僕は別に幼女の友達がほしかったわけじゃない。
笑顔で蟷螂の羽をむしるような幼女の無邪気な残酷さと、
母親の冷たい仕打ち、それ以上に人の心をこんなにも
すさませてしまった世相にそして右肩から徐々に広がってくる
鈍痛に、口の中が乾き、いやな味の汁がにじみ出てくる。

走行しながら何とか心ある通行人に救急車を呼んでもらい、
病院に担ぎ込まれる。

結局、右肩にひびが入っていた。

あまりの激痛に、看護士さんに打ち込んでもらったモルヒネも
一向に効果がなく、迎えに来てくれた友人たちを前にして
苦痛にのた打ち回る醜態をさらしてしまう。

そしてそのときの僕の痛がり様をそのときの友人たちは
今も大笑いしながら物まねするのだ。

そんな輩はいつか手足を縛って口の中に生のイナゴを
放り込んでやりたい。そのときの痛がり肩が尋常じゃ
なかったらしく、どうやら僕は人よりも痛がりならしいと。

いたいんだからしょうがないじゃないか。

前置きが非常に長くなってしまったのだけれど、僕は痛いのが
大嫌いなのです。なので、いまだに下り坂が苦手で仕方ない。
二ヶ月前に数年ぶりに落者を経験してしまってから、
いまだに長いくだりでは体がすくんでしまう。いかにこれを
克服するか。

そんなこんなで、かなり特殊な構造を持ったLOOK695エアロライト
について、臆病な僕が長い下りでどのような感想をいだいたのか
書きたかったけれど、無駄に長くなってしまったのでまた次回に
まわしたいと思います。

695と、現在洗浄してガラスコーティング
中の595、世代をまたいだ競演です。

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ