カテゴリー別アーカイブ: LOOK695 aero light

LOOK695 エアロライト いつか来るだろう、そのいつかは忘れた頃にやってくる。

たとえば汗だくになりながら山を登りきって
乱雑に汗まみれのジャージを脱衣所のかごに脱ぎ捨てて

シャワーを浴びて、
上半身裸のまま出来てきて、
腰に手を当てる
少し背をそらしながらぐびぐびと牛乳を乾いたのどに流し込む。

次の瞬間、脱ぎ捨てたジャージの事なんて冥王星のもっと先の
方にまで飛び去ってしまって、頭の中にはどこにも見当たらない。

それでも次の日にはその汗だくだったはずの上着は
洗濯されて綺麗に畳まれて、何気なく普段の衣類と一緒に
積まれている。

親と同居していると、気がつけば食器の片付けや洗濯は
母親がやってくれるもの、と当たり前のようになってしまって
いるんだけれど。

最近思う。これはなんて奇跡的な出来事なんだろう、と。
そしてそういう類の奇跡は実は日常にあふれていて
奇跡を踏みにじりながら、おろかにも幸運や僥倖を求めているのだ。

wpid-wp-1444719896561.jpeg
695の挙動の特徴をなんとなくつかみ始めて、
下りの恐怖も薄れていく。手に感じていた振動は
路面により強くくらいついてグリップを、路面の情報を
今までにないくらいの濃密さで与えてくれる。だから
下りもマシンの挙動を思う様に操れる。

自転車、というファクターを通しているはずなのに、
まるで自分がアスファルトの上を低空で飛行しているような
感覚を覚えてくる。

前々から感じていたのだけれど、LOOKのフレームは
自転車に乗っていることを忘れさせるくらいに親和性が高い。
言い換えると、自転車そのものを意識の中から消し去ろうと
しているんじゃないか、そんなことを考える。

いまいち信用できなかったフレーム内臓のエアロブレーキも
慣れてくると効いて当たり前になってくる。
人間のなれ、というのはやはり怖いもので、アクシデントは
大体こういうときにやってくるのだ。

VOL3に続く

ダンスの宿
ちきちきばんばん
 
営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。
 
そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

look695エアロライト そのいつかは忘れた頃にやってくる2

例えば天気は青くすんで、何故かわからないけど目から涙がこぼれ落ちそうなくらい心地よい。

前日から念をいれてチューニングして、
バイクの隅々まで神経が行きとどくような感覚。

ブレーキ一つ、シフトチェンジ一つの動作音も耳に心地よくて、ついつい無駄なシフトチェンジを繰り返してしまいながら、
ゆるゆるとただ自由にツーリングを楽しんでいる時でもだ。

パンク一発。

たったそれだけで、頬を掠める秋の少し冷たい風も遠く霞む山々も、
正確無比なデュラエースのシフト感もすべておじゃんだ。

一体僕が何をしたのかと。完璧ではないにせよ、それなりに世に対して誠実に善良で生きてきたつもりでも何かに対して平謝りしたくなる。

ましてや、サイクリングに相方がいるときのあの申し訳なさ。

クリンチャーならまだしも、チューブラーがパンクした時の無力感。

やっと695とコミュニケーションがとれ始め体がそのソリッドな走行感を心地よいと感じ始めた矢先のパンクだった。

しかもタイヤはtufo。比較的パンクに対しても定評のあるモデル。走行距離も100km に満たないのだから、正直勘弁してほしい。

ギタリストにとってピック隠し神、という存在が確かにいて、この神様をきちんと敬わないと、愛用のピックはどんなに管理していても連れ去られてしまう。

それも、大事なライブ直前とかに気まぐれに風をふかせる厄介な神様。

同じようにロードバイクにもタイヤつんつん如来、見たいな霊的存在がいるんじゃなかろうか。

とにかく、パンクトラブルは忘れた頃にやってくる。このデキゴトをとおして、695エアロライトに対する考察も徐々にふかまっていくのだ。


続く

ダンスの宿
ちきちきばんばん
営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。
そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ