カテゴリー別アーカイブ: TIME VXRS

TIME VXSR super record 使用 ようやく完成しました

現行の4本足のカンパではなく(失礼)限りなく美しい旧デザインのスーパーレコードと調子にのってボーラを履かせてからどうやらお座敷バイクまっしぐらだった我が家の「伝説の」TIME VXSR

それでも、自転車は走ってこそ美しい。ロードバイクの美しさはただ速く効率良く走るためのカタチを捜し求めた結果体、数学的な美しさであって虚飾的な美ではないのだ。やはり走らせなければ。

続きを読む TIME VXSR super record 使用 ようやく完成しました

2015/09/16 いつかはTIME、そのいつかがついにやってきたわけで

光陰矢のごとし。
年を重ねるごとにこの言葉の意味合いは重く重く
のしかかってきます。

およそ五年前に家を継ぐことを検討しているときに
父親に言われた言葉。「おおよそ五年以内に、今の営業形態では
飯が食えなくなるから、それまでに新社長として新しい営業の
方向性をみつけてこい」

その当時、五年先といえばはるか先の未来の事で、それ以上に
自分にとってきちんと甲斐を感じられる仕事にありつけそうな
予感に半ばうきうきしていて深く考えるような隙間は、人生に
あくせくしていた僕の脳みそにはなかったのですが。

ですが、なんやかんや人生に追われてるうちに、
強く思い描いたりイメージしたことが、人や物やチャンス
を通して目の前に転がり込んでくる。色々な流れが出来ていく。
そういう良い展開と、逆らえない時代の流れの中で仕事が思うように
回らない環境も出てくる、そういう悪い流れ。そうしてもう数えるまもなく
その五年、という歳月が経とうとしています。

宿泊業の一つの種として、趣味の自転車を使ってみる。
好事家たちの興味をひける様な何かを備えてみたい。
そう考えて、これは試乗してみたい、そう思えるような
フレームとバイクをちょっとづつ組み立てて、ストックしていく。
この企ても、いよいよある段階まで達しつつあるなあ、と最近
感じるようになりました。いよいよ動き出すときかもしれません。

昨年、コルナゴC60を手に入れて、これでコレクションにはくが
つく、と思いながら古い、細い、伝説的なカーボンフレームが
一つほしいなあと思っていたのです。そして手にした細身のTIME


LOOK595と並び称されるべき車体、と勝手に思い込んでいます。
これは自転車のりなら一度は乗るべきフレームではないでしょうか
と勝手に思い込んでい見る。

新型でなんか話題になりそうなフレームをそろえつつ、古くも、色あせない
ベンチマーク的な車体もいくつかそろえたいと考え、ぱっと思い浮かんだのが
このTIMEとLOOKの595 、それから個人的な趣味でマグネシウムドグマは
コレクションしたいと思っていたのです。595はかなり初期の段階で転がり込んで
来ました。そして、この夏、ついに憧れのタイムです。


猫も杓子も、ハイエンドから入門機までもカーボンフレームが
浸透しつつある昨今、いつかはTIMEという言葉もそう耳にすることは
なくなってきたのでは。それでも、この最後の細身ラグフレームといわれている
VXSRは、「いつかはTIME」といいたくなる風格があります。

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


AD

いつかはTIMEのVXSR 細身フレームをなぜに美しいと感じるのか。

なぜ混血の人間に美男美女が多いのか。
ハーフの友人を見ていると、同じ生物なのに、努力して外見を磨いても
決して超えられない壁がある事を感じざるを得ない。

決して人前ではそんなそぶりはみせない。
だけれど、彼らを見ていると、臓腑の奥から薄苦い汁が
胸の辺りに染みだし、舌の付け根は苦くなり、眼球が乾いてくるのを感じる。
これが嫉妬というものでしょうか。

そもそも美、という観点からして、その実はとても胡散臭いのだ。
以前、CMで「美しいお姉さんは好きですか?」という
キャッチコピーを耳にしたときにふとした違和感を感じたことがある。

美しいお姉さんが好きなのではなく、そのお姉さんを美しいと感じるから
こそ興味をひかれ、好感を抱く。

本人がその対象に必要性を抱くとき、美しさとして脳が認識して
脳内麻薬を分泌がほとばしる。

刺激、興奮、心地よいスゥイング

結局、遺伝子が「それ」を自分の制空圏に取り込もうとする動機を
美しさとして脳に刷り込み、「それ」に手を伸ばさせる原動力として
理由付けをしてくるのだ、と

美しさについて解釈している。

ハーフの美男美女に関しても彼らが美しいのではなく、
自分とはまったく異なる珍しい染色体を数多くその
身に刻み込んだ遺伝子を欲する生物としての本能が
それに手を伸ばさせるために、美しさ、という概念をもって
突き動かしてくるのではないでしょうか?

という前置きのもと、TIME VXSRです(笑

いつかはTIME、という言葉を正統に身に負う最後の
TIMEのフレーム。もちろん、現行のフレームも
TIMEなんですが、やはり細身ラグのTIMEが
やっぱりTIMEであってほしいのです。TIME

細く、シンプルな構造体。

あれこれ手の込んだ、エアロ形状だったりなんだりの
最近のモノコックフレームがあふれかえるほどに、このVXSRと
595の自転車としての美しさが自分の中で際立ってくるのです。

といいつつ、手の込んだモノコックフレームも大好きなんですが。

ともかく、こういうフレームにひきつけられて、美しさを
感じてやまないのは、人としての本能的な何かが
アナログくさい、親和性の高いこういうフレームと一体に
なりたがってるからなのかもしれない。

散々VXSRについて語っていますが、実はまだ乗っていません。
早くまたがってみたい(笑

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


AD