カテゴリー別アーカイブ: colnago C60

コルナゴc60 どうやらトンデモない物に乗っているらしいと今更に気づかされる

{E5F6B9FB-B5AD-44F4-B97C-C4050CF94F83:01}

c60についてもっと理解を深めたい。そう考えるようになりました。

春に組立終わってから数箇月が経過し、その間東京に居なければ
なので乗る機会がなかなか持てず、お座敷バイクとしての
地位を確固たる物にしてしまいそうな時期も有りました。

余りにも美しく端正なその居住いに気圧されてしまってところもあります。

乗って汚してしまうのも気が引ける。そんなこんなで月日がすぎて、
まともに乗り込めるようになったのはこの数週間位。

ある程度ポジションもしっくりきて、貧脚ながらに走らせ方が
だいぶ分かってきたこの頃です。

そして乗り込むにつれてコルナゴというメーカーについて
もっと知りたくなってくるのです。

ついにこんな雑誌を買ってしまいました。

ああ、やばいなあ、マスター欲しい。
c40欲しい。
c50も
欲しい。
あれも欲しいこれも欲しい。いっそのこと肝臓でも売ってしまおうか。

僕の中の獣のような物欲がまた顔をもたげてきます。

今思えば訳も分からずにロードバイクに惹かれていた頃、
やたら豪奢なペイントを身にまとったコルナゴが憧れの象徴でした。

{005F6019-E50D-4476-9B0B-9F79BB707E2C:01}

自転車の魅力とは何か?なぜにこうも多くの人を魅了するのか。

ただの移動手段として捉えるなら、高級ロードは非常にコスパが
悪いです。自転車一台で車が変えてしまうような金額を支払います。
一線を踏み越えたマニアたちはこれを「御布施」などと
自嘲しながら、嬉々として海外ブランドにお金を注ぎこんでいきます。

十数万円の入門用のマシンも、プロか、もしくはバブリシャスな
方々が乗るような百万超えのマシンも、ロードバイクの枠組みで
見たらせいぜい平均時速数キロの差しか付きません。

だから、違うんです。普通のものさしでは測れない何かが
やっぱりあるんです。

サラブレッド。速く走る為に何台にも渡って血をつなぎ、
少しづつ少しづつ研ぎ澄まされていく馬たちの肢体は
美しいだけではなくて、儚さも同居します。

サラブレッドの足がいくら早くても農耕馬のように
頑丈で太くなっていたら、ここまで人は馬に狂った
でしょうか?

どこか儚くて危ういから、人はどうしようもなくこれらの
モノに惹きつけられてしまう。自転車も馬も少しにているのか
もしれないなんてことをふとおもったりします。

{13503306-C76F-4728-A9E4-12D14180B2E7:01}
はじめはコルナゴは、余裕をもって優雅に走る物かと
思っていました。しかし乗り込んでいく程にその考えは
間違っていたと気づきます。

歯を食いしばって、向かい風に抗いながら、ただひたすらに
ペダルを踏みしめる。

尻の筋肉の痛みもハムストリングスの痙攣も、
こんなペースで走り続けて大丈夫かという不安も

どうしようもない加速への誘いに頭をしびれさせて
どこか知らない遠くまで行ってみたくなる。
そんなのがコルナゴとの向き合い方なのかもしれません。
麻薬です。

ああ、もう仕事なんてしたくねえや。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


colnago C60 Cの系譜の極至を手に取ってみる その2

前回に引き続きC60について

今年の6月に正式に実家のペンションの二代目オーナー就任が決まり
いよいよ持って経営について真剣に考えていかなければなりました。

(家業のペンションについてはまたゆっくり語っていきたいと思います)

春と秋のオフシーズンにも何かのアクティビティを打ち出そうと進めて
いるのが、
「信州木島平の自然の中で、ハイエンドバイクを自由に乗り回して
もらおう」という企画です。

現在保有しているフレーム

ピナレロ・プリンスカーボン
LOOK595.586SL
orbea orca2009
cervelo R3sl ×2
ウィリエール・チェント1
sccot addictSL (2010)
BMC・SLR01 SLX01
Sworks tarmacSL3

どれも押しも押されぬ名車達、これだけのフレームを揃えようとしたら
とんでもない金額になりそうですが、そこはカーボン補修技術を駆使して
ワケありフレームを再生してありえないような金額で賄っています(笑)

こんだけフレームあったらしばらくはもういいかな、とも思っていた矢先、
このC60がオークションに売りに出されていました。

ああ、もうこれは間違いなく目玉になるね、と。

今春発売されたばかり、しかも完全受注生産で国内でもまだおそらく
数える程しか入ってきていない、超高級フレーム。

しかも、もしかしたらエルネストが手がける
「最後のC」
になるかもしれないコルナゴ。
しかも、重要なのが、「割れている」
そう、トップチューブに微細なヒビが入っていてしまったために
オーナーが手放すようになったのです。当然、まともな品だったら
僕なんぞ手も足も出ません。
おそらく、これを逃したらもう二度と巡ってこないような機会です。

・・・・狂うことに決めました・・・・
とにかく、存在感と高級感が半端ないです。
僕の保有しているフレームたちが色あせてしまうような。
狂った甲斐がありました。

来年春位をめどにパーツを集めて走れるようにしていこうかな。

旗艦となるフレームも決まったことで、
徐々にそっちの仕事の方も動き出していきます。

 

colnago c60 46時中もステムと言って

最近、寝てもさめてもステムについて考えている。

恋する乙女が、意中の男性の名前をひそかにネットで
検索して悦に入るように適当な名の有るステムの名前を
打ち込んで検索をかけては、ああでもないこうでもないと
考えるのがとても楽しいのだ。

自転車のハンドルと、フレームをつなぐとても地味な部品。
自転車の中でも比較的安価で
手軽なものなら2000円くらいから手に入る。

もちろん、気のふれたレベルになるとこの小さい部品一つで
入門用のロードバイクが一台買えてしまうような物も存在していて
そんな物を隠れて購入しよう物なら家庭不和、嫁の軽蔑を買う
元凶になってしまう。幸い嫁なことにまだですが。

フレーム、コンポ、ホイールには結構こだわってパーツを
選んできたのですが、これまではあんまりステムに気を使って
きませんでした。見た目が良くて、ちょっと短めのステムなら
何でもいいや、みたいな感覚でした。

調べてみると、ステムには変に軽いものを使わないで
しっかりしたつくりの頑丈な物を選べ、という格言が有るそうです。

自転車に乗り始めて数年経つけれど、まだまだ知らないことが
おおいです。

で、最近C60のポジションが少し窮屈な感じがしてきていたので
ステムを延長することにしました。

90mmから100mm

たった10mmの差が、しかしそのバイクののり味をまったく
変えてしまうのです。


今回チョイスしたのは、DEDA ZERO100
レーシングパーツの定番です。定価は一万を超えますが、
オークションでかなりこなれた値段で手に入りました。

まだ少し乗ってみただけですが、ハンドル周りが確かに
かっちりした感触に。安定性はマシンの実際の挙動だけじゃなくて
僕みたいな臆病者のへタレにとってはバイクへの信頼感が
増すということは、それ以上の大きな意味があるのです。

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ