カテゴリー別アーカイブ: LOOK586SL

look586sl ウレタン艶消し クリアー塗装

前回ロゴ入れがほぼ終了し、
中々満足行く出来でした。
{B794832C-DF64-4998-B2FD-A91E6F651599:01}
多分男ってのは、キチンと整えられたラインとか、そういう数学的な物を見ると悦に浸ってしまう性質があるんじゃないか。
常々そう考えているんですが、マスキングを剥がしたときに色の際が綺麗に処理されてると、こうゾクッと来る物がありますね。
そして、本日最終工程のクリアー吹きになります。
はい、結論からいいますと、失敗に終わりました….
{71C051D3-BE7B-4FDF-A892-630D47C5CCBE:01}

ウェーイwww

塗装のときは汚れ、脂分をしっかり除去しなければならないのですが、この脱脂作業が不完全で、所々気泡が発生、白く濁ってしまいました。
仕方ないのでクリアー層全剥離。当然下に塗ってあったロゴも削り落とすようになります…orz
なんと哀れな光景。
関係ないんですが、何かが壊れる様には
ゾクゾクする背徳感も同時に潜んでいます。
幼くは戦隊物の合体ロボが破壊される
シーンだとか、最近ならば映画「パシフィック・リム」の主役機、ジブシーデンジャーが物語冒頭で左腕がメインウエポンごと引き千切られるシーン等
ああ、そんな事考えながらも結構凹むなあ…また、マスキングからやりなおしだわさ。そんな貴重な夏の或る一日でした。
蝉時雨
脂残して
茜空
(脱脂作業一つで、貴重な30代の夏の数日を棒に振ってしまった虚しさと、蝉の一生の儚さを掛けて、夕暮れの茜空に一日を思う)

LOOK586SL 塗装作業 あまりの絵筆の抜け毛の多さに怒髪天をつきそうになる

僕は抜け毛が多い。

突然なんだと思われるかもしれないが、もう少し付き合って欲しい。

一つ上の兄は猫っ毛で一本一本が細く腰がない。

おまけに慢性疲労と様々なストレスにさらされ、
おそらく近々その毛根は一つ、また一つと音もなくその使命を志半ばにして消えてゆくのだ。

反対に僕の髪の毛は一本一本がとても太く腰がある。量も多い。美容室に行くたびに
「いい髪の毛ですね」と声をかけられるのは、ささやかなる自慢の種だ。

そしてどんなシャンプーを使っているのか聞かれる度に、「100円のシャンプーで
適当に洗っています」とドヤ顔で応える瞬間の愉悦感。それを味わうために
美容室に言ってるといっても過言ではない。

散髪を終えるたびに毎回夥しい量の髪の毛が床を埋め尽くす。
まるで事件性を思わせる程の量。

髪の毛の質に関してのみ、フォーカスするならば世界三大美女、クレオパトラ、
楊貴妃、長澤まさみに匹敵するのではないか、と密かに思っている。

そして、不思議なことに抜け毛の量もかなりのものなのだ。気づいたのは
高校生くらいの時だったか、洗髪をするたびにかなりの量の毛が指に
まつわりつく。「はげしいな桜井君」を彷彿させる光景。

一時は心配になりながら、数年、十数年と経つが毛量はまったく変わらない。
大量消費社会も驚く程のペースで僕の毛髪は

抜け落ち、
再生し
抜け落ち
再生し、

命の大河を刻んでいく。

部屋を掃除していても同居人のY村くんのコイルのような縮れ毛はほとんど見かけず、
僕の直毛だけが粘着ローラーに残っている。

そんな、僕の髪の毛。
それすらも凌駕するのではないか、と思えるほどに今回の塗装作業に
使用した絵筆の抜け毛はひどかった。

基本的に100円の品にかんしては 寛容な僕が、滅多なことでは
怒ることをしない、
怒りという感情を母親の体内に置き忘れてきたのではないか、
とまで言われたこの僕が、
菩薩の化身とまで言われたこのぼくが、

久々に怒りを感じてしまった。

フレームに塗料を載せるそばから抜け落ちた毛が塗装面に付着する。
それをピンセットで除去し、荒れた塗装面に再び筆を降ろす、そのそばから
また毛が抜け落ちる。

まるで無間地獄だ。ラチがあかない。

みなさん、塗装作業のときは、是非、しっかりした筆、少なくとも100円均一で
売られているものは避けるようにおすすめしたい。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

LOOK586 赤い車体にかつて憧れていた

{CAB09835-F2C0-4BD9-A7AE-63D4510AC11C:01}

なんというかここ半年ほどブログをサボっていました。
特に何があったわけではなく、別に自分がブログを書かなくたって
相変わらず地球は回っているわけであり、世界はどこかに
向かって収束のスピードを速めていくわけです。

それにしても窓から覗く木島の山々は相変わらずで、
初夏の抜けるような青空と人間の営みなんぞ素知らぬ
顔でただ、そこに有り続ける。

うちがペンションの仕事を始めた時に、記念に植えた桜の木、
もう三十五年以上もたち、立派な老木になりつつある桜の木。
枝があっちこっちすき放題に伸びて、家の前の電線に干渉
しつつある。

馴染みの電気屋さんは危ないから大きな枝を
落としたほうがいい、と進言してれるのだけれど、確かにそれは
そうなんだけれど、あまりに木が雄大なのと人間の自分勝手な
理屈で物を語っているような気がしてなんとなくそのままにしてあります。

{5D9843CF-BBE8-4253-B3E7-68BBD6091EDD:01}
そして、今気づいたのは昨夜の夕方くらいからシャツが裏返しで
着ていたこと。そしてそれについて家族は誰も突っ込まない。

なんというゆるい世界だろうか。

そんな中で今日、一日連れ回すつもりのLOOK586について
ちょっと書いてみる。

サボっているこの半年間の間にうちにやってきたフレーム。

普段XSサイズのフレームに乗っていたのだけれど、そのサイズは
もしかして自転車としての見た目のバランスにわずかながら破綻
をきたしているのではないか、と近々考える機会がママありました。

そのなかでこのLOOkはSサイズとワンサイズ上のものになります。

細身の割とクラシカルな雰囲気と相まって、とても均整の採れた
プロポーションとなり、非常に気に入っています。

まだ自転車に乗り始めたばかりの頃に発表されたこのモデル。
街中で一回偶然に見かけた時、それまでのLOOKになかった
ようなデザインに一発で魅了されました。

それから気が付くともう7年くらい経っていて、そんな自転車が
自分の手元に置かれている。

なにやら、強烈に惹かれるものはいずれ自分の手元に置かれる
運命を感じるこの頃です。

自転車というものがその人の中で、ただの乗り物という位置から
身の置き場所を変え始めると、乗るべき自転車は縁となって
糸を結びはじめるのです。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん