カテゴリー別アーカイブ: LOOK595

LOOK595に約二年ぶりに乗ってみた

{9C9E4D2D-4D6D-4E13-826E-2AB35E067D9C:01}

LOOK595

デビューしたのが2006年だったかな?
それから5年近く同社のフラッグシップを勤めあげた傑作中の傑作
一時期はカーボンフレームの最高傑作なんて言われたりもしてたり。
僕がロードバイクに嵌り始めた頃は
当然のように憧れの的。
今は695の登場によって退役しましたが、
今だにオークションでも値が中々さがりません。
その魅力はまだまだ衰えを
知らないのでしょうな。
この595、二年前位に左チェーンステーにヒビが入ったとかで落札、落札価格は確か5~60000位。落車とかではなく搬送中の事故だったとかで、それ以外の状態は至って綺麗でした。
595のレビューなんて探せば幾らでもある
ので今更なんですが、
{54DD21B0-86AC-4126-B12F-D42D31D6A547:01}

586も所有していてこの二台に何か共通する感覚があります。

{DA458CD5-2999-45D4-8F8D-45CA9C387841:01}

凄くこう、体に馴染むというか、バイクの

挙動が手足の延長の様に感じるのです。
とても微妙な感覚、でもこの2台には
安心して体を預けられます。
586に至っては、もはや自分の四肢で
アスファルトを蹴っているかのように
自転車に乗っている事を忘れてしまい
そうになる。
595はバネ感を残しつつまだ自転車に
乗ってる感覚は残っている。
うーむ、何とも不思議な味わい、
しかし、それはとても気持ちのいいもの
です。
今日はこれから山にはいるぞ、という所で
雨が降ってきてしまいました。
雨宿りしながらどうしようかと思案してる
所に母親が車で迎えに来てくれたので
そこまで乗り込めませんでした。
別にジャージが濡れてるのは雨と汗の
せいで、母親の優しさに打たれたとか
そんな事はないんだからね!

look595 強い芯がある。

{49E16711-E907-46E4-833B-6C744BCDD9DB:01}
3連休が開けるといよいよ日本全国夏模様になってきたようで
関東でも35度近い気温とゲリラ豪雨が連日続いているとニュースで良く耳にするここ最近。
東京に残して来た、(といっても勝手に僕が田舎に引っ込んだだけなのだが)友人達の安否も流石に気にかかるこの頃。
近年の男達は、深刻な程に自活力が落ちて来ていて、二週間前のヨーグルトやらパンパンに膨らんだ豆乳を平気で口にしたりする。
それで平気な顔をするタフガイ達ならいいのだが、無菌状態に慣れすぎた体は少量の雑菌にさえ、無条件降伏してしまうのだ。
ちゃんとオニギリには梅干しを入れているだろうか?
タマゴサンドはその日のうちに食べているだろうか?
刺身は残ったら醤油につこけんでいるだろうか?
友人達の食生活が気になって仕方ない。
全くもって世話が焼ける。
さて、そんな関東圏を遠く離れて夏山は
一年間で一番きもい、じゃなかった、気持ち良いシーズンです。
{63CBEF85-6510-4AEA-9C20-4CE038BA432C:01}
{A417DFC1-ED4D-4C67-BE19-2BC45E458715:01}

仕事がはじまるまでのひと時、look595

を堪能させてもらう。
始めに漕ぎたした時、硬い、と感じた。
のりこんで行くと、これは「硬い」、
よりも「強い」と言った方が相応しい。
フレーム各部が強靭なのだ。
表面的パリッとした剛性感ではなく、
フレーム内部に一本の力強い芯がある
(もちろん各パイプは空洞なのでそんな感じがするだけなのだが)
その芯が強いしなり戻しを産みだす。
登りで重いギアを掛けた時にこのフレームの強さが行きてくる。
踏み込むと、ほんの僅かなしなりとともに、グワン、とスピードが伸びてくる。ついいつもより重いギアを踏みたくなってしまう。登りがとても楽しいのだ。
look595と夏山は、よく似合う。

LOOK595はロープロファイルが良く似合う


{EC0F4279-9593-4E41-AE50-66D2D5C3E847:01}

look595


サーベロR3SLのシートポストが折れてしまったため、久しぶりにこの名車にまたがってみる。

カーボンモノコック全盛の時代に、今だにラグで繋がれ古い論法で作られた躯体は、多くの自転車好きを虜にし


最新理論で武装された最新鋭の機種を前にしてもその輝きは些かも衰えない。


寧ろのロードバイクを構成する各パイプが太く異形になり、新しい規格が盛り込まれる程にこのシンプルで美しいバイクは輝きをましていくように感じるのだ

バネがある

魔法の絨毯だ
平坦な道が、緩い傾斜路に思えるように
前方に吸い込まれていく

前時代のLOOKを評するにそんな言葉を良く目にするのだけど、久しぶりに乗り込んで見て、そのペダリングの感覚に魅了されてしまった。

それはまた後の話

あまりにも気持ちがよかったので、カーボンディープを履かせて見たくなったのだ

{081C69FA-3E64-49AB-A59B-6C9AD6E05A3E:01}


{DF777C6A-5228-458C-866A-74026A8CE172:01}

手持ちのホイールで適当にその見た目の変化を比べてみる。でも、何かしっくりこない。


全く個人的見解なんだけれど、595にはロープロファイルのホイールの良く似合うのだ。

586slにはZIPPのホイールが良く似合った。

{69C2D655-C9F0-47D9-B65E-8B7BD229AFDE:01}

プリンスなんかはディープリムと車体の好戦的イメージがピタリと嵌る。

これでコンビニにいくのは、戦車で温泉に行くような行為だ。

この違いが何なのかは良く分からないけど、ラグとモノコックによる設計思想の様な物が、もしかしたらその佇まいに微妙に
影響しているのかもしれない、何て事をつらつらと考えていた。

キシリウムSLRとか履かせてみたいな。
でもそんな金はないな…..


長野県木島平村にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん