カテゴリー別アーカイブ: LOOK595

LOOK595 ラグ製法はノスタルジーなのか

{BAB58E32-1149-4FC4-BD5D-93D27C6842EB:01}

c60の異臭、じゃなかった異音問題も無事に解決しました。

昨日の午後はちょっと時間ができたので久しぶりに595で
50kmほどサイクリング。

自転車についてあまり詳しくない人に50kmというと、
まるで頭がおかしい人間のように見られます。

高々自転車に中古車が買えてしまうような、金額をつぎ込み、
誰が見ても恥ずかしいようなぴっちりもっこりパンツを履き、
一般的な感覚でいったらありえない距離を走った挙句、
重力に逆らって鼻水をたらして坂を上ったかと思ったら
せっかく上った坂をただ下っていく。

我々自転車乗りというのも世間様から見たらとんでもない
変体の集まりなのでしょう。

{6810235B-3BB4-4EB2-A0A1-B0D8BC8D3033:01}

c60の圧倒的なまでの動的性能とゴリゴリ進む走行感。

それと対比するように595に跨ってみると、また違うものが見えてきます。

BB付近に意識を凝らしてみる。595にしかない、吸い込まれるような
ペダルフィーリング。

16時くらいから20時のあたりにおいて
クランクが吸い込まれ、上死点までふわっと足を押し返されていく
その後は15時のあたりまでほんのちょっと足を踏み降ろしてあげれば
またクランクが勝手に吸い込まれていく。

しなやかで、ほんの少しだけ硬質でたとえ様もなく心地よい。
これぞ魔法の絨毯でしょうか。

少しだけ前加重気味にして、力ではなく体重でペダルを踏みしめる。
すると前方に下り坂ができたように、前方にすいこまれていくのです。

595の気持ちよさはなんなのでしょうか。

{417FBE73-6FD2-4A5C-9D32-1ECBE4DD1A35:01}

ラグとラグでパイプを繋ぐ製法と
方にカーボン繊維と樹脂を敷き詰めて釜で焼いて一体形成する
モノコック製法。

最近はモノコックが主流になっているカーボンフレーム。
595もc60もあくまでラグ製法にこだわって作られています。

ラグは手間がかかわる、精度を出すのが難しい、重量が嵩む
など、モノコックに比べると製造的に難しい面が多いと聞きます。
それでもラグで作るメーカー、それを求める人々が
まだ少くない数存在することを考えると、何かこう数値や効率では
図れない部分で影響するものがあるのでしょう。

{6E3C0F0D-F135-42C6-B2F2-392DF6A1C34F:01}

その辺を考えていくと、自転車その物のどこまで行っても
アナログで人力な乗り物でありつづける側面。

効率、対費用効果を突き詰めていくと、すべての物が平滑、
陳腐化してしまう資本主義社会に対してどこかでその流れに
逆らいたくなるノスタルジーみたいな物が顔を出してくるような
気がするのですが、それについては長くなるのでまた今度。

{42EDB023-1BD3-43F2-BE4C-BB3CEACF74D7:01}

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


なんで今更595が輝いて見えるのか 考察

{F5F43CC8-F0EB-4739-931C-6A0C44170D3A:01}

コモディティという単語を最近知りました。
製品、サービス、技術などが一般化してしまった
ために価値を失ってしまう事を指すらしいです。

このコモディティ化が進んでいくと、世に出回る
色んな物が均質、陳腐化していく。

物の価格は下落していくので、消費者にとっては一見嬉しい
事のようで、企業は利潤を出すために結局、賃金や
原材料費を弱い立場の人々から安く買い叩くしかないので
長い目で見るとちょっと残念なことになります。

合ってますかね?

経済効率を追求していかないと企業は生き残れない。

現代社会が抜け出る事の出来ない問題、というか
資本主義のなかに本質的に組み込まれている
アポトーシス(自殺遺伝子)の様な物だと理解しております。

{C9CB75F6-7541-4E4F-8C0B-BFE813D58932:01}

昨今の自転車業界を見ていてもこの経済の
大きな流れにどうしても飲み込まれ始めている様な
気がしてならないのです。

2013年にBMCが名車、SLRをリニューアルしました。

その手法はコンピューター解析による理知的な生産手法の極み。

人間の曖昧な感性を排除して、合理的なプロセスによって
生み出された当代最高のフレームだったのかなと思います。

理系フレームのあの当時の到達点と言ってもいいでしょう
(理系フレームなんて単語はありませんが)

カリスマ職人が熟練の技術と哲学を込めて生み出す
フレームは、素晴らしくもありますが、効率、という点から
見ると産業的には現代的ではありません。

BMCが工学的に最高の性能を付与された
フレームをうみだした事によってこのへんの壁を突破して
しまった様な気がするのです。

力学、空力、生産性、そういう物を理詰めで効率的に
突き詰めていくと、どうしても答えは収斂していく。

それ以降の色んなブランドの発表するニューモデルが、
見た目もコンセプトもどうしても似通ってしまってきている。
そんな感想を最近は抱くようになりました。

BMCが、SLRをリニューアルする前にインペックという
トンデモフレームを専用工場までおったてて開発したのは、
ロードバイクの流れがそうなる前に非生産的で、趣味性の高い
フレームの極みを作っておきたかったからなのかな、なんてことを
勝手に妄想しています。

{AB359999-3C24-415C-AB2D-26A524DB0AB4:01}

ああ、今回も話が長くなってしまいました。
別にBMCを否定するつもりもSLRを戦犯のように
晒し上げるつもりもありません。BMCがやらなくても
どこかがやったでしょう。T社か、S社か、。

だからこそ、今の時代に595をはじめとする第五世代のLOOK
やコルナゴc40だとか、先日限定復刻されたTIME VXRS
何かが輝いて見えるのかもしれません。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


LOOK595に約二年ぶりに乗ってみた

{9C9E4D2D-4D6D-4E13-826E-2AB35E067D9C:01}

LOOK595

デビューしたのが2006年だったかな?
それから5年近く同社のフラッグシップを勤めあげた傑作中の傑作
一時期はカーボンフレームの最高傑作なんて言われたりもしてたり。
僕がロードバイクに嵌り始めた頃は
当然のように憧れの的。
今は695の登場によって退役しましたが、
今だにオークションでも値が中々さがりません。
その魅力はまだまだ衰えを
知らないのでしょうな。
この595、二年前位に左チェーンステーにヒビが入ったとかで落札、落札価格は確か5~60000位。落車とかではなく搬送中の事故だったとかで、それ以外の状態は至って綺麗でした。
595のレビューなんて探せば幾らでもある
ので今更なんですが、
{54DD21B0-86AC-4126-B12F-D42D31D6A547:01}

586も所有していてこの二台に何か共通する感覚があります。

{DA458CD5-2999-45D4-8F8D-45CA9C387841:01}

凄くこう、体に馴染むというか、バイクの

挙動が手足の延長の様に感じるのです。
とても微妙な感覚、でもこの2台には
安心して体を預けられます。
586に至っては、もはや自分の四肢で
アスファルトを蹴っているかのように
自転車に乗っている事を忘れてしまい
そうになる。
595はバネ感を残しつつまだ自転車に
乗ってる感覚は残っている。
うーむ、何とも不思議な味わい、
しかし、それはとても気持ちのいいもの
です。
今日はこれから山にはいるぞ、という所で
雨が降ってきてしまいました。
雨宿りしながらどうしようかと思案してる
所に母親が車で迎えに来てくれたので
そこまで乗り込めませんでした。
別にジャージが濡れてるのは雨と汗の
せいで、母親の優しさに打たれたとか
そんな事はないんだからね!