カテゴリー別アーカイブ: LOOK595

LOOK595に自転車の美しさを見た

{F9791503-6136-43D1-ADE6-6571077D597E:01}

先日、とある知り合いとのSNS上でのやり取りを通して、日進月歩のロードバイク
シーンに置いて今後も記憶に残り続けるフレームはどんなものなんだろう、という
ことを考える機会がありました。

その時にパッと頭に浮かんだのが、細身ラグ時代のTIME最後のVXSR系、ピナレロ
金属ドグマ、そしてこのLOOK595でした。もちろん、自転車世界にのめり込んでまだ
数年の貧脚人間の主観です。異論は様々認めます。

{9CF25EF5-2A35-4236-86D5-B30EBF984E8A:01}

その三台のうちの一台を幸運にも所有する事が出来ています。しかもほとんど
ただのような価格にて僕の元にやってきてくれた595

僕が自転車に美を感じ始めた当初、ローディーたちの憧れの的の一つがこの
LOOk595。今ではもうアンティークの括りに入ってしまうかもしれません。
しかし、オークションでも数年前とほとんど価格相場が変わらないあたり、この
躯体の持つ魅力を表しているんでしょう。

カーボン技術が進歩して、もはや自転車炭素繊維の技術レベルがF1や軍事、宇宙
開発に使われるような物まで駆り出されています。
異形でいかついフレームたちがちまたに溢れかえるほどに(それはそれでとてもかっこいいと思っています。あしからず)595のシンプルな
佇まいは際立って自転車の美を表しているような気がします。

{8946766E-E295-4FAC-96E0-EABB2A7A7A39:01}

この冬、走れない期間を通してパーツアッセンブルを少し見直してみました。

ホイールを キシリウムSL ⇒ シマノ7850 corbon1380
シフターを st6600⇒     スーパーレコード 
ブレーキ  BR6600 ⇒   カンパアテナ (シルバー)
RD     RD6600 ⇒    R7800

そう、シマニョーロ仕様です。これには深い意味があるわけではありません。
手元の感触を重視したかったのです。5800系も考えましたが、なんとなく
595に新しいコンポは似合わない気がします。
スラムもなんか違う。そんなこんなで考えていくと、結局、手元にあったスーレコ
をニマショ化、その他のパーツもなんとなく感触重視のものを選んだ形になりました。

アテナ、RD7800、シマノのクランクはなんとなく金属パーツでクラシカルな雰囲気を
醸し出してみたかった。

{A3BED492-5039-4D65-BC23-64B17AFDB2D0:01}

このパーツ変更は、はっきり言ってしまうと素晴らしい走行フィーリングを
595にもたらしてくれました。
詳しくはまた後ほど

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

久しぶりに595にのってやっぱり魅了された

{2E367ADF-EA9E-4E8F-91B8-C3B6EC623A84:01}

今年はからつゆだと。
確かにあまり雨が降らないのだけれど、ここ数日曇りと突発的に
軽い雨が降ったりとすっきりしない天気が通津言います。

木立を揺らす雨音を聞きながら、窓際で時間の流れを気にしないで
ゆっくり読書するのは嫌いではありません。

ふるならいっそ激しくふってくれという感じなのです。

今日は久しぶりに晴れ間が覗き、誘われるように自転車に乗り込むのですが・・・・

今日は久しぶりにLOOK595に乗り込みます。
ホイールを新調して、シマノRS80をゲットしました。
リムがデュラでハブがアルテグラ。シマノの上級ホイールはその加工の精密さが
本当に美しく、うっとりさせられます。

{77FAF44E-E7CA-4F42-8EAF-2462F2B9F1A7:01}

595。もうずいぶん昔のモデルになってしまいましたが、いつ乗っても
しみじみと、いいバイクだと感じさせられます。

最近、c60、アディクト、SLRと最新も最新のバイクに乗り続けていて
その洗練されたのり味はすばらしいのですが、だからこそこの595の
懐の深い人間味のあふれるのり味に魅了されるのです。

LOOKも重量をあまり気にするメーカーではないので、組み付けるときも
重量を気にせず、安定感のあるパーツを選べます。これがアディクトだとそうは行かない。

XSサイズのフレームに
スーパーレコードのレバー、
RD7800、
クランクもシマノのコンパクト
ブレーキはアテナのシルバーと
見事なまでのシマニョーロ ちゃんぽん。

何のことかわからない人はすみません(笑

裏技を使って本来適合しないパーツ同士を共生させています。
まあ、キメラのようなものだと思っていただけたら。

今回はタイヤを25cにしてみました。
しなやかなシマノホイールに25のタイヤ。
やたらしっかりしたつくりの595。

気持ちよさ優先で組んでいます。

ダウンヒルにおいて、595より586の方が評価されている感じがしますが、
595のこのフレームの強靭さ(剛性感とは違うのです)から
むしろ僕は595のほうが下りやすい感じがします。

さらに風の影響を受けにくいロープロのホイールと25cのタイヤ。

まさしくダウンヒルモンスターと化しました。アテナの制動力もすばらしい。

25のタイヤはやはり上りは少しもっさりします。
巡航性は少し上がったかな?

久しぶりに595に乗ったのですが、これはかなり特殊なペダリングを要することを
忘れていて、乗り始めはこんなに進まなかったのかなーと違和感を感じましたが、
後半、コツを思いだすにつれて、やたらと進むようになります。
この辺はまた時間のある時に。

{CA71F0C3-9E0F-498D-A1F3-C954C616CBB2:01}

戸狩野沢温泉にある 通称 紫陽花寺に行ってきました。
まだ半分も咲いてないところでしたが、小雨がぱらつき、けぶるような
天気の元、とても幽玄な雰囲気が楽しめました。

{9EE2D01A-E04E-47AB-B088-F128686420FC:01}

595より速いマシンはもう沢山あると思いますが、
595より乗り手を魅了し一体となるマシンはあまりないと思います

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

LOOK595 ただクランクの回るままに

{67F0D111-008E-43D3-85E8-A7F87A0CDB95:01}

ここしばらくはっきりしない曇天が続いています。
夏の営業シーズンに入ってしまうとろくに自転車に乗って
出かけることができなくなるので、この時期は時を惜しんで
外に行きたいところなのに、天気が崩れていらいらします。

木島平は比較的天気が安定していて、晴れの日が多いのですが
この梅雨の時期はやはり仕方ないですね・・

今日、東京から今年の夏、子供たちの自然体験合宿の下見の
お客さんが来ていました。

天気予報では一日雨もしくは曇り。天気一つで木島の印象がガラリと
変わってしまいます。この地域の美しさを少しでも感じてほしいと
思っていた僕としてはちょっと残念な気持ちで朝を迎えたのですが

ふたを開けてみれば、この数日間の曇天がうそのような綺麗な
初夏の空が広がっていました。

先日、早稲田の学生たちが菜の花サイクリングに来たときも
9割雨の天気予報が完全に外れたこともありました。
なんだか最近はそんなことが本当に多いのです。やはりこれは
僕の日ごろの行いがいいからでしょうか(笑

東京からやってきた人たちが、この木島の自然を見たら
どんな風に感じるんだろう?

そんな意識で車を飛ばしながらいつもの見慣れた光景を
ちょっと違った意識で見ようと勤めてみます。

ここしばらくは鈍い色の空ばかり、少しくすんだ感じの風景
に慣れてしまっていた目に、抜けるような空とビビッドな色彩
が飛び込んでくると、鼻の奥がツーんするような感じがしました。

夏の高すぎる青い空は、どうしてこんなにも美しく、ちょっとだけ
切ない感じを心に浮かばせるのでしょう。

今日来てくれた客人たちも、こんな感覚を少しでも感じてくれたら
うれしいなあと思っています。

{1CB3AACB-C17F-492B-81E2-C1BCA4CFE16D:01}

さて、ぜんぜん話が変わってLOOK595です。
どんなに最新鋭のフレームに乗っても、595にまたがるたびに
「やっぱりいいなあ」と思ってしまいます。

LOOKを評するによく魔法の絨毯という表現を耳にします。

あえて言ってしまうと、595、別に振動吸収に優れたラグジュアリーな
感じはありません。

強靭で、バネ感の強いのり味と、吸い込まれるようなペダリング感覚。
この二つとリズムが重なるとき、どこまでも走り続けたくなるような
絶妙な自転車との一体感が生まれるのです。

いたずらにケイデンスをあるのでもなく、トルクをかけるのでもなく、
フレームに神経をいきわたらせると、その速度域において必要な
入力が伝わってきます。

フレームが欲するトルクに従って、ただ足を踏みおろしていくと、
ほとんど力も使わずにクランクが降りていく。そしてスピードが
伸びていく。

BB周りの剛性が絶妙なんでしょうか

{89952AE8-2A59-45B3-AC7B-64309326E31C:01}

このフレームと対話する感覚、足がクランクと一体化して、
自分も自転車の一部になったようにどこまでも続く舗装路を
走り抜けていく。

これが狙った性能なのか、たまたま出来てしまった
偶発的な性能なのかわかりませんが、とにかく、
名車なのです。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ