カテゴリー別アーカイブ: orbea orca

僕はorcaに恋してる10 ゴルディアス・ホイール

少し話が前後してしまうのだけれど、
件のスカンジウムフレームを落札する少し前に
一つのホイールを購入していた。

当時オークションでよく見かけていた品、KENDOサイクルのRADIUSと
いうホイール。30000円で1500g台、リム高30mmと金額の割に
なかなか優秀なスペックのホイールだった。

そしてこのホイールのハブがよく回ること回ること。もしかしてDT240とか
そのへんの定番高性能ハブ並に回っていたかもしれない。

ちょっと専門用語を乱発してしまったので少し解説しておくと

ロードバイクに置いてホイールを交換することはかなりの性能の変化を
意味する。そして見た目も。

ハブというのはホイールの軸になるところ、この精度や素材で回転性能が
変わってくる。

ママチャリしか知らない人は信じられないだろうけれど高性能のハブは、手にもって車輪を回すと、
軽く力をかけるだけで15分以上延々と回り続けるものもあるのだ

ちなみに日本では釣具で有名なシマノだが、実は自転車のパーツ製造の世界最大手になっている。

日本では釣具のシマノかもしれないが、一歩海の外に出るなら
SHIMANOブランドは世界のSHIMANO。
驚異の精度を誇る自転車パーツのメーカーとして名を知らしめているのだ。

話を戻す。リム高とは、ホイールの周辺部分の高さのこと。
ここが高いと、様々なメリットがある。

・スポークの長さを短くできるので、ホイールに対する力の伝道効率が上がる。
・スポークに対する空気抵抗がへる。
・ホイール外周の強度が上がることで、荷重がかかった時の変形率が下がり、真円率が高まる、そうすると回転抵抗が少なくなる。
・慣性が働くようになるので、速度維持が容易くなる。
・見た目がかっこいい。

ロード乗りの一つのあこがれとしてディープリムホイールというのがある。

このリム高が大体4cm以上あるものがそのように呼ばれてくるのだけれど、
この辺のホイールを履かせると、自転車が途端に戦闘的で格好良くなってくるのだ。

もちろん、リム高が高くなることでデメリットも生じる。

その辺を個人の裁量で使い分けていくのだけれど、
まあ、大体のロード乗りはリム高の高いホイールに憧れを覚えると思ってもらえたらいい。

今回購入したホイールはこのリム高が3cmと比較的高い、セミディープと呼ばれるものでしかも金色という非常に目立つものだった。

アレキサンダー大王の逸話にあやかって、今勝手にゴルディアス・ホイールと命名してしまった。

そういうかなり攻撃的なホイールを履かせることで、僕のロードも途端にちょっと本格的な香りがして、かなり舞い上がったものだ。

ロードバイクの楽しさは、乗る楽しみだけではなく弄って自分の美学に合わせて好き勝手にカスタマイズするところにもある。

子供がミニ4躯にハマるのと同じ感覚で、そのまま年齢と金額が跳ね上がったと思って欲しい。

要は、大の大人がロードをいじるときは子供の目をしているのだ。ロマンなのだ。

定番ディープリムホイール、
ZIPP404。リム高58cm

image
ちなみに価格は前後セットで定価30万近い。
驚かないで欲しい。ロードとはそういう世界なのだ。

我々はF1には乗ることも触れることもできない
しかしロードバイクは、一般市民が世界のプロ選手と同じ機材に触れることが
できる。今回はそんな世界があることを知って欲しかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

orca with zipp303

2009年度版のオルベア オルカ。

やっぱりオルカといえばこのスタイリングになるわけで、
とりわけ性能が前年度よりブラッシュアップされた2009年度版のオルカは今だに人気が衰えず、マニア垂涎の品、だと思う。
ウチのオルカは他のバイクに漏れずクラックを補修して、再塗装して眠りについていたのだけれど、ようやく目を覚ます時が来たかもしれない。

季節は冬に近づくけれど

オークションの奇跡により、あり得ない値段で無傷なZIPP303が手に入った(ウチではホイール、フレームは訳の無い品は非常に珍しい)

しかもオマケでついて来たタイヤが、あの
ベロフレックス。

やはり神は存在する。

{E2D75511-9ABB-416F-AA8D-9950439854FA:01}

やはりこのオルカのうねり、脈打つ、有機的なフォルムはいつになっても色褪せない。

{A891AEF2-EFFD-4268-AE70-CC1D64666197:01}

{2B0351FE-000C-4902-85D1-E16A53029C04:01}

コンポは105、冬の間に組み上げて来年春にはまた、オルカで野山を駆け巡りたい

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

orcaとzipp303の組み合わせは非常に良い

父親がコタツで、お風呂で、トイレで

瀬名秀明著「ブレインヴァレー」
という本を読んでいる。

先日ふと気が向いてプレゼントしたのだ。

臨死体験とは何か?
死後の世界はあるのか、意識とは、魂とは、脳とは、そして神とは何か。
独自の視点と科学的な検知から紡がれる物語。

高校生の時に僕が学校の図書館で手にして
読みふけっていた本だ。

父親・元ダンサー、何事ものめり込むと体を壊す程に熱中してしまう一極集中型。
まるでブリンカーを着けた競走馬のようだと密かに感じている。

そして僕・ヘタレギタリストの自転車好き。嫌いな言葉は努力と根性。ちょっと辛い事があると室伏並みの勢いで放り出すダメ人間。

あまり父親の血をついでないな、と我ながら感じてしまうのだが、こういうオカルトじみたネタや超科学などに関しては非常に興味が似通っている。

過去にプレゼントした包丁は半年後にはへし折れていて、息子が一生懸命こさえた作った料理も口にあわなければ箸もつけない。

息子といえども趣味に会わない物ならば容赦しない父親だが、今度のプレゼントは意外にも気に入ったようだ。

ハードカバーの本を抱えて家の中をうろうろしてる父親の姿を見るたびに密かに溜飲がさがる思い。

今回のプレゼントがブックオフで上下合わせて200円とは口が裂けても言えないが…

さて、そんな事はどうでもよく、
丁度一年前のこの時期、僕のorcaはクラックが悪化し、乗る事が出来なくなってしまった。

一冬かけてカーボン積層と塗装。
一夏かけて部品を調達。

今日やっと、殆ど一年ぶりにorcaに跨がる事ができた。

以前はキシリウムを履かせていたorcaは
今度はzipp303を新たに身に纏っている。

{2E1C3B1F-CEAA-4E4A-8B4B-1A5037CCF48B:01}

{B6F1EB36-76E6-4507-8007-A134F1A5EEC3:01}

一年前では感じられなかった乗り味も、

色々なバイクを乗り継いできてやっとわかる部分もあった。

意外にも、剛性が高くガッチリしているのだ。BB周りはしっかり踏み応えがあり、
フロントセクションはバイクを振った時の反応が非常にいい。

全体的にピーキーで、パリパリしている。

しかし振動吸収は良好で、足に応えるということもない。結構不思議な乗り味。

キシリウムだと、僕の足には硬かった。

zipp303に変えてみて、乗り味がものすごく軽やかな物に変化した。

orcaとzipp303.この組み合わせは非常にいいかもしれない。

何より見た目がいい。これ以上リムが高いとorcaの流れるようなフォルムが野暮ったくなってしまう。

木島平にいられるのもいよいよあと二日。
明日は新たに入手したenveのホイールと
サーベロを試してみたい

{384B2271-DCF1-4B89-90A4-E29EBC065673:01}


長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん