カテゴリー別アーカイブ: インプレッション

久しぶりに595にのってやっぱり魅了された

{2E367ADF-EA9E-4E8F-91B8-C3B6EC623A84:01}

今年はからつゆだと。
確かにあまり雨が降らないのだけれど、ここ数日曇りと突発的に
軽い雨が降ったりとすっきりしない天気が通津言います。

木立を揺らす雨音を聞きながら、窓際で時間の流れを気にしないで
ゆっくり読書するのは嫌いではありません。

ふるならいっそ激しくふってくれという感じなのです。

今日は久しぶりに晴れ間が覗き、誘われるように自転車に乗り込むのですが・・・・

今日は久しぶりにLOOK595に乗り込みます。
ホイールを新調して、シマノRS80をゲットしました。
リムがデュラでハブがアルテグラ。シマノの上級ホイールはその加工の精密さが
本当に美しく、うっとりさせられます。

{77FAF44E-E7CA-4F42-8EAF-2462F2B9F1A7:01}

595。もうずいぶん昔のモデルになってしまいましたが、いつ乗っても
しみじみと、いいバイクだと感じさせられます。

最近、c60、アディクト、SLRと最新も最新のバイクに乗り続けていて
その洗練されたのり味はすばらしいのですが、だからこそこの595の
懐の深い人間味のあふれるのり味に魅了されるのです。

LOOKも重量をあまり気にするメーカーではないので、組み付けるときも
重量を気にせず、安定感のあるパーツを選べます。これがアディクトだとそうは行かない。

XSサイズのフレームに
スーパーレコードのレバー、
RD7800、
クランクもシマノのコンパクト
ブレーキはアテナのシルバーと
見事なまでのシマニョーロ ちゃんぽん。

何のことかわからない人はすみません(笑

裏技を使って本来適合しないパーツ同士を共生させています。
まあ、キメラのようなものだと思っていただけたら。

今回はタイヤを25cにしてみました。
しなやかなシマノホイールに25のタイヤ。
やたらしっかりしたつくりの595。

気持ちよさ優先で組んでいます。

ダウンヒルにおいて、595より586の方が評価されている感じがしますが、
595のこのフレームの強靭さ(剛性感とは違うのです)から
むしろ僕は595のほうが下りやすい感じがします。

さらに風の影響を受けにくいロープロのホイールと25cのタイヤ。

まさしくダウンヒルモンスターと化しました。アテナの制動力もすばらしい。

25のタイヤはやはり上りは少しもっさりします。
巡航性は少し上がったかな?

久しぶりに595に乗ったのですが、これはかなり特殊なペダリングを要することを
忘れていて、乗り始めはこんなに進まなかったのかなーと違和感を感じましたが、
後半、コツを思いだすにつれて、やたらと進むようになります。
この辺はまた時間のある時に。

{CA71F0C3-9E0F-498D-A1F3-C954C616CBB2:01}

戸狩野沢温泉にある 通称 紫陽花寺に行ってきました。
まだ半分も咲いてないところでしたが、小雨がぱらつき、けぶるような
天気の元、とても幽玄な雰囲気が楽しめました。

{9EE2D01A-E04E-47AB-B088-F128686420FC:01}

595より速いマシンはもう沢山あると思いますが、
595より乗り手を魅了し一体となるマシンはあまりないと思います

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2015/09/16 いつかはTIME、そのいつかがついにやってきたわけで

光陰矢のごとし。
年を重ねるごとにこの言葉の意味合いは重く重く
のしかかってきます。

およそ五年前に家を継ぐことを検討しているときに
父親に言われた言葉。「おおよそ五年以内に、今の営業形態では
飯が食えなくなるから、それまでに新社長として新しい営業の
方向性をみつけてこい」

その当時、五年先といえばはるか先の未来の事で、それ以上に
自分にとってきちんと甲斐を感じられる仕事にありつけそうな
予感に半ばうきうきしていて深く考えるような隙間は、人生に
あくせくしていた僕の脳みそにはなかったのですが。

ですが、なんやかんや人生に追われてるうちに、
強く思い描いたりイメージしたことが、人や物やチャンス
を通して目の前に転がり込んでくる。色々な流れが出来ていく。
そういう良い展開と、逆らえない時代の流れの中で仕事が思うように
回らない環境も出てくる、そういう悪い流れ。そうしてもう数えるまもなく
その五年、という歳月が経とうとしています。

宿泊業の一つの種として、趣味の自転車を使ってみる。
好事家たちの興味をひける様な何かを備えてみたい。
そう考えて、これは試乗してみたい、そう思えるような
フレームとバイクをちょっとづつ組み立てて、ストックしていく。
この企ても、いよいよある段階まで達しつつあるなあ、と最近
感じるようになりました。いよいよ動き出すときかもしれません。

昨年、コルナゴC60を手に入れて、これでコレクションにはくが
つく、と思いながら古い、細い、伝説的なカーボンフレームが
一つほしいなあと思っていたのです。そして手にした細身のTIME


LOOK595と並び称されるべき車体、と勝手に思い込んでいます。
これは自転車のりなら一度は乗るべきフレームではないでしょうか
と勝手に思い込んでい見る。

新型でなんか話題になりそうなフレームをそろえつつ、古くも、色あせない
ベンチマーク的な車体もいくつかそろえたいと考え、ぱっと思い浮かんだのが
このTIMEとLOOKの595 、それから個人的な趣味でマグネシウムドグマは
コレクションしたいと思っていたのです。595はかなり初期の段階で転がり込んで
来ました。そして、この夏、ついに憧れのタイムです。


猫も杓子も、ハイエンドから入門機までもカーボンフレームが
浸透しつつある昨今、いつかはTIMEという言葉もそう耳にすることは
なくなってきたのでは。それでも、この最後の細身ラグフレームといわれている
VXSRは、「いつかはTIME」といいたくなる風格があります。

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


AD

LOOK695エアロライト いつか来る、そのいつかは忘れた頃にやってくる 4

たとえば僕たちの首の上に偉そうに居座っている、
この脳みそ。

こいつを構成するシナプスのネットワークと、
宇宙を銀河系とかよりももっと大きな視点、

それこそ神の視点から見たときに
現れる構造体の姿カタチは、
驚くほど脳に相似している事実。

これを一体どう受け止めたらいいのだろう。

意識の出発点であり最小単位であるはずの
脳と、脳が知覚する最大単位のものが宇宙

世界を構築する要素の極大と極小がつながって
ウロボロスの様に終わることのない円環を成している

この矮小な脳は、実はもっと小さい世界の宇宙を
詰め込んだものであって、僕たちが存在する
この次元の宇宙も、もっと大きな存在の脳の一部
なんじゃないか、と。

そんな事考えている暇があったら、新しいメニューの
一つも考えたらどうなんだ、と呆れられるかもしれない

それでも知性はそういうものを求めてしまうのだ。

創世記の言質を借りるなら、人は神に似せて作れた。
それならば、神の次元にいたろうとする知性を求めて
しまうのもまた業じゃないか。

なんで高々自転車ブログのはずなのにこんな大層な
事を語っているのだろうか、僕は(笑

神秘は隠されているからこそ人を惹き付け魅了し
そのヴェールがはがされた瞬間、その威光を失う。

神性と、敬虔さと引き換えに我々は安心とリアルを
手に入れる。

安心を求めながら心のどこかでは神秘が放つ
甘美な謎の味にも陶酔していたいのだ。

LOOK695エアロライト、話を戻そう。

本来こいつは細かい調整はプロのメカニックに
任せて、乗り手は乗り手の責任を全うすべき
バイクなんだと思う。

F22というアメリカ空軍が誇る世界最強の戦闘機
が有る。

シミュレーションではF15 100機を
相手に単機で編隊を殲滅できるような
壊れ性能を持っているとか。

けれどそのチート性能を維持するために、
莫大な整備費用と頻繁なメンテナンス。そして
専従のスタッフを何人も抱えないといけない
という。

そういう振り切れた立ち位置は中々に中二心を
くすぐるものが有る。

この専用規格満載で恐ろしく手間のかかる
躯体も同じような印象を覚えるのだ。

間違っても、片田舎で誰と競うわけでもなく
趣味に箔をつける為に乗るような物ではない、
と思う。

しかし、当然専属のメカニックなんてものは
持ちようもなく、すべての調整を自分でしなくて
はならない。

いじりながら、乗りながら、本当にこれでいいのか
と何処か不安がぬぐえないのも事実なのだ。

これはもう乗りながら勘所と限界線を体に
しみこませていくしかない。

LOOKというブランド、結構極端なところがあって
第五世代では、カーボンラグフレームの特性を
生かしてとことん人に寄り添うフレームを作っていた
ような気がする。

最終形である586SLをもってその論法は完成したのか
586は自転車に乗っていることを忘れてしまうような
程に体との一体感がすごい。若干やりすぎな気がしない
でもないが。

その点、595は奇跡的なバランスで荒さを残している。

その論法の山は極めてしまったから、続く第六世代、
そして第七世代に、まったく違う方向へと舵を振ってきた
のだろうか。

695エアロライト。だからまだ僕の中では
ある種の神秘のヴェールに包まれている部分があって
そのヴェールを取り去って、安心を手にしたい部分と

謎は謎のまま受け取って、その甘美な香りjに
陶酔していたい気分もある。

乗るときはどうしても緊張してしまう。
だけどその性能と底を見せない神秘的な
佇まいには、どうしても吸い寄せられてしまうのだ。

LOOKはこの世代で何を表現しようとしてるんだろうか

VOL5に続く

ダンスの宿

ちきちきばんばん

 

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

 

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ