カテゴリー別アーカイブ: インプレッション

LOOK595に自転車の美しさを見た

{F9791503-6136-43D1-ADE6-6571077D597E:01}

先日、とある知り合いとのSNS上でのやり取りを通して、日進月歩のロードバイク
シーンに置いて今後も記憶に残り続けるフレームはどんなものなんだろう、という
ことを考える機会がありました。

その時にパッと頭に浮かんだのが、細身ラグ時代のTIME最後のVXSR系、ピナレロ
金属ドグマ、そしてこのLOOK595でした。もちろん、自転車世界にのめり込んでまだ
数年の貧脚人間の主観です。異論は様々認めます。

{9CF25EF5-2A35-4236-86D5-B30EBF984E8A:01}

その三台のうちの一台を幸運にも所有する事が出来ています。しかもほとんど
ただのような価格にて僕の元にやってきてくれた595

僕が自転車に美を感じ始めた当初、ローディーたちの憧れの的の一つがこの
LOOk595。今ではもうアンティークの括りに入ってしまうかもしれません。
しかし、オークションでも数年前とほとんど価格相場が変わらないあたり、この
躯体の持つ魅力を表しているんでしょう。

カーボン技術が進歩して、もはや自転車炭素繊維の技術レベルがF1や軍事、宇宙
開発に使われるような物まで駆り出されています。
異形でいかついフレームたちがちまたに溢れかえるほどに(それはそれでとてもかっこいいと思っています。あしからず)595のシンプルな
佇まいは際立って自転車の美を表しているような気がします。

{8946766E-E295-4FAC-96E0-EABB2A7A7A39:01}

この冬、走れない期間を通してパーツアッセンブルを少し見直してみました。

ホイールを キシリウムSL ⇒ シマノ7850 corbon1380
シフターを st6600⇒     スーパーレコード 
ブレーキ  BR6600 ⇒   カンパアテナ (シルバー)
RD     RD6600 ⇒    R7800

そう、シマニョーロ仕様です。これには深い意味があるわけではありません。
手元の感触を重視したかったのです。5800系も考えましたが、なんとなく
595に新しいコンポは似合わない気がします。
スラムもなんか違う。そんなこんなで考えていくと、結局、手元にあったスーレコ
をニマショ化、その他のパーツもなんとなく感触重視のものを選んだ形になりました。

アテナ、RD7800、シマノのクランクはなんとなく金属パーツでクラシカルな雰囲気を
醸し出してみたかった。

{A3BED492-5039-4D65-BC23-64B17AFDB2D0:01}

このパーツ変更は、はっきり言ってしまうと素晴らしい走行フィーリングを
595にもたらしてくれました。
詳しくはまた後ほど

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

bianchi オルトレ xr2 25cのタイヤは機材よりはメンタルへのドーピングかもしれない

人間の感覚というものは以外に馬鹿にならないもので、
技術系出身の父親の話によると、修練次第で100分の1mmレベルの違いを目視で認識できるようになるそうな。

以前何かのテレビでも、金属の表面を磨く作業の熟練職人が
レーザー測量の精度を越える数値で金属表面を研磨している
ところを見たことがある。

自転車というのもわずかな部品の交換が、乗り手の感覚に
大きく左右するところがあるのだ。

重量、剛性が数値的にほとんど変わらないとしても乗り手の
感覚に訴えかける何かの手触りがある。

それが良い方に働きかければ車体との一体感をより高め、
乗り手のポテンシャルをもっと引き出す働きがある様なきがする

当然逆もまた起こりうる。

よく、テニスなんかはメンタルのスポーツだ、と耳にするけれど
素人からするとなんのこっちゃかよくわからない。

自転車も、非常にメンタルが左右するスポーツなのだ。でも
わからない人にはなんのことだかわからないと思う。

前置きが長くなってしまったのだけれど、要するに
タイヤを太くしたのは大正解だったということ。ロードバイクのタイヤの定番が、以前は21-23mmだったのが
ここ数年で24-25mmに変わりつつある。走行安定性だけではなく
意外にも21mmより25mmのほうが転がり抵抗が低く、進み
易い、というのが最近の研究結果らしいです。

転がり抵抗というのがよくわからないんだけれど(笑

でも確かに、なんだかよく進むような気がする。でもこれは
どちらかというとタイヤの性能が上がったからだと思う。

如実に感じたのは、安定性とタイヤの接地性が体感レベルで
上昇した事。

自慢じゃないけれど、僕の感触はかなり鈍いと自認しています。

どのくらい鈍いか

アイアンマンを借りてきたつもりが
アーンいやーんマンを借りてきてしまって、最後まで
気づかずに見続けるレベル、もしくは
サラリーマン金太郎を借りてきたつもりが
触りーマン金太郎を借りてきてしまったレベル。

ペヤングを食べようとしてペヤソグだったことに気がつかいないレベル
と言ったらわかってもらえるでしょうか?

そんな鈍い僕でも、はっきりと変化を感じることができた。

車体の安定感がましたことにより、何より精神的に
スピードに対するリミットが少し解放された感覚がありました。
いつもよりもスムーズに足が回る気がする。

やはり人間、気の持ちようなのだなあ。
機材インプレというよりはよくわからない精神論になってしまい
ましたが、太いタイヤからくる安定感は、機材の性能以上に
人間の方に加味する影響が大きいかもしれません

長野県木島平にて
 
ダンスの宿
ちきちきばんばん
 
営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。
 
そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

 

 

LOOK695 いつか来るだろう、そのいつかは忘れた頃にやってくる 3

日曜日、すこし肌寒さを感じるようになってきた時節には
どうも頭の働きが鈍くなり、あくびが出てきてしまう。

ところで、なぜ人間があくびをするのか、その科学的な理由は
いまだに解明されていないと聞いた。

そういえば、手術の時、全身麻酔をかけられるわけだけれど
その実、全身麻酔のメカニズムははっきりとは解明されていないそうな。

それでも、効いてしまうのだから仕方ない。
外科医の手によって体が切り刻まれるその激痛を、僕たちは麻酔医が
遮断してくれる事を当たり前のように思い、安心して
その身を委ねているわけで。

その実、理屈が処方している当人たちも良くわかっていないとしたら、
実はこれほど怖いことはないのかもしれない。

他にも首や関節がぽきぽきなる理由も、人の染色体が
猿より一対少ない23対である理由も、水よりお湯のほうが
早く凍りつく理由も実は良く分かっていなかったり。

よくよ身の回りを見渡してみると、そんな事が多すぎる。

当たり前に続くこの日常の正体が、実は僕たちの理解する理(ことわり)
とはかけ離れたものであって、ブラジルと日本から針を飛ばして、
海の上で針と針が衝突するような奇跡が積み重なっているのだとしたら。

ついついそんなことを考えてしまう。

ボクサーが、経験則から飛んでくるパンチに対しては、
ある程度耐えることが出来たとしても、

学習したことのない角度、種類のパンチを不意に
打ち込まれた時にはいとも簡単に意識の糸を断たれて
しまうこともあるという。

最近読んだはじめの一歩にそんな説があった。

やたら調整に手間のかかる。だけれど馬鹿みたいによく
走るLOOK695エアロライト、何とか調整を覚え始めて
走りだした頃にはパンクのリスクは完全に意識の外にあったものだから。

だからこんなややこしいことを考えてしまったのだろうか。

専用ステム、専用クランク、専用シートポスト、さらには専用の
ブレーキ、と独自規格てんこ盛りのLOOK695エアロライト。

LOOKが提唱するその時点での走りの世界観を完璧に
表現するために、汎用性、メンテナンス性、そう言った物を
容赦なく切り捨ててきたその姿勢はむしろ潔く感じる。

洗練されたルックスとあいまって、これもまた非常に美しくて
魂に訴えかけてくる、霊的なエッセンスも詰まったような
フレームだ。

元来、LOOKというブランドは人と寄り添うような、親和性の
高いフレームを作り出してきたようなイメージを感じていた。

確かに値段はそれなりにするのだけれど、どこかまたがる事に
あまり気を使わずに毎日でも連れ出したくなるような、そういう
気の置けないフレーム。

カンパの美しい曲線を描く、美術品のようなカーボンパーツで
飾りたてるのもいいけれど、シマノ7800世代の質実剛健な
パーツでタフに乗りつぶすようなバイクの方が良く似合う
感じもする。

けれど、695、そして795シリーズに至っては、どこか
乗り手を突き放してきたような感覚を覚えてしまった。

奇跡のように気持ちの良い走りっぷり、だけれど
いったんフレームを支配している力学を想像してみると、
なぜ走っているのか分からない。

そんなものに身を委ねて
猛スピードで硬いアスファルトの上を転がっている。
そう思うと、少し695に乗るときに身構えてしまうようになる。

いったいこいつは何者なのだ。

VOL4に続く

ダンスの宿

ちきちきばんばん

 

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

 

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ