カテゴリー別アーカイブ: インプレッション

コルナゴC60と まる一日付き合ってみた。

今日はコルナゴC60にてお出かけです。

ちなみにバックは元長野電鉄木島駅舎。

日本一料金の高い区間と噂されて一部のマニアの間では
有名だった駅でもあります。もうすっかりひなびていますが
なんだか味があります。

高い空と汗で張り付くワイシャツ、バスが来るまで、クラスの
少しだけ気になっている女子と二人で無言の時間を過ごす。

田舎の学生の感覚は都会のそれほど進んではいない。
誰と誰が付き合っただの、そういう類のことに本能的な
罪悪感を感じてしまう子も少なくない。

うすら暗い待合所と目の眩むような陽光のコントラストに
少しだけ非現実感を感じながら、ただの暑さ故に流すのとは
ちょっと違う汗がにじみ出てくる。

ふとそんな高校時代の夏の記憶の欠片が思い出されます。

実際はそんなシチュエーションも感覚も味わったことのない
枯れた高校生活だったので、完全な妄想ですが。

其れでも夏になると何か甘酸っぱい感情が未だに胸の奥に
残っているものです。

さて、ウチで所有してるバイクの中では
最も高価
最新、
高性能、
とんでもなく手の込んだペイント。
そしてなんだか敷居の高い感じがする。
正直車体があまりに美し過ぎて乗る機会を逃してきました。
緊張しちゃうんですよね。ボーナスはたいて買ったコートが勿体無くて着る機会を失ったまま次の季節になってしまうOLさんのようです。

 

 

意を決して、乗り込んでみる。
やっぱり自転車はある程度乗り込んでみないとそのフレームの真価はわかりません。
始めて軽く乗ってみた時は、やたらまっすぐ進んで安定性が高く、何だか凄い物に乗ってる、くらいの認識しか持てませんでした。

丸一日こいつと付き合ってみて、やっと少しだけ見えてきた物があります。

先日のアディクトとの対比になりますが、まず感じたのがダウンヒルの安定性、抜群の振動吸収性。

エアロ効果なんぞ完全に切り捨てた野太い角材のような角パイプから、この振動吸収性は
想像できません。高級なクルーザーに乗っているような感覚を覚えます。
もちろんそんな物は乗ったことがありませんが。

そして、疲れて足が回らなくなってからのことですが、
普通の高剛性バイクなら乱れたペダリングを弾き返し、
進まなず苦しくなるような状況下。

其れでもスピードがどんどん乗っていく。足の回転が落ちてきて
惰性で重いギアを踏んでしまっても、フレームがしっかりと
大地を蹴ってくれる感触があるのに驚かされました。

乗り手を懐深く受け入れながら、その性能の限界はまだまだ
垣間見ることもできない、そんな奥深さを感じさせられます。

業界のトレンド無視、マーケティングなんぞ糞くらえといった風情の
コルナゴのトップエンドです。

ちゃんとしたものを作れば、わかる奴は
ほっといても買っていくだろう。
そんな強気とブランドのプライドを感じさせる一台です。

ああ、こりゃやばいなあ

長野県木島平にて
 
ダンスの宿
ちきちきばんばん
 
営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。
 
そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

 

cento1 天気がよ過ぎてセロトニンが出まくる。

三連休の中日。
初夏と夏の盛りの境い目、日差し目が眩む程眩しいが、頬を撫でる風はまた涼しく、
北信州のこの時期はどうしようもなく心が
騒ぎます。
先日までの鬱々とした天候は何処にいったのか。
抜けるような青空。
山の向こうにうず高く積み重なる積乱雲。
そして脳内のビキニギャル達。
流石、甲信越のハワイとまで言われた木島平(嘘)
夏ですね。TUBEの季節ですね。
脳内にドーパミンとセロトニンがドバドバと噴出してくる。
合宿準備の仕事をほっぽりだして、ちよっと遠乗りに出かけてきました。
服なんか着てる場合じゃねえ、と裸で飛び出したいか、流石にそれは捕まります。
{A8112EF3-493F-4593-831D-161320491F4D:01}

先日無事に改修工事も終えた

ウィリエールかつてのフラッグシップ
cento1
このカラーはかなり希少な物だと思います。
最近のウィリエールはちょっとレーシーなデザインが過ぎて、この頃の優雅さが好きです。
{0BA532C6-9A48-4276-A418-9AD6CA0E9D94:01}

写真が少ししらっちゃけてしまいましたが、延々と続く農道をのんびりと駆けてゆく。両手には一面青々とした田圃が広がります。

cento1の乗り心地は本当に素晴らしい。
{3052DD2E-4275-4098-9A3C-B4B9F2777E21:01}

シートステーとチェーンステーが一体になって弧を描く特徴的なリヤエンド。

これが効いているのか、リヤのトラクションの掛かりが凄まじい。
ラフにペダルを踏み込んでも全ての力を
動力に変換して、力強くぐんぐんと進んでいきます。
先日のったADDICT何かは適当に踏んでも
全然走ってくれない感じ。
フロントセクションもしっかり硬く抜群の安定性。重心がかなり低いような気もします。
20km程いって隣町の中野市に差し掛かる頃に、そろそろ昼時、戻らないと母親が心配しだすので(笑)引き返すことに。
{0AB4089D-56FA-496A-9106-7E738C9F2D87:01}

最後はいつも奥に見える山の中腹まで登らないといけません。

centoのトラクションは登りでも力強く、いつもより楽だった気がします。
家に戻ると父親が朝風呂浴びてたらしく、残り湯がまだ温かい。しっかりと汗を流す事ができました。

LOOK695エアロライト 落車とくだりの恐怖といかに向き合うのか。その2

前回の続き。

一人の人間が道路にはいつくばって自転車の
下敷きになっても誰一人手を差し伸べようとしない街。
東京。

道を揺らす車の振動とともに頬に感じるのは
アスファルトの冷たさなのか、人の世の冷たさなのか

前輪に鉄パイプを挟み込み、派手にジャックナイフ
地面にたたきつけられた僕は右肩の骨と、友人たち
から痛みに弱いという非常に失礼なレッテルを貼られてしまうのです。

余談ですが、安物のクロスバイクは皮肉にも、傷一つつかず、鉄パイプを
挟み込んだ前輪は触れ一つつかないのでした。

昔から臆病なたちの僕は、自転車をはじめてもどうにも
くだりが苦手で仕方ないのです。

まあ別に人と競うために
自転車に乗り始めたのではないので、たいした問題ではない

がしかし、命知らずなダウンヒルをかましてくる連中をみると
うらやましくないといえばうそになる。

LOOK595、586は非常に下りにおいて安定している
自転車でした。くだりが速い自転車はいい自転車だ、という
のがなんとなく僕の中で定説化しつつあります。

では最近手に入れた695はどうか?現状のカーボンホイールと
25cのタイヤを装着した状態では、非常に特殊な挙動を示す
自転車である、と感じています。

エアロブレーキだとか、専用の角度調整が可能なステムだとか
シャフト、ベアリング一体型のクランクだとか、ややこしい
専用規格を盛り込んだこの躯体を三日くらいかけて苦労して
くみ上げる。

まったく今までの経験が通用しないフレームだったので
とにかく手探りの作業が続きました。楽しみにしていた
金曜ロードショーの平成狸合戦ぽんぽこもろくに
見れない始末。

そんなんでくみ上げて公道に乗り出すときは、内心
「本当にこれ走るのか?」とひやひや物でした。
もちろん、補修フレームとはいえ、決して安くはない
金額を投資しているので意地でも走ってもらいますが。

暫定的にポジションを出して、はやる気持ちと不安な
気持ちを抱えながらペダルと靴を固定する。そして
漕ぎ出す。

指先に今までに感じたことのない不思議な感触が
伝わってきます。

特殊なブレーキ機構の調整に失敗して、タイヤがブレーキに
こすっているのか?

もしくは路面が速度制限のために微細な凹凸を刻んでいるの
か?

チェーンがディレイラーと抵触しているのか?

色々考え付く理由を思い返しては車体を観察してみますが
以上はありません。とりあえず調整は万全。何だこれは?

違和感を感じつつも、転がりに異常がないことを確認して
走り出してみます。ちなみに今のホイールは3tメルキュリオ
これもまた特殊なホイールです。さあ、どうなるのでしょう
続く。

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ