カテゴリー別アーカイブ: インプレッション

LOOK595 ただクランクの回るままに

{67F0D111-008E-43D3-85E8-A7F87A0CDB95:01}

ここしばらくはっきりしない曇天が続いています。
夏の営業シーズンに入ってしまうとろくに自転車に乗って
出かけることができなくなるので、この時期は時を惜しんで
外に行きたいところなのに、天気が崩れていらいらします。

木島平は比較的天気が安定していて、晴れの日が多いのですが
この梅雨の時期はやはり仕方ないですね・・

今日、東京から今年の夏、子供たちの自然体験合宿の下見の
お客さんが来ていました。

天気予報では一日雨もしくは曇り。天気一つで木島の印象がガラリと
変わってしまいます。この地域の美しさを少しでも感じてほしいと
思っていた僕としてはちょっと残念な気持ちで朝を迎えたのですが

ふたを開けてみれば、この数日間の曇天がうそのような綺麗な
初夏の空が広がっていました。

先日、早稲田の学生たちが菜の花サイクリングに来たときも
9割雨の天気予報が完全に外れたこともありました。
なんだか最近はそんなことが本当に多いのです。やはりこれは
僕の日ごろの行いがいいからでしょうか(笑

東京からやってきた人たちが、この木島の自然を見たら
どんな風に感じるんだろう?

そんな意識で車を飛ばしながらいつもの見慣れた光景を
ちょっと違った意識で見ようと勤めてみます。

ここしばらくは鈍い色の空ばかり、少しくすんだ感じの風景
に慣れてしまっていた目に、抜けるような空とビビッドな色彩
が飛び込んでくると、鼻の奥がツーんするような感じがしました。

夏の高すぎる青い空は、どうしてこんなにも美しく、ちょっとだけ
切ない感じを心に浮かばせるのでしょう。

今日来てくれた客人たちも、こんな感覚を少しでも感じてくれたら
うれしいなあと思っています。

{1CB3AACB-C17F-492B-81E2-C1BCA4CFE16D:01}

さて、ぜんぜん話が変わってLOOK595です。
どんなに最新鋭のフレームに乗っても、595にまたがるたびに
「やっぱりいいなあ」と思ってしまいます。

LOOKを評するによく魔法の絨毯という表現を耳にします。

あえて言ってしまうと、595、別に振動吸収に優れたラグジュアリーな
感じはありません。

強靭で、バネ感の強いのり味と、吸い込まれるようなペダリング感覚。
この二つとリズムが重なるとき、どこまでも走り続けたくなるような
絶妙な自転車との一体感が生まれるのです。

いたずらにケイデンスをあるのでもなく、トルクをかけるのでもなく、
フレームに神経をいきわたらせると、その速度域において必要な
入力が伝わってきます。

フレームが欲するトルクに従って、ただ足を踏みおろしていくと、
ほとんど力も使わずにクランクが降りていく。そしてスピードが
伸びていく。

BB周りの剛性が絶妙なんでしょうか

{89952AE8-2A59-45B3-AC7B-64309326E31C:01}

このフレームと対話する感覚、足がクランクと一体化して、
自分も自転車の一部になったようにどこまでも続く舗装路を
走り抜けていく。

これが狙った性能なのか、たまたま出来てしまった
偶発的な性能なのかわかりませんが、とにかく、
名車なのです。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いつかはTIMEのVXSR 細身フレームをなぜに美しいと感じるのか。

なぜ混血の人間に美男美女が多いのか。
ハーフの友人を見ていると、同じ生物なのに、努力して外見を磨いても
決して超えられない壁がある事を感じざるを得ない。

決して人前ではそんなそぶりはみせない。
だけれど、彼らを見ていると、臓腑の奥から薄苦い汁が
胸の辺りに染みだし、舌の付け根は苦くなり、眼球が乾いてくるのを感じる。
これが嫉妬というものでしょうか。

そもそも美、という観点からして、その実はとても胡散臭いのだ。
以前、CMで「美しいお姉さんは好きですか?」という
キャッチコピーを耳にしたときにふとした違和感を感じたことがある。

美しいお姉さんが好きなのではなく、そのお姉さんを美しいと感じるから
こそ興味をひかれ、好感を抱く。

本人がその対象に必要性を抱くとき、美しさとして脳が認識して
脳内麻薬を分泌がほとばしる。

刺激、興奮、心地よいスゥイング

結局、遺伝子が「それ」を自分の制空圏に取り込もうとする動機を
美しさとして脳に刷り込み、「それ」に手を伸ばさせる原動力として
理由付けをしてくるのだ、と

美しさについて解釈している。

ハーフの美男美女に関しても彼らが美しいのではなく、
自分とはまったく異なる珍しい染色体を数多くその
身に刻み込んだ遺伝子を欲する生物としての本能が
それに手を伸ばさせるために、美しさ、という概念をもって
突き動かしてくるのではないでしょうか?

という前置きのもと、TIME VXSRです(笑

いつかはTIME、という言葉を正統に身に負う最後の
TIMEのフレーム。もちろん、現行のフレームも
TIMEなんですが、やはり細身ラグのTIMEが
やっぱりTIMEであってほしいのです。TIME

細く、シンプルな構造体。

あれこれ手の込んだ、エアロ形状だったりなんだりの
最近のモノコックフレームがあふれかえるほどに、このVXSRと
595の自転車としての美しさが自分の中で際立ってくるのです。

といいつつ、手の込んだモノコックフレームも大好きなんですが。

ともかく、こういうフレームにひきつけられて、美しさを
感じてやまないのは、人としての本能的な何かが
アナログくさい、親和性の高いこういうフレームと一体に
なりたがってるからなのかもしれない。

散々VXSRについて語っていますが、実はまだ乗っていません。
早くまたがってみたい(笑

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


AD

LOOK695エアロライト いつか来る、そのいつかは忘れた頃にやってくる 5

この季節になると山の気温はいよいよ
冷え込んでくる。

深夜に一人仕事机に向かいながら、コーヒーを口に含む。じんわりと熱い液体が体を暖めてくれる時に、自分がずいぶんと冷えている事に気づかされる。

秋も深まり、夜空は澄み、月が煌々と
辺りを照らす。

人狼は月に狂気を解き放ち
月読は生者と死者の中だちとなる。
元は月黄泉(つくよみ)が語源だという説もある。

たそ、かれ、の時を越えて死者の時間を支配する月

古来から月に人は死と、女性と、神秘の象徴を見出してきたのは何故なのか。

実は月にまつわるさまざまな事が化学的にまったく説明できないでいるのだ。

それについて語りだすと、いくら紙面を割いても霧がなくなってしまうので割愛させてもらうのだけれど、

科学的見解を持たない古の人々の目からしても本能的に月の存在がはらむ異常と矛盾と狂気を感じ取っていたのじゃないか。

科学的な「説明」をある程度受けた僕たちでも何処かでその(説明」では月の矛盾と異常を超えられなくて、

そして神秘のイメージを払拭できないのではないか。

月のすべての謎が解明されることがあったなら誰も有難がって秋の寒空の下で酔狂にも団子なんて食べなくなる。

月の神秘性は剥奪されるのだ。

CIMG1164

今日も少し身構えながら愛車
695エアロライトに跨る。

それなりに体になじんできて、下りでも
身を任せられるようになってなお、どこか
得体の知れない所がある様な気がしてならない。

汎用性を拒む、専用規格の数々がそれをなしているのだろうか、何処か月のような神秘性が付きまとっているのだ。

ならば、可変式のCステム、
もしくはエアロステム

それからこのフレームにしか使うことができない大口径、クランク、シャフト一体型のZED2クランク

この二つを汎用品に付け替えてみたらどうなるのだろう。もちろん実際にやってみたわけじゃない

でもイメージする。とってもまっとうで、なじみやすく明るく正しい最新式のロードバイクがそこにいる。

得体の知れない物に身を預ける緊張感はどこ吹く風。

だけれど、なんだか面白くない。

月の真実が岩石の塊であれ、
宇宙人の作った被造物であれ、
答えが分かってしまった瞬間神聖が失われる

695エアロライトも、汎用性と引き換えに僕たちの認識の範疇に引きずり降ろされてこのフレームが放つオーラと神聖は失われてしまうのだ。

身が引き締まるような感じを受けながら
どうしてもまた乗りたくなってしまうその
感覚が消えうせてしまう。

Cステムは実際重く調整が面倒くさい。
クランクは、Qファクターが気になる人に
とっては、やはり見過ごすことが出来ない
要因になってしまう。それでも

LOOKの提唱するトータルインテグレーションのすべてを身にまといライダーが触れる事を拒む領域を残して、

超然と佇むのが695であって
後続の795なんじゃかろうか。

といいつつ、ノーマルクランク搭載の
695が市販されているという突っ込みをするのは野暮な話でしょう。

そろそろ、次回辺りでこの辺の話も終わりにしたいです

つづく

ダンスの宿

ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

 

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ