カテゴリー別アーカイブ: roadbike

構想三年、 北信濃ハイエンドバイクツアー ついに決行!

先日、長野から新宿に至るバスの社内にスマホを忘れてきてしまった。

僕としてはスマホを紛失するのは初めての体験なのにも関わらず
知人からは
「またかよ」
「いい加減にしろよ」
「この根性無しの豚野郎」
「お前のせいで箱根の火山活動があやしくなるんだ」
「地球温暖化したらどうするんだよ」

等々人格否定と罵詈雑言。
重ねていうがスマホを紛失したのは初めてなのにも関わらず、
鬼の首をとったかのように僕を言葉責めにしてくる。

別に口汚く罵られて表面的には「ひいぃいぃぃ」と言いながら
心の中ではヨダレを垂らして喜んでいるような趣味はない。

普段からあちらこちらにメガネの置き場所を忘れてしまったり、出かける
前段になって財布が見つからなかったりを繰り返しているその印象から
スマホをなくしたのもこれで幾回目か、と勝手に印象づけられてしまったの
でしょう。全く持って失礼な話であります。

はて、スマホがなくなってみると、改めて不便さに気づきます。
友人たちのとの連絡が取りにくく、僕の知らないところでどんな
楽しいイベントが行われているかと思うとちょっと精神衛生上
よろしくない。

先日のGWに、この三年くらいずっと準備してきた木島平ハイエンド
バイクで巡る菜の花ツアーを早稲田の懇意にしている友人達と
敢行できたのですが、その感想なんかも
友人たちから聞くことができないのであります。

うちからロードバイク9台 飯山駅にてクロスバイクを9台レンタルして
並走する車二台、20名の大所帯で飯山~木島を巡ってきました。

彼らはほぼ自転車に関しては素人(一名ガチ勢がいましたが)
コルナゴC60やらプリンスやら595がどんなすごいマシンか
到底知りうる術もありません。

人間無知とは恐ろしいもので、彼らの生涯賃金並みの価値を持つ
自転車に平気でまたがったりするのであります(笑)

7.8日は天気予報では雨が70%でしたが、蓋を開けてみると
ありえないくらいの晴天、新緑に芽吹く北信濃を自転車で満喫することが
できました。毎年思うのですが、飯山、木嶋平の自然は本当に美しく
普段東京で生活している彼らにとってはまさしく桃源郷だったようです。

その後野沢温泉まで軽くヒルクライムして温泉に浸かります。
ここまでは、非常に楽しい企画でしたが・・

帰り、地獄の登りがまっています

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ぶらりサーベロと行く蓮根寺

実家に戻ると決まって母親が何食べたい?
と聴いて来てくれる。
帰って2日位はそれはもう大層な歓迎ぶり
なのだ。
昔はやれ鰻が食べたいカツオが食べたいハーゲンダッツが食べたいと言いたい放題だったのだが、やはり歳を重ねて行くと嗜好も変化する物で
今真っ先に何を食べたいと聞かれて思い浮かぶのが蓮根の天麩羅なのだ。
何故蓮根?と聞かれても自分でもよくわからない。別に真夜中の路地裏で暴漢に襲われた所を蓮根片手にもったロシア人男性に
助けられたわけでもない。
ただ、ただ、時に無性に蓮根の天麩羅が食べたくなるのだ。
そんなわけでここ数日、木島平にある通称「蓮根寺」
じゃなかった「蓮寺」こと稲泉寺にある
蓮園にかよっている。
{778B0806-8C55-4ABA-A7FA-33C3F377E033:01}
{B0233503-0DC0-4C97-9561-67B44C91D7D0:01}
{0C1A4152-D8CB-475F-8C96-37DF569B32EB:01}

薄いピンク色の花が一輪づつ立ち上り

大きい葉の上に浮かんでいるのは、中々幽玄な趣きがある。夏空の下で見るのもいいけれど、夕暮れ時なんかもきっと素敵な光景なんじゃないだろうか。
地元でも、結構有名なスポットらしく
ウチの両親のデートスポットでもあるのだが、高校までの18年間では一回も聞いた事がなかった。まだまだ地元にも見るべき所が転がっている。
昨日今日はサーベロR3SLにてお出かけでした。
{2D98EC83-08E3-4BB2-AD9A-80994E6BE8B5:01}
{57489E14-61F9-4831-B75E-13D7CEDCC513:01}

すごい浮遊感。シルキーさ。

絹一枚路面に敷いてあるような。

明日はlook595に乗ると思われる。


2015/09/15 ブログ再開 対照的な二つのフレームを手に入れる。

2016年の夏、合宿シーズンも終わりを迎えています。
こうして木島平に戻り、両親の遺産をひきついで四度目の夏は
どういう変化を僕自身に、そして当ペンションちきちきばんばんと
それを取り巻く環境に変化をあたえたのかな、なんてことを
ぼんやりと考えながらモニタに向き合っています。

よく親に言われていたのが、三年はこの仕事もやってみて
一区切り、といわれていました。気がつくとその三年が過ぎて
確かに仕事のうちの多くの部分を自分が取り仕切るようになっています。

自分としてはごく当たり前のように出来る仕事の範囲が広がっている
様でありながら、その実は両親が少しづつ体験的に仕事をおしえてくれて
いたのかもしれないな、と思い返すこともある。

だいぶ一人前になってきたな、と実感する所とまだまだ両親の
手のひらの上でじたばたしてるような気がしないでもない。

僕自身の多少なりとも変化してきた部分と、だけれど、それ以上に
うちを取り巻く環境の変化のスピードが速く、今までの営業形態では
そのうち間違いなくニッチも察知も行かなくなる日がくることは間違いない。

その変化を乗り切れるだけの実力を身につけるよりも早く時代の流れに
飲み込まれてしまうのではないか?そんな焦りを身に染みて感じて
きているこのごろでもあります。


そんなひと夏の中で、戦利品というか収穫というか、また新しいフレームを
手に入れることが出来ました。それも願いに願っていた二台。

最新の物と、もはやアンティークな代物になってしまったかもしれない
代物。

LOOK695 エアロライト

TIME VXSR

最新のトレンドスペックをこれでもかと詰め込んだ一台。
最後の細身ラグドカーボンフレーム、といわれる一台。

対照的でありながら、たぶん世代を超えて多くの人を惹きつける
特別なオーラを持った二台。

今年の秋はこの二台を乗り込んでみたいと思います。

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


AD