カテゴリー別アーカイブ: roadbike

サイクリストにとって、スネ毛とは何を意味するのか(前置き)

人生の中で神の存在を考えざるを得ない瞬間がある。

もう二十数年も前の話になるのだけれど、
NHKのドキュメント番組「驚異の小宇宙、人体」があった。

見た、というよりは父親に見せられたと言った方が正確かもしれない。

当時はまだ各家庭にテレビは一台。リビングのテレビを中心に
家の団欒が有り、そのチャンネル選択権は当然家長である
父親が握っている、そんな時代。

我が家はその当時から形骸化が始まってしまっていた家長制度が
色濃く残る、封建主義的な家庭だった。

その様な旧来的な「家」制度の中で、多感な時期を過ごすことが
出来たことは、僕の人生においてあまりにも有益なことだったと思う。

人体構造のあまりの精緻さ、もはやご都合主義としか思えないような
までに環境と適応しているその様は、何らかの創造の意図と方向性が
あるとしか思えない。

そう幼心に(当時はまだ小学生低学年だっただろうか)感じ、世界に秘められた
何らかの秘密の端緒を垣間見た気がした。

そのあまりに壮大さに畏れをなし、数日は夜寝られなくなってしまったものだ。

家に父親の趣味のUFO関連の書籍がたくさん転がっていた。
そして疑うことを知らない幼心には、
「私は宇宙人につれさられた」
「月はエイリアンの前線基地だった」
そんなおどろおどろしい見出しを見ては恐怖を抱く。そうして
夜眠れなくなることは何度かあった。これは恐れ。

しかし人体の驚異を通して神の存在に触れる時の感情は
畏れだったのだろう。

後に聖書の中にこの様な聖句の存在を知る。
「神は己にかたどって 人間をつくる。」
「それを見て、はなはだよいとおっしゃった」

そう、全能なる神は人間を己に似せて作られ、
それを見て大変満足なさったのだ。天地を創造した神が、である。

さて、そんな風にして神に作られた驚異の人体、ならば
それらにはすべて存在の意義が有り、矛盾など本来ならば
ありえないはず。

しかし僕の中には一抹の疑念が拭えなかった。

・・・スネ毛・・・・

スネ毛を中心にして主に下半身に群生する体毛である。

僕の友人などは相当に毛深く、

「腰からは下は熱帯雨林」
という忌名を与えられた者もいる。

そしてサイクリストたちはこの男性、アダムの末裔として
生まれた存在の宿痾であるこの対象に永劫に続く
戦いを挑んでいくのである。

これから数回、気の向いた時に、またネタのなくなった時に
このスネ毛処理とサイクリストの関係についての考察を
進めていきたいと思う。

不定期連載。次はいつになるだろうか。

最後に余談であるが、僕の東京の同居人、Y村君
はこのスネ毛を中心として体毛が非常に薄い。
(頭髪はコイルのように渦巻いている。メイルシュトローム全開である)

あまり気分のよい話ではないので、口直しに
美しいロードバイクの写真で今回は締めくくる。
ピナレロ;プリンス。

{2EF849CA-590E-4A53-AF4A-35BF78FFB7AC:01}

{F9E1A5A7-7898-4EE8-89C7-A60B738AA47F:01}

{A5D8DA2F-4F40-4A5E-8906-2A6A13E8B644:01}
長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

TNI超軽量スプロケット〜宇宙共通の言語〜

{6CF09E7D-829E-4E54-B972-FACD8A6C858C:01}

TNI超軽量スプロケット10s11-25で104g

以前にもブログで取り扱ったのだけれど
その時はその重量だけにフォーカスして
「変態スプロケット」
とだけ言い放ってしまった。
しかし、このスプロケットのを語るにはそれだけでは言葉不足だ。
もはや、この金属を削り出した構造体は工芸品の域は達している。
NASAが地球外知的生命体を探索するために行っているプロジェクトがある。
金属製のカプセルに、
地球の位置、
人間の構造
数学と幾何学の概念
この三つをプレートに納めて宇宙空間に解き放つ。
もし、知性生命体がこの物体を発見するならその惑星の位置と、そこに住む生物、そして数学に対する理解度を通して文明のレベルを推し量る事ができる、という寸法だ。
数学は、真理にして全ての共通の言語と言われている。
そのカプセルの中にこのスプロケットを入れておいたなら、歯車である事以上にこの構造体を作り出す事ができる文明に感嘆の意を示すのではないか、そう思わせる。
{36550C04-B22D-4510-9C8A-71048C867F97:01}

通常のスプロケットと違い一つの金属塊を削り出して構成されているのだが、その肉抜きの度合いと、精密感が半端ではない。

写真ではよく分からないが中央のリングは、5本のアームで外周と繋がっている。
問題はこのリング、アームの部分以外は全て削られ中空に浮いているのだ。
スラムREDのスプロケットも削り出しだが、この部分は確か円筒形の構造になっていたはず。
文章では伝えにくいのだけれど、本当にどうやってこの空間を削り出したのか不思議に思えてくるのだ。
その時代にはあり得ないレベルの技術で製造された出土品がオーパーツと呼ばれ学者たちの頭を悩ますのだが、
このスプロケットを見ているとそんな不思議な気持ちになってくる。
単純に、軽くて耐久性の低いヒルクライム用と割り切るなかれ、
こいつは手にとって愛でる価値がある。
もっとも、このスプロケットにウットリできるようならすでにヤバイ領域に自分が入りかけていることを認識しなくてはだ。
もちろん、僕は30分以上色んな角度から飽きる事なく眺めていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

サイクリストにとって、スネ毛とは何を意味するのか(胎動)

昨日、サイクリストとスネ毛についての永劫なる
戦いの輪舞(ロンド)について書き始めた。

不定期連載といい、次はいつになるか、と言いながら
翌日には次の記事が投下されてしまう。

アマゾンで買った商品が次の日の午前中には到着してしまう
時代だ。どうか、許して欲しい。

あれから僕の頭の中は常にスネ毛のことでいっぱいった。
寝ても覚めても、その事が頭から離れない。

初恋に身を焦がす少女のように
その感情を言語に変換し、自分を落ち着かせる術を見いだせないままだ

すね毛について語る前に一つの前置きを挟まなければならない。
それは僕の過去について。

小学生までの僕はとてつもない肥満体だった。
勿論アメリカレベルの
自力ではベットから立ち上がれないような物ではなかったが

中学校に入り、様々な要因によって痩せることに成功した。
しかし冷酷なる現実をその後に知るようになる。

「一度太った人間は必ずその痕跡を体に残すのだ」

それは例えば
セミが七日でその生を全うする
とか
バナナの皮を踏んだら滑る
とか
軒先で鮒寿司をつけていると熊が匂いにつられてくる

のように、当たり前の真理としてこの世に存在し
僕の体と心にも消えない呪縛を残す。

二の腕に、太ももに、消えない脂肪。

体全体のラインがどことなく丸みを帯びてしまう。
骨格や筋肉の問題ではない。

20代前後、僕の体型は同世代の男性よりは
比較したらスリムな法だったと思う。しかし前期の理由により
どことなく丸みがあるのだ。

もっとわかりやすく言ってしまうとどことなく中性的な雰囲気を
醸し出してしまう。

当時交友のあった友人、特に女友達から夏の時期に半ズボンを
履いていると「渡辺さんもスネ毛はえるんですね」と言われたことがある。
勿論僕の血中にも男性ホルモンは流れ、人並みにすね毛も生えていた。

そんなことを言われながら過ごすうちに僕の潜在意識下には、
すね毛に対する、体毛に対する違和感、もっと言うなら
憎悪のような物を醸造していく。

なぜ、完全であるべき人体に斯様な醜いものが群生しうるのか。
気が付くとその様な答え無き問を問いかけ続ける日々が続いてくので
あった・・・・

さて、ますます方向性がよくわからなくなってきたので、今日はこの辺にしておきます

口直しにオルカの写真でもどうぞ

{758ADF57-994B-4C65-AACB-FCF9CC7EEC87:01}

{8CFD59AD-B87B-481C-8922-FDEDC2084616:01}

{01FA9271-0138-47D1-AC0D-7CA691DA5A51:01}

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん