カテゴリー別アーカイブ: scott addict SL

インプレッション scott addictSL 神々住まうの頂に至るために 5

wpid-wp-1444797290885.jpeg

トップチューブを握ると感じるわずかに撓んだ感触。720gという実測重量を念頭に置くと普通になら頼りなく感じてしまうような要因も、ことaddictSLに関してはむしろ登り坂に挑むときに背中を押してくれる要因に変わる。

8000m級の神々の領域を攻める登山家が、命を顧みず極限まで荷を削るのは、実際に身を軽くするのと同時に生身のままでは、人のままではたどり着けない領域にいたるための禊のような物だ

と何かの本で読んだような気がする。

重荷を軽くする、という行為自体に意味があるのかもしれない。命を繋ぎとめるためのギアを一つ一つそぎ落としながら、逆に命を繋ぎとめる何かを一つ一つ内奥の火にくべていく。

弱くなることで強く
薄くなることで硬く

だから、addictSLの極限まで削り落とされた躯体から感じる危うさ、ある種の不健全なまでに研ぎ澄まされたかのような印象はむしろ、本気で走ろうとするほどに頼もしさに変わって行くのだ。

これはもう、単純に数値で何グラムとか比重剛性がどうとか、目に見える話ではない。もっと奥にある、いわば霊的な領域の話かもしれない。

人間のままでは踏み込めない領域に挑む機会なんて、おそらく人生の中で味わう事なんて無いと思う。

それでも、いつもロードバイクにまたがって坂道に相挑む時には、心の何処かが意固地になって自分の限界に牙を突き立てようとする。

そんな時は意図的に下界の事、
例えば家族だったり、
仕事だったり
学業だったり、

そういう、自分を構成する要因を強くく、ペダルを踏みしめる度に一枚一枚脱ぎ捨てて魂を軽くしながら登っていくのだ。

コーナーをぬけて、新しい視界が開ける度に湾曲する登り坂がいつ果てるともなく続いていく。

悲鳴をあげる心肺や意識とは裏腹に、魂は坂を昇る度にしがらみを脱ぎ捨て削り出しの無垢な塊に近づいてゆく。

ヒルクライムは何処か哲学的だったり宗教的だったり、神に挑もうとする人間の知性を感じてしまうのだ。

それは、神の領域に挑もうとする登山家にも少しにている。

 

wpid-wp-1444797259444.jpeg

addictslは、挑む峠は日常的な物だったとしてもその道を、神に挑む天空の回廊へと、削ぎ落とされた駆体と精神性を持って乗り手を誘ってくれるのだ。

もちろん平地でも刹那的なほどにスムースに走る。下りも、一時の扱いの軽さにさえ慣れてしまえば御しやすい。やわなバイクではない。耐久性だって問題ない。

だけど意図的に何かのヒリつくような感じを残している

cr1.先代addictと、常に軽量バイクのトップランナーだったscootは、ついには魂までも軽く飛翔させるためのバイクを作ろうとしたんじゃなかろうか、と妄想を逞しくしてみる。

まとめに入ろう

addictslは、軽量だけと危うく無い、というトレンドのバイクではない。

軽量化のもたらすリスクを内包させて、個性にまで昇華させてしまった存在。

生存帰還ギリギリのラインまで荷物を削ることで寧ろ強くなる登山家の魂と同質な物。

薄いから、硬い
危ういから、強い

薄いカーボンの外殻の中には、目に見えず質量を持たない何らかがびっしりと詰め込まれているようにも思えてくる。

もちろんこれら全ては僕の妄想にすぎないのだけれど。

もし何処かの峠で同じaddictslに跨がり、求道者のように坂を上がるライダーに遭遇したら。

きっと軽く視線を交わすだけで、またお互いに黙々と坂に、そして自分の内奥に向き合っていくのだ。

これは自分の中の神の領域に挑むためのバイクなのだから。

 

topにもどる

scott addict SL 神々の住まう頂に至るために 4

wpid-wp-1444578601772.jpeg

フレーム重量が700gを下回るモデルの登場によって第二次軽量化戦争の幕が切って落とされるその反面

そんなに軽くして意味があるのか?と言う疑いも当然のように沸いてくる。そもそも大きな大会ではロードバイクの重量は6.8kgを下回ってはいけないのだ。

細いパイプを組み合わせてフレームをつくり、ヘルメット一つ被った生身の人間が下手したら時速100kmを超えるスピードの中に命を投げ込むのだ。ある程度重量を規制する事で安全性を確保するのは当然の事だろう。

じゃあ軽いバイクは良く走るのか?

LOOK、COLNAGO、TIME、ピナレロetc….

およそ重量を気にしない(全く気にしないわけではないけれど、どちらかというとマーケティングイメージのためにブランド最軽量、なんて打ち出し方をしている位で)この辺のバイクはハイエンドでも結構重いのが実際の所。

一度鎮火したかのように見えた軽量化の熱に、再び風を送り火を起こしてしまったsuperSIX evo だけれど、こいつは軽さを念頭において設計された物じゃないのでは、とひそかに睨んでいる。

クリエイターが表現したい走りの世界があって、それを表現するためにはそれまでカーボン製法の中でどうしても発生してしまう余分な樹脂、繊維の皺や偏り、余分な積層や贅肉が邪魔になってくる。

それらを技術的な革新を持って解決し、理想の走行感に至ったときに結果として超軽量なフレームになってしまったのではないか、と。

別に僕は技術屋でもなんでもないので勝手な妄想なのだけれど、そういうフレームだったら嬉しいなあ、と考えているのだ。

もう一つ、フェザーのようなバイクの流れを勢いづけたのは日本の誇るスポーツギアメーカー、ヨネックスの作ったフレームなんだと思う。

こちらは技術力と蓄積と情熱は十分にあるが、ブランド力の足りないメーカーが業界に殴り込みをかけるためにアンダー700gの衝撃を利用したのじゃないか、と邪推してみる。

ヨネックスのカーボン技術を持ってすれば、この軽さでもここまで安定したフレームが作れますよ。と。いい意味でいかにも日本的なモデル。

じゃあ、addictはどうなんだ?これこそ、正しく軽くする事を至上として軽さの為に作られたフレームなのだ。とあえて言い切ってみる。

 

wpid-wp-1444797250069.jpeg

軽く、強い素材を使い、応力を計算して使用する素材の量を極限まで削っていく。軽くてもやわだったら走らない。軽くて走らないフレームほど罪深いフレームはない。プロの脚力を受け止める剛性を残しながら、極限までその躯体を削り込んでいく。

減量で肉体を精神を極限まで研ぎ澄まし、剃刀のように鋭利な存在へと己を昇華していくボクサーのような

防御をすて、旋回性と敏速性にすべてを掛けて大空の侍といわれたゼロ戦のような。

だからaddictにまたがり、平地を滑空し、下り坂ではヒラリヒラリと舞下り、そのまま天空まで登っていってしまいそうな登坂を堪能しながら

何処かでは刹那的な、背徳的な、そして不健全な何かを感じ取ってしまうのだ。といってもそれは決してネガティブな物ではないのだけれど。

evoもヨネックスも全うに軽く、丈夫で洗練されていて、なにより健全で明るい。

かたやaddictは。

正しく軽量化の持つ危うさや刹那的な感覚を残してくれている。だから見方を変えると、己を削り、何かを犠牲にして高みに至ろうとする観点から言うならaddictの方が前述の二台よりも健全で全うなのかも知れない。

まあ、かと言って乗っていて不安になるとか神経質になるとかそういう話ではないのでこれからaddictを買おうかと考えている時に障害になるような話しではない。個性の話なのだ

VOL5に続く

 

SCOOT ADDICT SL  神々の住まう頂に至るために 1

SnapCrab_NoName_2015-10-14_13-42-24_No-00

基本的には暇さえあれば本を読む。

昔は推理、サスペンス物をよく読ん
いたけれど、徐々に多岐の分野に
手を出すようになって、最近は政治
経済、ノンフィクションにも手を出す
様になってきた。

そんな中で最近、山岳小説にちょっ
と興味を持ち始めるようになってきた

僕は山登りはやらない人間なので、
そういう類の本を読んで、人の世の
喧騒から遠く離れた山奥で自分の
本質と向かい合ってみたい、とか
そういった衝動は別に感じない。

でも、大概の偏屈な主人公達が、
呼吸するのも命がけの極限状況の
中で展開するドラマやら

かたや濃密なドラマが展開していた
としても、それら全てをあざ笑うよう
に簡単に吹き飛ばす自然の無情さ、
と人の営みをはるかに超えた超常性

永遠に続くかと思われる風雪の中、
生のしがらみの全てを切り離して
むき出しの魂になった人物達が
最後にたどり着く天界の描写。

地上と、神の世界の境目。
生と死が共存する世界。

そこに矮小な人間が踏み込む
カタルシス。

そして下山で現れるどんでん返し
やら悲喜劇諸々。

まだ数はそこまで読んではいない
のだけれど、かなり心を掴まれる物
がある。

そんな中、ちょっと気になるシーンが
必ず登場するのだ。

吹雪の中、身動き取れなくなってただ
ひたすらにカロリーと水分を摂取する
シーン

ではなく、

世界の最高峰には酸素濃度が薄す
ぎてそこに存在するだけで命が削ら
れていく領域がある。

標高7000mを超える高所。

通称デスゾーンと呼ばれている。

そこは生者の存在を許さない向こう側
の世界。神々の住まう場所。

そんな場所を個人の力だけで登りつ
めようとする人種がいる。

生身で神に挑むために彼らはどうする
のか。

極限まで身を軽くする。
死神の鎌が首筋に冷たく這っているような
場所で、命をつなぐのは装備や食料。

山頂をアタックするのに必要最低限な
分の食料、燃料、装備だけをのこして
出来る限り身に負う荷物を減らしていく。

それこそ、食料の包装紙一つ、ベルトの
ストラップの金属部一つ。変質的なまで
の細かさで数グラムを削っていく。

この重荷を削っていくシーンを見るとき、
ヒルクライムのためのロードバイクを
組むために数グラムを削る作業を繰り
返すシーンを思い浮かべてしまう。

今回扱う、SCOTT ADDICT SLで
峠にいるとき、何故か心の中では
雪原に埋もれながら必死に自転車を
こいでる絵が浮かんでしまうのだ。

山を、坂を登る行為。
身を軽くする行為。

キャノンディールのEVOが開けた
軽量化新時代の扉。

かつて軽量バイクのベンチマーク
だった車名がリファインされた。

ADDICTの再登場は軽量戦争の
真打としてマニアの関心を引く。

ただ軽く、硬いだけのバイクでは誰も
納得しなくなってしまった世情の中、
SCOOTはADDICTにどんな魂を
込めてきたのだろう

VOL2に続く

ダンスの宿

ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

 

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ