カテゴリー別アーカイブ: 雑談

西武新宿理容戦線異常なし

季節は春だというのに今日は寒い日だ。

これが花冷えというやつだろうか

しかしおかげで着慣れたジャケットで外出することができる。今日はついている。

擦り切れたジャケットの襟を合わせながら、肌になじんだその感覚が高揚した心を
落ち着かせてくれる。

やはり、戦場には一番手に馴染んだものを、というわけか・・・・

灰色い雑踏の中を歩いていくと前の方から見慣れた顔が近づいてきた

「よう○○、どこ行くんだ?ってお前まだそのジャケット来てるのかよ、
物持ちいいなあ」

俺「ああ、ちょっと野暮用でな」

これは良くない

せっかく適度に張り詰めた精神が日常の感覚の中で弛緩していくのが分かる。
ここは早めに切り上げなければ
俺「すまん、ちょっと急ぐんだ。・・なあ、もし俺から2日間連絡がなかったら
・・・・いや、何でもない。達者でな」

そい言うと、まだなにか物言いたげな友人を残して足早に目的に向かっていく。

日常は感覚を鈍らせる。今は馴れ合いは必要ない。必要なのは鉄のような
冷たく確固たる精神だけだ。

そして数分後、俺は例の場所の扉の前に立つ。
その建物の異様だけでも、既に俺の背中と脇は嫌な汗でべっとりとなってくる。
この感じだけは毎回馴染むことができない。

苦笑いを浮かべると、俺は萎縮する体を精神の力で押し切って、力強くドアを開ける。

「いらっしゃいませ~☆彡」

天使のような、しかし心の中では何を思っているのかとんとわからない機械のような笑顔が俺に注がれる。

スペースの奥に目をやるならそこには耳障りの悪い音楽と、オシャンティな連中が
牙をといでいる。そう、ここは美容室。


完全なアウェイだ。

急にアニメソングが
聴きたくなってきた

「15;30に予約した○○だけど」

動揺を隠しながら答える。あくまでクールに。

「あ、カットとシャンプーですね、お待ちしておりました☆
こちらへご案内いたします♫」

手馴れている。はたして一体何人がこいつの餌食になってきたのだろう。
また、背中に冷たい汗が流れる。

彼女はあくまで柔らかな笑顔と穏やかな物腰だが、それがむしろ不気味だ。
つかみどろこの無い様な目線で、俺のつま先からてっぺんまでを値踏みしてくる。

普通の人間なら彼女の発するオーラに、一瞬で心をあずけてしまうだろう。
しかし、俺の百戦錬磨の眼力は彼女の腰の部分の膨らみを見逃さなかった。

あそこには奴らの武器、通称シザースがかくされいる。

「上着をお預かりしますねー☆」

ここで一瞬逡巡した。着慣れたジャケットをここで渡してしまっていいのだろうか?

しかし、今はまだ奴らのターンだ。ここはおとなしく従うことにしよう。

不安を悟らせないように努めて冷静にジャケットから袖を抜いていく。

ジャケットを手渡してから俺は大きな失態を犯したことに気がついた。
ポケットにスマホと鼻炎薬を入れたままだったのだ。

やれやれ・・・今日は厳しい戦いになりそうだ。
まさか完全なアウェイの中で徒手空拳で相手に挑まなければならないとは。

せめてネットで同士達と連絡が取れるならまだよかったのだが、これで俺は
孤立無援になってしまった。

・・・・続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

シェーキーズ談話 その3 意識変性時における精神のピザ化についての考察

手違いに寄ってすべての記事を消失してしまって
一番の遺恨はシェーキーズに対する熱い愛を綴った
僕の記事が消えてしまったことだ。

前回、前々回の記事を書き終えた翌日、高鳴る胸を抑えながら
アクセス解析を試みると、その日の検索ワード一位は
「シェーキーズ」だった。

嬉しかった。

片思いが成就したような気持ちだった。

だから、もう一度シェーキーズに対する想いを綴ることを許して欲しい
今までのまとめ
・シェーキーズに一人で行く行為は複数形をとって「シェーキー」
もしくは「シェキる」などと呼ばれている。

・シェーキーズには暗黙のルールがあり、その中ですべてが運行されている。
以下シェーキーズハンドブックより抜粋

ラウンド:ピザをピザ台ごとすべてテーブルに持っていく行為。三大ギルティの一つ

スリープ:客席で寝る。非常に迷惑。

サークル:ピザ外周1,5cmを残す行為。食べ残したピザの耳が非常に醜悪。
また飢えた子供たちを思うと心が痛む。

タッパー:ピザを密かに持ちかえる行為。言語道断即刻退店を望む 三大ギルティの一つ。

デス:なに食わぬ顔で受付をスルーし、知り合いの席に紛れ込み無銭飲食にふける。
最後にして最大の三大ギルティの一つ。

この行為を撲滅することがシェキラー全体の悲願とも言える。
これを犯したものはどんな理由があれ、銀河系追放とするべし。

また、科学的に解明されていないのだが我々シェキラーが時として
陥ってしまう罠がある。

ピザの深みに精神が入り込み、我を失ってしまう時があるのだ。
そうなると外見に変化が現れる。
・目が赤くなる。
・一人称が「私」に変わる。
・隣の席の人のピザにまで手を出してしまう
・満腹中枢のリミッターが解除され、幽門がひらく
・タバスコの辛さを感じなくなる(スコヴィル耐性ともいう)

等々の症状が顕在化する。
この現象を我々は「野獣化:ビーストモード」と呼んでいる。

統計的に見ると、月齢に関係があるようだがまだはっきりしたことは言えない。

こうなると数人がかりで押さえ込み、耳元に
「デザートピッツア上がりました」
「トマトとチーズを一緒にたべるんです」

を連呼するしかない。

対策としては、あまりに空腹の時、もしくは極度の疲労、意識混濁の時は来店を控えることくらいだろう。

真のシェーキーズマスターの道は果てしなく続く。
ではまた。

中野の桜並木

{66C48C5D-F041-4B3A-B1E1-7EF33412FD48:01}

{6E7FAF5D-18BF-4934-B234-A6EBAE1446F0:01}

中野駅前の通り、桜の木がアーチを作り非常に美しい。

何かの物語にでてきそうなくらい良くできたロケーションだった。
中野はブロードウェイとか猥雑なイメージしかなかったんだけれど、ちょっと感動してしまった。
桜吹雪の中を自転車で漕いで行く。
もう、散り始めている。是非早めに足を運んで欲しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ