カテゴリー別アーカイブ: 雑談

嗚呼、今夜も長野の月に吠える

長野横浜電撃出張も滞りなく所定の
要件を終えて帰途に着く事になりました。
典型的B型人間の僕がなんのトラブルも
無く小旅行を終えられるのは奇跡に等しいのです。
思えば初めて上京して新宿に行った時、
まるでラストダンジョンを思わせる
新宿地下鉄機構の洗礼に晒された18の僕。
1時間近く彷徨い続け、訳も分からず切符を買っては違う改札をくぐりを繰り返し、精も魂も尽き果て神楽坂にすごすごと引き返す。
果たしてこの先やって行けるのかと打ちひしがれた、あの日の夕餉のペヤングは、いつもよりもしょっぱい気がしたのを覚えています。
さて、そんなこんなでバスに揺られていると、どうやら渋滞に巻き込まれたらしく、
30分程おくれての運行になっているらしい。
反覚醒状態でその報せを聴いた時は別段思う所は無かったのですが、後でサイフの所持金を確認し、手持ちが200円しか無い事に気がつく。
ちょっとまずい事になりました。長野駅から地元飯山駅まで580円の切符を買わなくてはならないのですが、この30分の遅延によりお金を下ろしていく余裕がなくなってしまいました。
そして乗ろうとしている電車は終電間際。
何とか発車10分前にバスは停車場に着き、駅にいく途中、唯一のコンビニに一目散に駆け出してゆく。
こういう時の赤信号ほど長く感じられる物はない。時間の尺度はあくまで相対的であり主観的。
楽しい時間程早く過ぎてゆく。それはなんだか切ない事ね、そんな事を考えながら、
コンビニが見えてくる。
風を巻いて歩調を早める。
….見慣れたはずの窓ガラスはビニールで覆われ、入り口には
「清掃中」
と書かれた看板が無慈悲な光沢を放っていた。
グニャアと世界が歪むような感覚とともに
耳に聴こえる筈もない発車ベルが木霊する。
世界は何故にこうも残酷なのか。
嗚呼、旅は最後まで気が抜けない。
そして長野の夜は更けてゆく….
 

実に久しぶりにブログ再開

七月後半からペンションの仕事が始まって、それ以降
実に三ヶ月近く全くブログに触れていなかった計算になります。

今年から会社の代表になってしまい、一応は仕事に集中しなくてはならないのでブログの文章の事やらを考え始めると仕事が上の空になってしまう。

というのを言い訳に。

私の物にならないならあんたなんていらない

そんなヤンデレメンタルから、中途半端に手を付けるくらいなら
いっそやらなくなってしまう厄介な性質が発揮されて気がついたら
三ヶ月も経ってしまいました。

やっと諸々の仕事が片付き始め、そろそろブログの方も再開しなければ
と(この直前にフェースブックを一年ぶりの更新をしてみたりしら)
重いい腰をあげた次第であります。

リハビリ感覚でまた細々と駄文をしたためていきます。

とりあえず、僕の終生の住処となる予定の長野県飯山、木島平地方
もすっかりと実りの季節が訪れています。

キチガイじみた暑さに息も絶え絶えになったかと思えば、
はっきりしない曇天にこっちの心までもネガティブにさせられるような
太陽の気まぐれに左右された夏が終わり、

今年は例年よりも速くなりそうな冬の気配を肌に感じながら、短い秋の色が
木島平をそめて行きます。春から初夏にかけてと晩夏から秋に移り変わる
この季節。

変態ロリコン紳士風に言うと少女と女の中間のようなこの季節が
一番心地よい。

今回は特にオチもありません(笑
とてもいい天気です。部屋にこもってブログなんぞ書くような
不健康なことをしている場合ではないのです

初の健康診断。 やはりからだは資本である。

先日、人生で始めて健康診断を受けてみた。

というのも、ちょっとした知り合いが、突然ガン宣告を受けて
実家に帰ってしまう、というトラブルにみまわれることがあり
そんなこともあって僕と友人たちの間でちょっとした検診ブーム
が巻き起こっていたのだ。

僕も今年から一応は経営者の肩書きを与えられ、生きるも
死ぬも自分の裁量、健康は大事な資本だ。

自慢じゃないけれど、体は割と健康な方だと思っている。
問題点をいくつかあげるなら

暑い夏に不整脈が出る。
慢性鼻炎
極度の近視
人類最高レベルと自認する知覚過敏
若年性痴呆を疑われるくらいの物忘れのひどさ。
甘党
首に時限爆弾
血液型B型。

とりあえずはこのくらいだろうか。基本的にストレス耐性も
割と強く、あまり溜め込まないたちなのでもある。

この中で将来命を脅かす危険性のあるものは、知覚過敏くらいか。

これは本当にものすごく、ガリガリ君を噛み砕こうとするならば
上部前歯裏側と左奥歯に激痛が走る。

冷たいバナナをかじろうものなら口の中に五寸釘を打ち込まれる
かのような錯覚に陥る。

もし僕がスパイのような職業で、敵組織に捕まるとする。
当然奴らは秘密を聞き出すために僕を拷問にかけるわけだ。

鋼鉄のような精神で拷問に耐え、奴らも「こいつは単純な苦痛では
落ないタイプの人間か」と焦りの色を見せ始めるその時。

黒服を来た、ウォッカ、と呼ばれる男がふと息抜きに上着からガリ
ガリ君を抜き出し、おもむろに口を付けるその時、僕は一瞬その
冷気を放つ淡い空色の物体に目を奪われるのだ。

瞬間の動揺をかれらは見逃さない。当然だ。プロなのだから。

ガタイのいい、ちょっと粗野な感じの方はウォッカ
全体的に痩せていてちょっと薄汚れたねずみを彷彿させる方の男は
ブラッディと呼ばれている。

二人はニヤリと目配せすると僕の口の中にかじりかけのガリガリ君や
冷凍みかん、アイスの実などをこれでもかとばかりにねじ込んでくる。

そんな想像をしてしまうと、とてもじゃないが気が狂いそうになる。
が、僕は現実スパイでもなければおそらく敵対組織に拷問にかけられ
る心配もないのでこれらは杞憂に終わるのだ。

とにかく、大丈夫だろうとは思いつつも、何かあるといけないので僕も
健康診断を受ける事にした。

途中の無駄な妄想が長くなりすぎたので、結果だけ言うなら

「至って健康」

血液の各種の数値は一切の異常を示さなかった。もうちょっと
何かあってもいいんじゃないかと思うくらいに。

診断結果を伝えてくれた医師。茶髪のロン毛で
胸元をガバっと開け、足を組みながら、憮然とした表情で言う。
「なんの問題もありませんよ。」

お前は一体何しに来たのか、と言わんばかりのていである。
病院においては健康であることが咎められるのか?と
よい知らせであるにも関わらず少しばかりの不安を募らせる結果だったのだが。

とにかく完全な健康体であることが確認されたのだ。

こういうことがあると、両親に健康な体で産んでくれたことを
改めて感謝するしかない。

久しぶりに両親の顔を見たくなるような一日だった。
健康診断を受けたことは特に両親に話してはいない。
何か変わったことがあったのか、と心配をかけるといけないから。
と、ブログに書いてしまって両親が見てしまったら秘密にする
意味はないのだけれど、健康だったからま、いっか。