僕はorcaに恋してる 6 カーボンフレームに咒(まじない)が込められていた時代

初めて買った本物のロードバイクは確かこんな感じのものだった。

当時の写真が残っていたらいいのだけれど、生憎と僕は細かく写真を撮ったり
昔のアルバムをニヤニヤしながら眺めるような趣味がない。

およそ写真とか、記録の類に興味のない人間なのだ

これを上三分の一が赤
真ん中三分の一が紺色
下三分の一が赤く

塗り分けられていて、結構傷も多かったように思う。

2008~9年というと今のようにミドルグレード、下手をすると入門車のレベルで
カーボン製品が展開されている時代ではなく

まだまだカーボンといえば憧れの高級車のイメージが強かった頃だと思う。

新世代のマドンだったり
LOOK595だったり
ピナレロプリンスだったり
orcaとともにそのへんのバイクたちに強烈な憧れを持っていた。

思えばこの時期はカーボンフレームにおけるカンブリア期のような時代だったんじゃ
ないかなと勝手に僕は思っていて。

地球生命が様々な進化の可能性を求めて爆発的にその種の数を増やし、

そして淘汰されながら生命のフォルムを模索していた時代。


今の地上の生物からは到底想像できないようなヘンテコリンな生命体がうようよしていた頃。

まだいろんなメーカーが試行錯誤しながらカーボンの方向性を探っていて
それはそれは個性豊かなフレームが生み出され

その中のいくつかは製作者の怨念じみた思いが込められているのか、よくわからない
オーラを発するものが沢山あったような気がする。

実際に僕が所有している、また食指が動くフレームの多くがこの年代のモノに集中してしまうのは

僕の思い出補正なのか、それともまだ未成熟だったカーボン技術の中で新しい物に挑戦しようとするビルダー達の熱気が渦巻いていた、そんな時代なのか。

話を僕の初ロードに戻す。

後から聞いた話だが、某高田馬場の小さいけれどそれなりに名の通ったバイクショップのオーナーに整備を頼んだところ、

フレームの出自はジャイアントで京都の大学の競技自転車部のレース機材として提供されていたものだと教えてくれた。

とにかく古いものでステムなんかは、スレッドタイプのものだった。


コンポは9速時代のアルテグラ。BBはもちろんオクタリンク。

懐古趣味に当たるような品だったんだけれど、知識のなかった僕はそれが
古い規格ともわからないで、とにかくカーボンだということで喜び勇んで
乗り回していた。

今になって思うけれど、細身のそのバイクはなかなかしなやかで乗り心地のよい物だった。

ビンディングペダルも試してみた。
モッコリパンツも履いてみた。


徐々にロードの世界にはまりつつある、28の秋。

周りの友達はスポーツといえばサッカーばかりしていたが
僕は全然興味が持てず、一人自転車に乗り込み変人扱いをされていた。

お前ら、後々スポーツバイクブームが来るなんて思っても見なかっただろう!


そしてそんな彼らが今や僕にいいバイクを紹介してくれと頼んでくるのだ。


ふふふ、僕は先見の明がある



人気ブログランキングへ


にほんブログ村

深夜の雑談 ハリーポッターの続きをみんなで考えよう

{36CECA6D-9226-4269-ACD0-09BCF4466D53:01}

先日ネットを徘徊しているとこんな画像をみつけました。

やはり物作り大国日本。
思わずスマホをタップする指を突き指し、
ブラックサンダーを口から吹き出しそうになる。
内容について言及されていなかったので
想像してみるしかないのだけれど
スリザリンとのクディッチの試合、
マルフォイの卑劣な罠にはまり絶対絶命のピンチにはまるハリー達。
そこに颯爽と現れる一人の男。
ここ、ホグワーツに一つの伝説がある。
「オクリバントの鬼の前にランナーを溜めるな」
普段は疲れたグリンフィンドール寮のボイラー職人だった彼が、実はそのオクリバントの鬼だった。
所々汗染みの出来たユニフォームに身を包み、腰を沈めバントの構えをとる彼の姿は
ハリー達が見慣れ、心の中で蔑み続けていた中年のそれではなかった。
対峙するマルフォイの眉がピクリと痙攣する。
彼の目にはなんの変哲もない木製のバットが、今は鍛え抜かれた名刀が己の首を狙いつけるかのように見えたのだろう。
一瞬の静寂、その静寂を埋めるような天をつく歓声。
そして放たれた鉄塊は眩い光とともにバットに吸い込まれ、その重さの全てを失いまるで一葉の枯葉のようになる。
刹那、鉄球は絶妙な位置に転がっていく。
もはや芸術の域に達した、彼のみがつかえる魔法「オクリバント」が成功したのである。
一瞬の心の間隙に誰一人として動く事ができない。
しかし、ハリーその隙をのがさなかった。
放たれた野獣のように疾走する。
唸りをあげ空気の壁を貫くファイアボルト。
そして、当然のように自らは犠牲となり
一人寂しくフィールドを去っていくオクリバントの鬼。彼の背に常に栄光はなく、その軌跡は
誰の心にも残らない。
しかしオクリバントの鬼がその時に浮かべた満足気な表情を、僕は今でもありありと思い出すことができる。….
今、君の隣の冴えない中年は、もしかしたら彼かもしれない。
あー、クディッチってこんなゲームでしたっけ?全然覚えてないや。
あとどんなタイトル読みたいですか?
・ハリーポッターとハルンケア騎士団
・ハリーポッターの弁当箱は家
・ハリーポッターとオリーブ祭り
・ハリーポッターと不死鳥の自宅警備団
表紙描いてくれたら適当にストーリー考えます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ