インプレッション COLNAGO c60 太極を身に纏い

 

COLNAGO c60 レーシングバイクとしてはあまりに美しいグラフィックを身にまとったCの系譜の現状到達点。マグナム・オーパス。

ロードバイクを知り尽くした匠たちは最高の性能だけではない何かを、今はもう珍しくなってしまったラグドフレームに込めて来た。過去と未来、進歩的と懐古的。相反する理念を一つのフレームに。それによって更なる高みへと。

キーワードは「太極」

続きを読む インプレッション COLNAGO c60 太極を身に纏い

インプレッション scott addictSL 神々住まうの頂に至るために 5

wpid-wp-1444797290885.jpeg

トップチューブを握ると感じるわずかに撓んだ感触。720gという実測重量を念頭に置くと普通になら頼りなく感じてしまうような要因も、ことaddictSLに関してはむしろ登り坂に挑むときに背中を押してくれる要因に変わる。

8000m級の神々の領域を攻める登山家が、命を顧みず極限まで荷を削るのは、実際に身を軽くするのと同時に生身のままでは、人のままではたどり着けない領域にいたるための禊のような物だ

と何かの本で読んだような気がする。

重荷を軽くする、という行為自体に意味があるのかもしれない。命を繋ぎとめるためのギアを一つ一つそぎ落としながら、逆に命を繋ぎとめる何かを一つ一つ内奥の火にくべていく。

弱くなることで強く
薄くなることで硬く

だから、addictSLの極限まで削り落とされた躯体から感じる危うさ、ある種の不健全なまでに研ぎ澄まされたかのような印象はむしろ、本気で走ろうとするほどに頼もしさに変わって行くのだ。

これはもう、単純に数値で何グラムとか比重剛性がどうとか、目に見える話ではない。もっと奥にある、いわば霊的な領域の話かもしれない。

人間のままでは踏み込めない領域に挑む機会なんて、おそらく人生の中で味わう事なんて無いと思う。

それでも、いつもロードバイクにまたがって坂道に相挑む時には、心の何処かが意固地になって自分の限界に牙を突き立てようとする。

そんな時は意図的に下界の事、
例えば家族だったり、
仕事だったり
学業だったり、

そういう、自分を構成する要因を強くく、ペダルを踏みしめる度に一枚一枚脱ぎ捨てて魂を軽くしながら登っていくのだ。

コーナーをぬけて、新しい視界が開ける度に湾曲する登り坂がいつ果てるともなく続いていく。

悲鳴をあげる心肺や意識とは裏腹に、魂は坂を昇る度にしがらみを脱ぎ捨て削り出しの無垢な塊に近づいてゆく。

ヒルクライムは何処か哲学的だったり宗教的だったり、神に挑もうとする人間の知性を感じてしまうのだ。

それは、神の領域に挑もうとする登山家にも少しにている。

 

wpid-wp-1444797259444.jpeg

addictslは、挑む峠は日常的な物だったとしてもその道を、神に挑む天空の回廊へと、削ぎ落とされた駆体と精神性を持って乗り手を誘ってくれるのだ。

もちろん平地でも刹那的なほどにスムースに走る。下りも、一時の扱いの軽さにさえ慣れてしまえば御しやすい。やわなバイクではない。耐久性だって問題ない。

だけど意図的に何かのヒリつくような感じを残している

cr1.先代addictと、常に軽量バイクのトップランナーだったscootは、ついには魂までも軽く飛翔させるためのバイクを作ろうとしたんじゃなかろうか、と妄想を逞しくしてみる。

まとめに入ろう

addictslは、軽量だけと危うく無い、というトレンドのバイクではない。

軽量化のもたらすリスクを内包させて、個性にまで昇華させてしまった存在。

生存帰還ギリギリのラインまで荷物を削ることで寧ろ強くなる登山家の魂と同質な物。

薄いから、硬い
危ういから、強い

薄いカーボンの外殻の中には、目に見えず質量を持たない何らかがびっしりと詰め込まれているようにも思えてくる。

もちろんこれら全ては僕の妄想にすぎないのだけれど。

もし何処かの峠で同じaddictslに跨がり、求道者のように坂を上がるライダーに遭遇したら。

きっと軽く視線を交わすだけで、またお互いに黙々と坂に、そして自分の内奥に向き合っていくのだ。

これは自分の中の神の領域に挑むためのバイクなのだから。

 

topにもどる