ロードバイク インプレッション BMC SLR01 カーボンフレームは電気羊の夢をみるか 2

よく、人は歳を重ねるごとに一日を体感する時間が短くなっていくという。

歳月と共に知識、体験の引き出しが落ち葉の様に積み重なる。その度に人生の新しい発見は少なくなる。感情は少しづつ磨耗していく。そうして歳月をただただやり過ごすようになっていくのだと。

最近になってその考え方に違和感を覚えるようになってきた。

続きを読む ロードバイク インプレッション BMC SLR01 カーボンフレームは電気羊の夢をみるか 2

ロードバイク インプレッション BMC SLR01 カーボンフレームは電気羊の夢を見るか 1

原題: Do Androids Dream of Electric Sheep?

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

そしてBMCのこの数学的なフレームは果たして夢を見るのか?

フィリップKディックの傑作SF。本の内容がおよそ想像できないような原題が、訳の分からない日本語訳に訳されなかったのはSF史に残る幸運な出来事の一つだと思っている。映画、ブレードランナーの原作でもある。

続きを読む ロードバイク インプレッション BMC SLR01 カーボンフレームは電気羊の夢を見るか 1