パーツいんぷれっしょん ~番外編その4 親父のお手製自転車ラック~

五月下旬、命からがら東京出張から生還し、住み慣れた住処の門をくぐる。そこには親父殿が待ちわびたようにリビングに待機している。

「おう、遅かったな。いいもの作ったぞう」そうドヤ顔を隠せない還暦杉の親父殿。以前はこういうと、ステンレス鋼材削りだしのお手製日本刀モドキヲ自慢げに披露された思い出がよみがえる。背筋が一瞬冷たくなる 続きを読む パーツいんぷれっしょん ~番外編その4 親父のお手製自転車ラック~