2015/09/25 LOOK695 エアロライト 下りの恐怖といかに向き合うか。 その3

少し間があいてしまったけれど695エアロライト、初乗り所感の
続きです。

とにかく、下りの恐怖をいかに克服するか。
僕の家、といっても職場でも有るペンションはスキー場に
向かう道の登りの一方の終着にある。

だから、必然的にどこかに行こうとするとまずは
長い下り坂を降りていかなければならないのだ

ちょっとバイクを調整して具合を見るために外に
乗り出そうにも、まずは坂を下って、そしてその道を
登り返さなければならないので、これはこれで中々厄介でもある。

山道特有の長く湾曲した坂を、それなりの回数下ってきた。
それなのに、下りが速くなるとか怖さが薄れるとかそういった
変化は中々僕の身には現れない。

もう、先天的に
そういった命を極限の状態に投げ出して、ひりひりするような
感覚の中でスリルと生を実感する、とか意思で恐怖を
克服するとかそういった類のことは向いてないんだと思う。

そんな中、この695はどうだったのか。

先代の595はこよなく愛しているバイクの一つである。
細身ながら強靭に作られたフレーム素体が、どんなシチュエーション
でも圧倒的な安心感と一体感を与えてくれる。586は、もう少し
ヒラヒラぱりぱりしてるけど、やっぱり下りの安定感はすばらしい。

なにより、どこかアナログな感じのいい意味での曖昧さと包容力。
この辺りのLOOKは乗っていて暖かいのだ。

そして695。それまでのLOOKにある手作り感のようなものは
薄れて、近未来から来た青い猫の形のロボットがいじめっ子から
逃れるための最速マシンとして用意してくれたような、今までの
LOOKとはちょっと違う趣。

手に取ると感じるのは、軽トラのような強靭さと耐久性ではなくて
F1マシンのような緻密、精密、繊細さ。独特の機構の数々も
それを感じさせる一端なんだろう。


前回、手にこれまで感じたことのない振動を感じた、と書いた。
その原因はまだはっきりしていないのだけれど、これが何か
回転を妨げる要因がある、とか粗雑なバイクのように細かい
振動を吸収し切れていない、というのとはちょっと違う。

慣れてくると不快ではない。だからマイナスファクターでは
ないのだ。

重心が、低い。タイヤが路面を今までになくつかんでいる感覚がある。
そしてクランクが回り、トルクに変換されるそのダイレクト感もまた
今までに感じたことがない。

この辺のダイレクト感と、手に伝わってくる振動は同じ趣の物なん
じゃなかろうか。

下り、この振動が僕の臆病な神経をささくれ立たせる。
最初のダウンヒルは、だからかなり薄氷を踏むような思いだった。

でも695のこのダイレクト感を理解してくるにつれて、路面の状況、
タイヤの状況、車体の状況を伝えてくる物なんだろうと思えてくる。

やっぱりLOOK.カタログスペックだけ突出した
理詰めのバイクではなくて、どこかに親和性と包容力の幅を
持たせてある。その方向性が595なんかとはちょっと違う
けれど、これはこれで奥深いバイクかもしれない。

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA