2015/09/26 TIME VXSRはもしかして僕を焦らしてこがしている?

首が痛くなるほど曇天をにらみつけてみる
もう何日も晴れ間を見ていない気がする。

シルバーウィークはそのほとんどが晴天だった。

けれど皮肉にもその習慣はほとんど東京に行っていて、
ろくにロードバイクに乗れていない。

せっかくくみ上げたTIMEやLOOKやその他パーツを
グレードアップしたり組み替えたりしたバイクが
早く外に連れ出して、僕を私を思う存分その艶やかな肢体を
撫で回し、くみ伏せて、そして連れて行け、悦楽の境地へと

そう呼びかけられている気がするのに。
だから、どうしようもないのはわかっていてもなお。

鈍い色に染まった空を、首が痛くなるほど
見上げながら、眉間にしわを寄せてにらみつけている。

だれかこの雨を止めてくれ。

TIME VXSR
時が止まったような。いつの時代になっても
自転車乗りなら一度は乗っておく価値がある。意味がある。
そんなロードバイクをいくつか所有してみたいと思う。

そうしていつかこの細身ラグ、古い自転車のカタチの中で
その性能を煮詰められたようなこのフレームを強く欲するように
なっていた。

シマノ金属加工の粋を集めた美しい7800系DURAACE
で組み付けて、だけれどまだ乗り出すことが出来ていないのだ。

そして九月に入ってから雨ばかりが降り続く。

これは・・・焦らしか?
もしかしてTIMEは僕を焦らして、こがして、やきもきする
その様を端正な姿の裏でニヤニヤと見つめているのでは
ないだろうか。

この細く、目の詰まったカーボンの筒は、踏みつけられた応力に
どんな風にしなるんだろう、撓むんだろう、反発するんだろう。

そうやって、解き放たれるトルクはアスファルトを蹴飛ばし、
坂を登り、高度を上げてくれるのか。考えると雨風の
中でも飛び出していきそうになる。

この週末は何とか天候が回復するらしいけれど、
あいにくにもまたしばらく東京に行かなければならない。

TIMEは、天候すら左右しながら僕をじらしつづけているん
じゃないか。そんな妄想すら抱き始めている。

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA