IMG_20151013_174230s

time vxrsそこだけ時間が切り取られたような4

IMG_20151021_003134824

vxsrに触れながら色々雑多な感想をのべてみて、もう少しだけ無駄話に付き合って欲しい。


ベルセルク
という漫画の主人公の、本当に初期の頃のセリフに

鋼鉄を打ち込んでやる、
だったか
鋼鉄を喰らわせてやる

だったかそんな風なセリフがあって、
高校生の頃のほどよく拗らせていた僕は
痛くこのセリフに痺れたものだった

一国の軍隊すら蹂躙する正体不明の魔物。
大体の物語においては、これらを打ち倒すのは同じく人外の魔力を秘めた、もしくは
神の加護を受けた聖剣や魔剣だったりするのだが

この物語の主人公でもある狂気の黒騎士
はそういった人の理の届かない武具を一切用いない。

ただ、鍛え上げられた肉体と剣、というよりは分厚いただの鉄板を振り回し、叩きつけ自身もぼろ雑巾の様になりながら戦い続ける。

そして文字通り、圧倒的な化け物相手に鋼鉄を打ち込んでいくのだ。

作品全体の狂気じみた雰囲気もさることながらこの、人の手に及ばないはずの存在を、人がその手に掴める範疇の物だけでねじ伏せる、という状況にとても痺れたのだ。

この辺はちょっと前述のパイルバンカーとかドリルとかを武器にするロボットに通じる部分がある。

rp_o0800059713440271424.jpg

速さ、とか重さ、とか硬さ、あとは厚い、
とかデカイ、とか。

あまりにも分かりやすい要因が、人が知覚出来る領域外のはずの物を打ち砕く。このカタルシスには、その影にもう一つ

<安心>

というファクターが見え隠れしている。

彼らは訳のわからないはずの物を理解できる範疇にまで、

力づくで引きずりおろす。

京極堂の憑き物落としみたいだ

幽霊も正体がわかれば怖くなくなるのだ。

僕たちの生活を取り巻く物事は、気がつくと何でそうなってるのか理解出来ない物が
増えすぎてしまった。

パソコンも、スマホも、電子レンジも、トイレ一つも、その原理はわからなくてただ利便さだけを与えられるように教授している。

支配してるようで、じつは支配されてるんじゃないか?

だから、もしかしたら皆何処かで不安なんじゃないか?

だから、やっと話が戻ってきたけれど
今になってVXSR や595やc40なんかが再評価されるのはあり得る話なんじゃないだろうか。

やっと次回で終わります

VOL5へ

ダンスの宿

ちきちきばんばん

 

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

 

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA