IMG_2181

パーツいんぷれっしょん ~カンパ・スーパーレコードクランク~

自転車名 スーパーレコードクランク
ブランド カンパニョーロ
価格 荒野のガソリン100ガロン分

前回のデュラブレーキから始まって、物欲が最近とまりません。冬は寒くて寒くて到底外に乗り出す気になれない。畢竟、家でパーツをオークションに出しては新しいパーツに入れ替えてにやにやするくらいしか生甲斐が無いのである。

もう、自然は綺麗、坂も多い。信号は少ない、人口も少ない、木島平はロードバイクに最高のロケーションを備えているだが、この冬の寒さだけは遺憾ともしがたい。

二酸化炭素が本当に地球を温めるなら、もうガソリンを、石炭を、化石燃料をガンガンたいて地球を、それが無理なら木島平周辺だけでも温めてやりてえぜ。本当に二酸化炭素と温暖化に因果関連があるならな(にやり)スキー産業なんて知った事か。

ガンガンCO2を吐き出して木島平が温暖化、徐々に砂漠化していく世界とそれに伴い荒廃していく人々の良心。ついにはモラルハザードに満ちた世界へと転がり込んでいく。

人々は僅かなガソリンと、同じ重量のガソリンより高級品になってしまった龍泉寺の湧き水を求めてイカレタ暴力衝動に身をゆだねていくのだ。

モヒカンにとげとげの付いたスーツを身にまとい、貴重なはずのガソリンでギターから黒煙と火を吹き上げながら桑と鉈で武装したケートラに乗り込み、ブランド米、木島米の種籾を強奪していくのだ。ヒャッハーッ!夜空を見るたび思い出せ!

IMG_2176

そんな風にマッドなテンションになるくらいにこのクランクは素晴らしかった。どう素晴らしいかといわれると具体的な部分は殆ど上げられないのだけれど、とにかく魂が震えた。

フルクラムレーシングとるくも持っていたので、基本的な造詣は殆ど同じだと思っていたのだけれど、かなり違うのね。

レコード、コーラスがどうなっているのか実物を見ていないので知らないのだけれど、よくみるとクランクアーム表面に僅かな曲面が掘り込んであります。フルクラムはここは一枚平面でした。

IMG_2152

カンパ以外のコンポにもカンパクランクを使用したいユーザーのために作られた(はず)のフルクラムのクランク。これはこれで格好良く非常に人気も高いのだけれど、やっぱり本家カンパニョーロの方が力がはいっているのだろうか。

IMG_2180

性能で言うなら、ベアリング部がカンパの誇るセラミックテクノロジー、[cult]が装着され、無類の回転性能を誇る。あと、セラミックなのでグリスがいらないのでメンテナンスが楽らしい。この辺はもうちょっと勉強が必要です。クランク脇に誇らしげにカルトテクノロジーの刻印がされています。あとはチェーンリングが刷新されて、変速性能が上がっているとか?

で価格は10万近く。この部分だけで入門アルミ機が一台買えるくらいなのでもうイカレタ金銭感覚としか言いようが無い。もちろんこちらは中古ですが。

現代最高のクランクの一つであるCF9000を二個買ってもお釣りがくるほどの価値がこのクランクにあるのか?とよくカンパとシマノを比較すると色々言われるし、ネット上にはスーレコ不要論が散見しています。

がこの実物を見ればそれは見当違いの論争なのだという事が良くわかる。まあ、中古なので新品の9000クランクよりは安かったからえらそうなことは言えませんが。

色々言われるように性能だけ取ればコーラスクランクで十分かもしれない。正直、BBがカルトになったからタイムが縮むか?といわれたらそんなに変わらない気がする。個人的にはBBセラミック不要論者なもので。

それでも、チェーンをかけない状態で置いておく。すると海の向こう米国で繰り出されたチャック・ノリスの回し蹴りの風圧で、永劫に回り続けるんじゃないかと思えるくらい軽く精密な回転性能や、仕上げの美しさを目の当たりにすると何もいえなくなってしまうのだ。

祭祀器として用いられある種の神が宿ってもおかしくない様な器物を、あろうことか油まみれのチェーンでぐるぐる巻きにして、非常に原始的にして脆弱な人間モーターで回して推進力をえるという行為。

このギャップ。こういうところにただのレース機材ではない自転車のロマンの一端が見え隠れするのだ。

自転車と荒野とイカレタ改造車を愛するマッドな野郎共なら、一度は性能とコスパを度外視してこのヒャッハーなパーツ群を愛でてることをお勧めする!

もちろん、家族には内緒だぜ!

そういえば今最高にマッドなあの映画で、車のハンドルが巻きつけられたあのオブジェは馬鹿馬鹿しさを超えてある種の神々しさが垣間見られた。

自転車をテーマにマッドな映画を撮るなら、クランクをすべての車両から収奪して、カリスマ的独裁者が管理、宗教的オブジェとして崇め奉る光景が見てみたい。

IMG_2175

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA