IMG_3853

パーツいんぷれっしょん ~DOVAL 非真円チェーンリング~

アニョハセヨ、ダエンリングチュセヨ

お隣韓国のメーカー、DUAL OVAL の略でDOVAL だと思われる。前回の記事、rotorのクランクにあわせるつもりで購入したこちらのチェーンリング。色々乗っかってみた、けれんみあふれるデザインはいかにもな感じがする。

購入の動機の一番は、見た目。

実際楕円チェーンリングってどうなんだろう

IMG_3849

rotorのQrings、エアロが欲しかったなんて口が裂けてもいえない。これらの製品を購入する人のほとんどが楕円を試してみたい、よりもかっこいいから何じゃないかとふと疑ってみたりもするのだ。

その位にこれらの製品の外観がもたらすインパクトは大きい。実際にrotorのクランクと組み合わせてみると、身悶えするほど格好いいぞ。欲をいうならもう少し穴がたくさん開いていると良かったよ。

ネット上にあまりDOVALの情報が出回っていないので、普通に取り付けられるかちょっと困った。チェーンリングなのに、なぜに三枚の板があるのか?

アウター板の裏側を見てみると、変速の仕掛けのない完全な一枚板。

IMG_3851

ただでさえ変速調整が難しいといわれている楕円リング、これって通常使用に耐えうる物なのか、と不安が頭をよぎる。

フロント変速のたびにバイクを降りてチェーンを手で架け替える使用なのではないか?確かにフロント変速機構も要らなくなる。フロントディレイラーと、シフターの変速機構、諸々で100g近い軽量化が見込める。これはこれで理にかなった方法なのか?などと何とか自己正当化を図ろうとするも当然、腑に落ちない。

使い物にならなったら、おしゃれなブーメランとして子供達の輪の中に溶け込む道具にするしかないのか・・確かにこれだけデザイン性の優れたブーメランなら子供達の羨望の眼差しを勝ち取る事もできるかもしれない。問題は、きちんと手元に戻ってくるかどうかだ。

と、いろんなことを考えつつも、どうやら間に挟まるなぞのリングが変速と、楕円調整を担っている事が判明。積み重ねた妄想は露と消える事になった。

IMG_3850

アウターとの裏にこの板を挟み込む形でクランクに接合する。チェーンリングピンはrotor付属のもので大丈夫だった。三枚のリングの合計重量は160g弱。楕円リングとして標準的な重さ。

IMG_3852

このアウターのピンの位置を変えると、変速盤(?)との取り付け角度が変わり、楕円のピーク位置が変わる仕掛けになっている模様。この辺は実際に走ってみない事にはなんともいえない。

ともあれ、まずは基準と成るであろう3の場所で取り付け、変速調整もしてみる。FDはsram22。斜め軸にも移動する事でトリム機能を廃したモデルなのだけれど、調整がまた大変。楕円とあいまって、非常に面倒くさい作業に・・・・最終的には完全に音鳴りを消すのはあきらめてしまった。あとでなんとかするかなー

変速機能は、予想に反して良好。エアロ形状のチェーンリングの剛性の高さが利いているのかもしれない。

IMG_3853

なんだか呪文のようなハングル記載もなぜか格好良く映る。

cervelo r3SLにrotorクランクとともに取り付けた姿は、もう身震いするほど格好良くなった。これに匹敵するのはフルアーマー筋肉マン位しか思いつかないぞ。

とゆうわけでDOVAL簡単な紹介でした。実売価格一万でイカス楕円(本当は非真円リングらしい)が手に入る。rotorやrideaの半額以下なので、ためしに買ってみてみいいと思います。

 

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA