colnago C60 ガラスコーティングを施してみる。

ちょっと仕事の関係で数日長野に戻ってきました。

地元飯山駅に到着して駅舎が変わっている事に驚いた。

来春の新幹線開通に向けて駅舎の改築工事が進んでいたのは
知っていたんですが、実際に中を見てみると予想以上に
立派な作りです。

この辺鄙な田舎に果たしてこんなに立派な建物が必要なのかとか
これ建てるのにいったいどれほどの金額が動いたのかとか
余計な勘ぐりをしてしまいたくなります。

およそ一ヶ月ぶりの帰省ですが、一気に季節が進んだようで
冬の香りがしていました。東京の空気に慣れ始めた身には
こちらの寒風は身に応えます。

さて、仕事の傍らで今回はcolnagoC60に
ガラスコーティングを施していきます。

{DB6153C3-4508-46A0-8ED6-29263A093BA9:01}

C60 走行性能もですが、ペイントが本当にすばらしい。
パラメータボーナスをペイントに全振りしたのでは、と思いたくなる。

イタリアの本社工場にてペイントからグラフィック入れまで
一本一本手作業らしいです。つまり厳密な意味では同じ
フレームは存在しません。

{4A823170-47CB-48FD-8545-B88097183F84:01}

 

で、あまりに見事なので正直傷がついてしまうのが怖くて
乗る気がしませんでした。

自転車は乗ってなんぼ。お座敷バイクにはしたくありません。
そこでガラスコーティングを施そうと思い立った次第であります。

極薄のガラス層をこーティングすることで傷がつきにくく、光沢アップ。
汚れもつきにくくなる。とのうたい文句ですが果たしてどうなるでしょうか。

今回調達した物はこちら。ネットにて大体2000円くらいで調達できます。

こういう作業にはつきものの洗車、脱脂作業があり、こういうのが
僕は非常に苦手です。果たしてうまくいくのだろうか。

C60の運命やいかに・・・・・

つづきます

・・・・・

長野県木島平にて
 
ダンスの宿
ちきちきばんばん
 
営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。
 
そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

「colnago C60 ガラスコーティングを施してみる。」への1件のフィードバック

  1. 1. 優香登場です!
    色々アメブロを見ていたらここに来ました。人のブログを読んでいると勉強になりますね。多分、私のブログは相当色濃く、私のキャラクターが出ています。。。良かったら見てね(^_^;)
    http://ameblo.jp/10139266/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA