コルナゴC60と まる一日付き合ってみた。

今日はコルナゴC60にてお出かけです。

ちなみにバックは元長野電鉄木島駅舎。

日本一料金の高い区間と噂されて一部のマニアの間では
有名だった駅でもあります。もうすっかりひなびていますが
なんだか味があります。

高い空と汗で張り付くワイシャツ、バスが来るまで、クラスの
少しだけ気になっている女子と二人で無言の時間を過ごす。

田舎の学生の感覚は都会のそれほど進んではいない。
誰と誰が付き合っただの、そういう類のことに本能的な
罪悪感を感じてしまう子も少なくない。

うすら暗い待合所と目の眩むような陽光のコントラストに
少しだけ非現実感を感じながら、ただの暑さ故に流すのとは
ちょっと違う汗がにじみ出てくる。

ふとそんな高校時代の夏の記憶の欠片が思い出されます。

実際はそんなシチュエーションも感覚も味わったことのない
枯れた高校生活だったので、完全な妄想ですが。

其れでも夏になると何か甘酸っぱい感情が未だに胸の奥に
残っているものです。

さて、ウチで所有してるバイクの中では
最も高価
最新、
高性能、
とんでもなく手の込んだペイント。
そしてなんだか敷居の高い感じがする。
正直車体があまりに美し過ぎて乗る機会を逃してきました。
緊張しちゃうんですよね。ボーナスはたいて買ったコートが勿体無くて着る機会を失ったまま次の季節になってしまうOLさんのようです。

 

 

意を決して、乗り込んでみる。
やっぱり自転車はある程度乗り込んでみないとそのフレームの真価はわかりません。
始めて軽く乗ってみた時は、やたらまっすぐ進んで安定性が高く、何だか凄い物に乗ってる、くらいの認識しか持てませんでした。

丸一日こいつと付き合ってみて、やっと少しだけ見えてきた物があります。

先日のアディクトとの対比になりますが、まず感じたのがダウンヒルの安定性、抜群の振動吸収性。

エアロ効果なんぞ完全に切り捨てた野太い角材のような角パイプから、この振動吸収性は
想像できません。高級なクルーザーに乗っているような感覚を覚えます。
もちろんそんな物は乗ったことがありませんが。

そして、疲れて足が回らなくなってからのことですが、
普通の高剛性バイクなら乱れたペダリングを弾き返し、
進まなず苦しくなるような状況下。

其れでもスピードがどんどん乗っていく。足の回転が落ちてきて
惰性で重いギアを踏んでしまっても、フレームがしっかりと
大地を蹴ってくれる感触があるのに驚かされました。

乗り手を懐深く受け入れながら、その性能の限界はまだまだ
垣間見ることもできない、そんな奥深さを感じさせられます。

業界のトレンド無視、マーケティングなんぞ糞くらえといった風情の
コルナゴのトップエンドです。

ちゃんとしたものを作れば、わかる奴は
ほっといても買っていくだろう。
そんな強気とブランドのプライドを感じさせる一台です。

ああ、こりゃやばいなあ

長野県木島平にて
 
ダンスの宿
ちきちきばんばん
 
営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。
 
そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

 

「コルナゴC60と まる一日付き合ってみた。」への2件のフィードバック

  1. 1. うーん、、
    乗ってみたくなりました。今のCX1も
    最初に乗った時、何これ!みたいな
    驚きともっと、もっと回せ!と問いかけ
    る様な感じでしたが、さらにその上を
    いくんでしょうね。一度試乗してみたく
    なりましたよ。^_^
    http://ameblo.jp/urajack/

  2. 2. Re:うーん、、
    >ウラジャックさん
    お久しぶりです。最近ブログサボっていました(笑

    本当に、気後れしてなかなか乗り込めずにいたのですがこのままではあかんと思って頑張って載っています。なんというか、奥深いフレームです。ただの高剛性とか高性能ではくくれないオーラのような物が。是非遊びに来てください☆彡
    http://ameblo.jp/aprfoor/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA