上京前の最後に コルナゴ c60と過ごす。 木島の夕陽と限りなく美しいフレームと

{C8B29D0A-7643-49D9-911B-49F16DFA509B:01}
東京に戻るはずが、色々あって一日延期になりました。

もう一日、木島の自然の中で自転車に乗れると思うとちょっと嬉しいです。
天気はウレシイを通り越して不安になるくらい晴天が続いている。
今年の夏はどうなるんでしょうか?

足にまだ疲れが残っていたので、夕方近所の山を上り下りしていました。
夕日と、C60のペイントがあまりに美しかったので写真をポチリ。

ヨーロッパの自転車はやはり、大自然の中が良く似合います。

{EA9AD41D-31E1-4F24-9445-B8FE638F2A40:01} 

コルナゴに軽さをもとめる人はあまりいないと思います。
当然、このC60も軽量なぞうたわれている物の、決して軽くはないです。
というか測っていないです。このフレームに重量がどうこういうのは
無粋なもの。

{918A4C2E-51EC-43D1-9830-ED1EF3EAAF23:01}

事前情報でフロントフォークが400gあると聞いていました。
各メーカーがしのぎを削って数グラムをそぎ落とす中、ブランドの
旗艦でありながらしかもフルカーボンで400gです。頭がおかしいのかと
思いました。

うちには既にアディクトSLという軽量番長がいるので、重量など気にせずに
しっかりしたバイクを組めます。むしろ重量を気にせずにパイプのしっかりした
堅牢なノリ味を期待していたのですが。

初めてフレームに触れたとき一瞬びっくりしたことがあります。
トップチューブが思いの他薄く作られています。タイムやルックのように
ぎっしり肉厚な感じのパイプを期待していたのでちょっと不安になった
こともありました。

{4485D6A2-839C-4315-BF34-7EDECD1D5C1E:01}

が、そのへんはやっぱりコルナゴ。乗ってみるとそれはそれはしっかり
したフレームです。そしておそらくトップチューブのしなやかさが
フレームの懐の深さの一因をになっているのでしょう。

ホリゾンタル、そしてどこかクラシカルなペイント。が、とんでもなく
手間の掛かる仕上げが施されています。夕陽の中で薄く金色がかった
グラデーションにため息をついていました。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

「上京前の最後に コルナゴ c60と過ごす。 木島の夕陽と限りなく美しいフレームと」への2件のフィードバック

  1. 2. 無題
    こんばんは~。

    c60は憧れます。
    自転車のイベントで試乗させていただいたのですが、僕のとは乗り味が違うと言うのはすぐにわかりましたが、実際距離を乗らないとわからないなーと思いました。

    また機会があれば乗り味を教えて下さいね。
    http://ameblo.jp/tack48/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA