コルナゴ c60 異音問題解決。ゴリゴリと潔いヒルクライム

{47CF4C81-912D-4F15-A383-37036DE3002F:01}

先日までちょっと所要で駒ヶ根で一泊、そのあと東京に
行っておりました。

駒ヶ根の光前寺、実に素晴らしかったです。信州信濃の
霊犬、速太郎の物語の舞台がここだったとは露知らず。

そして、三日ぶりに木島平に戻ってまいりました。
駒ヶ根も観光地としてとても美しいところでしたが、
やはり地元木島平の素朴な感じはなんとも言えません。

午後から防災研修があり、微妙に一日の行動プランを立てにくい
というか、サイクリングに行きにくい。

梅雨時の貴重な晴れ間を逃すわけにはいかず、ちょっとだけ
c60に乗り込みます。

ここ数日の異音問題の原因がホイールにあると判明した
物の、ハブを開けて中を覗く暇がなかったのでとりあえず
走り出してしまう。と、なぜか全然異音がしません。
どうやらクイックの締めが弱かっただけのようです。

散々クランクのグリスアップやらBBの交換やら
ヘッド部をばらしたり何かして悩み抜いたのが
馬鹿らしい位、気持ちよくc60はトルクを吐き出してくれるのです

{44FF61AA-ABC0-472A-8BEA-33E66949870A:01}

家からせいぜい1km位の登り。軽いヒルクライムですが
やはり愛車が健全だと気分のいいものです。

c60、アホみたいにごついBB周りから想像するように、
登りも力強い剛性感で登っていきます。

しなり、たわみによる軽さを演出するよりも、
力強さと安定感、反応性からゴリゴリと登っていってしまう
スタイル。これはこれでとても潔く気持ちのよい登坂です。

c60、乗るたびに、もっと脚力が欲しくなる。
今ではめずらしくなってしまったラグでつながれた
モデル。ひたすらラグモデルにこだわり続けた
コルナゴだからこそのなんというか、奥深い乗り味が
感じられるような気がします。

{324FF834-945C-4DDE-9ED8-8BF0D787720D:01}

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


「コルナゴ c60 異音問題解決。ゴリゴリと潔いヒルクライム」への2件のフィードバック

  1. 1. やっぱり乗りたいです!
    その乗り手を突き放した様な感じは
    たまらなくイイですね。もっと早く
    走らないと納得できない感もまた
    素晴らしいです。ほんと、コルナゴ
    乗りには憧れの存在ですね。^_^
    http://ameblo.jp/urajack/

  2. 2. Re:やっぱり乗りたいです!
    >ウラジャックさん
    お久しぶりです☆彡
    是非ノリに来てください(笑)

    このご時世に自社ブランドの味を
    守り続けられるのはコルナゴだけ
    でしょうね。そしてそれでも買っていく
    ユーザーがいるのも凄い。
    http://ameblo.jp/aprfoor/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA