colnago c60 46時中もステムと言って

最近、寝てもさめてもステムについて考えている。

恋する乙女が、意中の男性の名前をひそかにネットで
検索して悦に入るように適当な名の有るステムの名前を
打ち込んで検索をかけては、ああでもないこうでもないと
考えるのがとても楽しいのだ。

自転車のハンドルと、フレームをつなぐとても地味な部品。
自転車の中でも比較的安価で
手軽なものなら2000円くらいから手に入る。

もちろん、気のふれたレベルになるとこの小さい部品一つで
入門用のロードバイクが一台買えてしまうような物も存在していて
そんな物を隠れて購入しよう物なら家庭不和、嫁の軽蔑を買う
元凶になってしまう。幸い嫁なことにまだですが。

フレーム、コンポ、ホイールには結構こだわってパーツを
選んできたのですが、これまではあんまりステムに気を使って
きませんでした。見た目が良くて、ちょっと短めのステムなら
何でもいいや、みたいな感覚でした。

調べてみると、ステムには変に軽いものを使わないで
しっかりしたつくりの頑丈な物を選べ、という格言が有るそうです。

自転車に乗り始めて数年経つけれど、まだまだ知らないことが
おおいです。

で、最近C60のポジションが少し窮屈な感じがしてきていたので
ステムを延長することにしました。

90mmから100mm

たった10mmの差が、しかしそのバイクののり味をまったく
変えてしまうのです。


今回チョイスしたのは、DEDA ZERO100
レーシングパーツの定番です。定価は一万を超えますが、
オークションでかなりこなれた値段で手に入りました。

まだ少し乗ってみただけですが、ハンドル周りが確かに
かっちりした感触に。安定性はマシンの実際の挙動だけじゃなくて
僕みたいな臆病者のへタレにとってはバイクへの信頼感が
増すということは、それ以上の大きな意味があるのです。

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA