colnago C60 Cの系譜の極至を手に取ってみる その2

前回に引き続きC60について

今年の6月に正式に実家のペンションの二代目オーナー就任が決まり
いよいよ持って経営について真剣に考えていかなければなりました。

(家業のペンションについてはまたゆっくり語っていきたいと思います)

春と秋のオフシーズンにも何かのアクティビティを打ち出そうと進めて
いるのが、
「信州木島平の自然の中で、ハイエンドバイクを自由に乗り回して
もらおう」という企画です。

現在保有しているフレーム

ピナレロ・プリンスカーボン
LOOK595.586SL
orbea orca2009
cervelo R3sl ×2
ウィリエール・チェント1
sccot addictSL (2010)
BMC・SLR01 SLX01
Sworks tarmacSL3

どれも押しも押されぬ名車達、これだけのフレームを揃えようとしたら
とんでもない金額になりそうですが、そこはカーボン補修技術を駆使して
ワケありフレームを再生してありえないような金額で賄っています(笑)

こんだけフレームあったらしばらくはもういいかな、とも思っていた矢先、
このC60がオークションに売りに出されていました。

ああ、もうこれは間違いなく目玉になるね、と。

今春発売されたばかり、しかも完全受注生産で国内でもまだおそらく
数える程しか入ってきていない、超高級フレーム。

しかも、もしかしたらエルネストが手がける
「最後のC」
になるかもしれないコルナゴ。
しかも、重要なのが、「割れている」
そう、トップチューブに微細なヒビが入っていてしまったために
オーナーが手放すようになったのです。当然、まともな品だったら
僕なんぞ手も足も出ません。
おそらく、これを逃したらもう二度と巡ってこないような機会です。

・・・・狂うことに決めました・・・・
とにかく、存在感と高級感が半端ないです。
僕の保有しているフレームたちが色あせてしまうような。
狂った甲斐がありました。

来年春位をめどにパーツを集めて走れるようにしていこうかな。

旗艦となるフレームも決まったことで、
徐々にそっちの仕事の方も動き出していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA