COLNAGO C60 Cの系譜を手に取ってみる その3


C60前回の記事
そんな訳で高値更新が乱舞するオークションの中、
並み居るコルナガー達を斬り伏せ、
無事に手中にc60を収めることに成功した私であります。

上記写真、トップチューブに小さいクラックが入っているのがわかります
でしょうか?かなり表層クラックぽいので通常なら半透明になるガラス
クロスを2層くらい積層すればことは足りると思われるのですが、

いかんせんc60

施されているが気が狂っているんじゃないかと思うくらいに美しいのです。
ここは一切の美観を損なうことなくリペアを施さなければならない。
さてどうしたものかただいま検討中でございます。

このc60が人生初コルナゴになる僕がコルナゴのなんたるかを語ることは
できません。ってゆうか、いきなりc60とか怒られそうな感じもします。

伝統の☆型ジルコチューブをラグで繋ぐ形式。
もはやラグ接続のカーボンフレームはほとんど絶滅したと言えるような
シーンの中、頑なにトップモデルにラグモデルを据え続けるその意思。

写真ではわからないのですが、パールホワイトとクリアカーボンのグラデーションのベースに、光の加減によってゴールドのオーロラのような輝きが浮かび上がります。

柔らかい白地に60周年を記念する流麗なロゴをまとわせた各チューブ。

そして、ジルコチューブ独特の形状と幾重にも重ねられた塗料によるオーロラの
ような輝きが、各シルエットに複雑な陰影を結び上げるのです。

この色味を出すのにいったいどれほどの工程が必要なのか、ちょっと検討も
つきません。

ただの競争用超高性能自転車なら、もはや偏執とも言えるほどの
グラフィックはむしろお荷物になってしまう。
ヤバイです。自転車としてのあり方が、根本的に違います。


c60には二通りのカラーパターンにそれぞれ数色のモデルが展開されていて、
こちらはクラシックのホワイトモデル。一番欲しかったモデルでした。


写真技術が、圧倒的に足りません。悔しい・・・・

「COLNAGO C60 Cの系譜を手に取ってみる その3」への4件のフィードバック

  1. 2. Re:無題
    >Minamoto Sakonさん
    コメントありがとうございます☆
    現在進行形のトップモデルを入手するのは
    これが初めてなんですが、怖くてとても乗れません・・・(笑)

    なんかもう見てるだけでお腹いっぱいになってきます。
    http://ameblo.jp/aprfoor/

  2. 3. これで組むなら、、
    やはりスーパーレコードしかない?
    とてもとても、私には手の出ない領域
    です。ましてや乗る事も躊躇う様な高級
    感で飾るだけになるのも怖いし、、、
    ポルシェを買って車庫が無いみたい、、
    な不思議なシロモノです。^_^
    http://ameblo.jp/urajack/

  3. 4. Re:これで組むなら、、
    >ウラジャックさん
    コメントありがとうございます☆
    そうなんですよねー。やっぱりスーレコで組みたくなる….
    でも、クランク中古で50000とかまさしく狂気の沙汰(笑)とりあえずコーラスで組んで。そして、正直乗る度胸が
    ありません。まあたまにはそんな自転車もいいでしょう
    http://ameblo.jp/aprfoor/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA