コルナゴc60が部屋にやって来た

コルナゴc60
cの系譜のマグナムオーパス
{428F4A29-F20A-4718-AA63-C074D6186577:01}

取り敢えず自転車の形になったので

写真を数点。
{79127929-8CD7-4051-A3F4-B599AB9B8F8C:01}

やばいなー。
美しすぎる。
{CB84217D-6F07-4099-970D-7C03D4A655E5:01}

 

これは自室に鎮座して、毎日眺めています。
ふと気付いたんですが、このフレームに施されてる意匠よく見るとコルナゴボーイを模しているのでは?
最新のモノコックやらエアロ形状やらどこ吹く風。

難点は存在感があり過ぎて気軽にまたがる気になれないこと。公道デビューはいつになることやら。

「コルナゴc60が部屋にやって来た」への7件のフィードバック

  1. 2. 無題
    コルナゴC60は気軽に乗れませんよね。

    奈良県にコルナゴを主力で扱うショップのチームをたまに見かけるんですが(恐ろしく速い人ばかり)C60が集団で走ってるのを目の当たりにします。

    僕にはいろんな意味であんなバイクはのりこなせません~
    http://ameblo.jp/hidesega75/

  2. 3. Re:無題
    >Minamoto Sakonさん
    コメントありがとうございます☆
    しかし、まだ組み立て途中のバイクが
    オルカ、ターマック、R3sl
    と控えています….c60の難点は飾っておくだけでもお腹一杯になってしまうんですよね…いずれにせよ、金がかかる!
    http://ameblo.jp/aprfoor/

  3. 4. Re:無題
    >デンキさん
    コメントありがとうございます☆
    c60の集団ですか!!なんか恐ろしくて声もかけられませんね..

    これのフレームがレーシングカラーだと、もう少し乗ってやるぜ、という気にもなるんですが(笑)
    http://ameblo.jp/aprfoor/

  4. 6. Re:無題
    >らっ君さん
    コメントありがとうございます☆

    高級自転車なんですが入手価格はそこまで高級ではないんですよ(笑)ただ、貧乏自営業の出せる範疇ではほぼリミットではありますが…

    その気になって探してみると、意外にハイエンドバイク手に入れる機会は転がってるかもしれませんよ☆
    http://ameblo.jp/aprfoor/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA