look586sl ウレタン艶消し クリアー塗装

前回ロゴ入れがほぼ終了し、
中々満足行く出来でした。
{B794832C-DF64-4998-B2FD-A91E6F651599:01}
多分男ってのは、キチンと整えられたラインとか、そういう数学的な物を見ると悦に浸ってしまう性質があるんじゃないか。
常々そう考えているんですが、マスキングを剥がしたときに色の際が綺麗に処理されてると、こうゾクッと来る物がありますね。
そして、本日最終工程のクリアー吹きになります。
はい、結論からいいますと、失敗に終わりました….
{71C051D3-BE7B-4FDF-A892-630D47C5CCBE:01}

ウェーイwww

塗装のときは汚れ、脂分をしっかり除去しなければならないのですが、この脱脂作業が不完全で、所々気泡が発生、白く濁ってしまいました。
仕方ないのでクリアー層全剥離。当然下に塗ってあったロゴも削り落とすようになります…orz
なんと哀れな光景。
関係ないんですが、何かが壊れる様には
ゾクゾクする背徳感も同時に潜んでいます。
幼くは戦隊物の合体ロボが破壊される
シーンだとか、最近ならば映画「パシフィック・リム」の主役機、ジブシーデンジャーが物語冒頭で左腕がメインウエポンごと引き千切られるシーン等
ああ、そんな事考えながらも結構凹むなあ…また、マスキングからやりなおしだわさ。そんな貴重な夏の或る一日でした。
蝉時雨
脂残して
茜空
(脱脂作業一つで、貴重な30代の夏の数日を棒に振ってしまった虚しさと、蝉の一生の儚さを掛けて、夕暮れの茜空に一日を思う)

「look586sl ウレタン艶消し クリアー塗装」への2件のフィードバック

  1. 2. Re:無題
    >デンキさん
    コメントありがとうございます☆
    多少ショックだったのですが。
    ブラックサンダー3つくらいやけ食いしたら気が収まりました(笑)

    どうせな らとことんやろうとおもいます☆
    http://ameblo.jp/aprfoor/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA