LOOK595に自転車の美しさを見た

{F9791503-6136-43D1-ADE6-6571077D597E:01}

先日、とある知り合いとのSNS上でのやり取りを通して、日進月歩のロードバイク
シーンに置いて今後も記憶に残り続けるフレームはどんなものなんだろう、という
ことを考える機会がありました。

その時にパッと頭に浮かんだのが、細身ラグ時代のTIME最後のVXSR系、ピナレロ
金属ドグマ、そしてこのLOOK595でした。もちろん、自転車世界にのめり込んでまだ
数年の貧脚人間の主観です。異論は様々認めます。

{9CF25EF5-2A35-4236-86D5-B30EBF984E8A:01}

その三台のうちの一台を幸運にも所有する事が出来ています。しかもほとんど
ただのような価格にて僕の元にやってきてくれた595

僕が自転車に美を感じ始めた当初、ローディーたちの憧れの的の一つがこの
LOOk595。今ではもうアンティークの括りに入ってしまうかもしれません。
しかし、オークションでも数年前とほとんど価格相場が変わらないあたり、この
躯体の持つ魅力を表しているんでしょう。

カーボン技術が進歩して、もはや自転車炭素繊維の技術レベルがF1や軍事、宇宙
開発に使われるような物まで駆り出されています。
異形でいかついフレームたちがちまたに溢れかえるほどに(それはそれでとてもかっこいいと思っています。あしからず)595のシンプルな
佇まいは際立って自転車の美を表しているような気がします。

{8946766E-E295-4FAC-96E0-EABB2A7A7A39:01}

この冬、走れない期間を通してパーツアッセンブルを少し見直してみました。

ホイールを キシリウムSL ⇒ シマノ7850 corbon1380
シフターを st6600⇒     スーパーレコード 
ブレーキ  BR6600 ⇒   カンパアテナ (シルバー)
RD     RD6600 ⇒    R7800

そう、シマニョーロ仕様です。これには深い意味があるわけではありません。
手元の感触を重視したかったのです。5800系も考えましたが、なんとなく
595に新しいコンポは似合わない気がします。
スラムもなんか違う。そんなこんなで考えていくと、結局、手元にあったスーレコ
をニマショ化、その他のパーツもなんとなく感触重視のものを選んだ形になりました。

アテナ、RD7800、シマノのクランクはなんとなく金属パーツでクラシカルな雰囲気を
醸し出してみたかった。

{A3BED492-5039-4D65-BC23-64B17AFDB2D0:01}

このパーツ変更は、はっきり言ってしまうと素晴らしい走行フィーリングを
595にもたらしてくれました。
詳しくはまた後ほど

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA