LOOK595 ただクランクの回るままに

{67F0D111-008E-43D3-85E8-A7F87A0CDB95:01}

ここしばらくはっきりしない曇天が続いています。
夏の営業シーズンに入ってしまうとろくに自転車に乗って
出かけることができなくなるので、この時期は時を惜しんで
外に行きたいところなのに、天気が崩れていらいらします。

木島平は比較的天気が安定していて、晴れの日が多いのですが
この梅雨の時期はやはり仕方ないですね・・

今日、東京から今年の夏、子供たちの自然体験合宿の下見の
お客さんが来ていました。

天気予報では一日雨もしくは曇り。天気一つで木島の印象がガラリと
変わってしまいます。この地域の美しさを少しでも感じてほしいと
思っていた僕としてはちょっと残念な気持ちで朝を迎えたのですが

ふたを開けてみれば、この数日間の曇天がうそのような綺麗な
初夏の空が広がっていました。

先日、早稲田の学生たちが菜の花サイクリングに来たときも
9割雨の天気予報が完全に外れたこともありました。
なんだか最近はそんなことが本当に多いのです。やはりこれは
僕の日ごろの行いがいいからでしょうか(笑

東京からやってきた人たちが、この木島の自然を見たら
どんな風に感じるんだろう?

そんな意識で車を飛ばしながらいつもの見慣れた光景を
ちょっと違った意識で見ようと勤めてみます。

ここしばらくは鈍い色の空ばかり、少しくすんだ感じの風景
に慣れてしまっていた目に、抜けるような空とビビッドな色彩
が飛び込んでくると、鼻の奥がツーんするような感じがしました。

夏の高すぎる青い空は、どうしてこんなにも美しく、ちょっとだけ
切ない感じを心に浮かばせるのでしょう。

今日来てくれた客人たちも、こんな感覚を少しでも感じてくれたら
うれしいなあと思っています。

{1CB3AACB-C17F-492B-81E2-C1BCA4CFE16D:01}

さて、ぜんぜん話が変わってLOOK595です。
どんなに最新鋭のフレームに乗っても、595にまたがるたびに
「やっぱりいいなあ」と思ってしまいます。

LOOKを評するによく魔法の絨毯という表現を耳にします。

あえて言ってしまうと、595、別に振動吸収に優れたラグジュアリーな
感じはありません。

強靭で、バネ感の強いのり味と、吸い込まれるようなペダリング感覚。
この二つとリズムが重なるとき、どこまでも走り続けたくなるような
絶妙な自転車との一体感が生まれるのです。

いたずらにケイデンスをあるのでもなく、トルクをかけるのでもなく、
フレームに神経をいきわたらせると、その速度域において必要な
入力が伝わってきます。

フレームが欲するトルクに従って、ただ足を踏みおろしていくと、
ほとんど力も使わずにクランクが降りていく。そしてスピードが
伸びていく。

BB周りの剛性が絶妙なんでしょうか

{89952AE8-2A59-45B3-AC7B-64309326E31C:01}

このフレームと対話する感覚、足がクランクと一体化して、
自分も自転車の一部になったようにどこまでも続く舗装路を
走り抜けていく。

これが狙った性能なのか、たまたま出来てしまった
偶発的な性能なのかわかりませんが、とにかく、
名車なのです。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA