LOOK595 ラグ製法はノスタルジーなのか

{BAB58E32-1149-4FC4-BD5D-93D27C6842EB:01}

c60の異臭、じゃなかった異音問題も無事に解決しました。

昨日の午後はちょっと時間ができたので久しぶりに595で
50kmほどサイクリング。

自転車についてあまり詳しくない人に50kmというと、
まるで頭がおかしい人間のように見られます。

高々自転車に中古車が買えてしまうような、金額をつぎ込み、
誰が見ても恥ずかしいようなぴっちりもっこりパンツを履き、
一般的な感覚でいったらありえない距離を走った挙句、
重力に逆らって鼻水をたらして坂を上ったかと思ったら
せっかく上った坂をただ下っていく。

我々自転車乗りというのも世間様から見たらとんでもない
変体の集まりなのでしょう。

{6810235B-3BB4-4EB2-A0A1-B0D8BC8D3033:01}

c60の圧倒的なまでの動的性能とゴリゴリ進む走行感。

それと対比するように595に跨ってみると、また違うものが見えてきます。

BB付近に意識を凝らしてみる。595にしかない、吸い込まれるような
ペダルフィーリング。

16時くらいから20時のあたりにおいて
クランクが吸い込まれ、上死点までふわっと足を押し返されていく
その後は15時のあたりまでほんのちょっと足を踏み降ろしてあげれば
またクランクが勝手に吸い込まれていく。

しなやかで、ほんの少しだけ硬質でたとえ様もなく心地よい。
これぞ魔法の絨毯でしょうか。

少しだけ前加重気味にして、力ではなく体重でペダルを踏みしめる。
すると前方に下り坂ができたように、前方にすいこまれていくのです。

595の気持ちよさはなんなのでしょうか。

{417FBE73-6FD2-4A5C-9D32-1ECBE4DD1A35:01}

ラグとラグでパイプを繋ぐ製法と
方にカーボン繊維と樹脂を敷き詰めて釜で焼いて一体形成する
モノコック製法。

最近はモノコックが主流になっているカーボンフレーム。
595もc60もあくまでラグ製法にこだわって作られています。

ラグは手間がかかわる、精度を出すのが難しい、重量が嵩む
など、モノコックに比べると製造的に難しい面が多いと聞きます。
それでもラグで作るメーカー、それを求める人々が
まだ少くない数存在することを考えると、何かこう数値や効率では
図れない部分で影響するものがあるのでしょう。

{6E3C0F0D-F135-42C6-B2F2-392DF6A1C34F:01}

その辺を考えていくと、自転車その物のどこまで行っても
アナログで人力な乗り物でありつづける側面。

効率、対費用効果を突き詰めていくと、すべての物が平滑、
陳腐化してしまう資本主義社会に対してどこかでその流れに
逆らいたくなるノスタルジーみたいな物が顔を出してくるような
気がするのですが、それについては長くなるのでまた今度。

{42EDB023-1BD3-43F2-BE4C-BB3CEACF74D7:01}

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA