※再掲載 僕はorcaに恋している 4 初めての栄光と盗難

人間とは実に不平等なものだと思う。

ことさら、スポーツの部分においてそれを強く感じてしまうのは
僕自身が人並み以下の運動神経しか持ち得ないからだろう。

高校程度のスポーツでは、常にヒーローは決まっていて、努力しようが


持って生まれた運動神経の差を埋めることはできない

球技大会の主役はいつも決まっているのだ。

運動に関してはそんなあきらめを持ってしまっていた。

何も知らずに買ってしまったルック車だけれど、同時は相当舞い上がっていた。
そして思った。

「自転車を前にしては人間生来の運動神経はおよそ平等に扱われる」

およそ100年以上、その物理学的運動原理はかわっていない。
地上でもっとも効率のいいとされる、完成された乗り物。

数学的美しさを持つ、すなわち神様の真理を内包する乗り物の前には
人間個人の差異など、微々たるものなのかもしれない。

そんなことを運動嫌いの僕を虜にした自転車に触れるときに感じてしまう。

ルック車を買ってからひと月ほどして、
当時よく顔を出していたインカレ系のサークルで、
自転車で東京から小田原まで遊びに行こうという企画が持ち上がる。

当時はまだ、スポーツバイクブームの萌芽が感じられる程度の時代だったので
14800円のルック車だとしても、みんなの関心を引くことができた。

大多数の参加者はママチャリだったのだ。

そして、旅の終着、宿舎は山の中にありそこで人生において初めて
スポーツでの賞賛を浴びる事になる。

箱根の山はそれなりに急峻で普段運動自慢の奴らが駆るママチャリが
悲鳴をあげて脱落していく中、

僕とその相棒のルック車だけが最後まで山を駆け登ることができた。

いくらルック車だといえども、ママチャリとの間には歴然たる性能の差が
あるのだ。ザクと、連邦の白いやつ並に。

特に順位など設けられていたわけじゃない。
目に見える形の賞賛ではなかったが
ただ一人、坂を登り切ることができたその時の達成感と感動たるや、言葉に尽くせぬ
ものだった。

僕は僕の心の中ではマイヨ・グランペールを着たのであり、野々村輝だったのだ。

自転車って素晴らしい。その時、心からそう思った。

そうして旅が終わり、東京に戻り数日後。そのルック車はいとも簡単に盗難に
あってしまう。

賞賛のわすか数刻後、膝から崩れ落ちるほどの衝撃を受けた。

価格はそれなりだったとしても、僕を人生初めての栄光に導いてくれた相棒が、

その価値をしらない無慈悲な輩に残酷にも連れ去られてしまったのだ。

スポーツバイクと盗難は切っても切れない運命にあることをまだ知らない27歳の
初夏の出来事だった。


人気ブログランキングへ



にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA