僕はorcaに恋してる8 ・・・・これは、だけどorcaじゃない

冬がすぎて春になって
バイトが変わり経済的に少し厳しくなって
でも日常にそこまでの変化はなかった。

強いて言えば夜勤をやめたことで生活が規則的になって
体重が少し増えたくらいか。

良く顔を出していた例のインカレサークルが今年もまたGWに自転車旅行
を企画し、今年は高田馬場~九十九里浜にみんなで行った。

去年は何も知らないルック車での参戦でそれなりにヒーローになった。

今年は曲がりなりにもカーボンロードに乗って、しかもモッコリパンツも履いていた。

みんなの冷たい視線を、むしろ心地よく感じる。

一人違う領域に踏み込んだ愉悦と、もう引き貸すことのできない位置に
来てしまったであろう背徳感。

常々重のだけれど自転車趣味とは、刹那的であり背徳的なのだ。

相変わらずほとんどの参加者はママチャリで、自転車を舐めるなと言いたくなる。
圧倒的な戦力差で一人栄光のゴールに飛び込むはずだったのだが、

ゴール直前の山道でこともあろうかチェーンが切れ、リザルトは一人リタイアとなってしまった。あのアルテグラのチェーンがだ!

ちなみに後にも先にも、チェーンが切れたのはこの時しかない。

モッコリパンツを履いて、一人サポートカーの奥に自転車と一緒に押し込められて
宿舎に向かうあの惨めさと言ったら。

さて、夏をすぎる頃に、新しいロードを買う事になる。
流石に自分のバイクがあまりに古いものであることに気がつき始め、なにか物足りなくなってきてしまったのだ。

今思えば、完全にホリゾンタルでスレッドタイプのあのロードも味があって良かった
のだけれど、当時はまだそういう懐古趣味には馴染めなかった。

オークションに出したところ、買値とほぼ変わらない8万円で買い手が付いた。
手放すときにちょっと申し訳なさと切なさを感じた。
自転車は、生きているとその時に感じた。

新しく購入したのは中古のキャノンディール。R700という機種。
キャノンディールといえばアルミ。アルミといえばキャノンディール。

2004年式だったのでそれなりに新しく、何よりも特徴的な
極太のメインパイプは迫力があった。

このアメリカのメーカーのアルミにかける情熱は凄まじい。
パイプ同士の溶接跡がほとんどないのだ。既にカーボンフレームが
主流になりつつある市場の中で、プライドと情熱をかけてアルミ技術を
磨き上げる。

入門機のグレードでも決して手抜きをしないことと、ときに誰も思いつかないような
変な自転車を作り出すこの企業の姿勢は今でもとても好感を持っている。

カーボン技術が爛熟した感のあるこの時代においてなお、
現行のスーパーシックスevoには咒い(まじない)に似たモノを感じるのだ。

R700のぱりっと乾いたアルミならではの乗り味と、それでも硬さを感じさせない
キャノンディールの技術力は大変満足できるものだった。

とてもいいバイクだ。
しかし、自転車がモダンになるほど心の中に乾きが生じてしまう。

・・・・これは、だけど、orcaじゃない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「僕はorcaに恋してる8 ・・・・これは、だけどorcaじゃない」への1件のフィードバック

  1. 1. ( ^_^)/ はじめまして!
    ブログ読ませて頂いております(゚∀゚)雰囲気のあるブログですね(^o^)私のブログにも遊びにきてください(≧∇≦)
    http://ameblo.jp/w2pdbx/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA