サイクルモード雑感 エアロ化の行き着く先は・・・

サイクルモード雑感その2

前回 ドグマf8と新型ノアがエアロ形状として非常に似てしまっているような
気がしてならないところまで書きました。

image

ボーマ ラソア

image
BH の新型エアロ

image

ラピエール

とエアロバイク隆盛極まるといった感じです。

それぞれのバイクを見ていくと、確かに格好いいんですよ。
でも、何かこう進化の袋小路に行き着いてしまったような寂しさを
覚えてしまったりする。

流体物理学とコンピューター解析の進歩によってフレーム造形も
ますます理に叶った物になっていく。

でもそんな形で空気の壁に挑んでいくと、結局導き出される
フレームの形はある一点に収束してしまうのでは?

何てことを考えてしまう。

あちらのブランドがこんな事してきた!
ならうちはまったく別のアプローチから攻めるぜ!

みたいな感じでそれぞれのブランドのエンジニアたちが
プライドと魂を込めてせめぎ合う熱量

それは時として我々一般ユーザーを置いてきぼりにするような
尖ったデザインのバイク達。
遥かな山の頂きで繰り広げられるオーバーエンジニアリング
同士のぶつかり合い、潰し合い。

それを下界で口を開けてただ呆然と見つめながら、ただただ
憧れを募らせる。もうちょっとそんなロマンに浸ってみたい。

もう、これはUCIの重量規定の引き下げてもらうしかないのでは
ないか、なんてことをつらつらと考えてしまいました。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA