NEW フレーム SCOOT ADDICTSL フレーム検分

{61C004F1-9CEA-4016-A0FF-FF549345C566:01}
前回に引き続き、初めての新品フレーム、ADDICT SL のフレーム検分です。

思えば僕がロードバイクの虜になったきっかけの、オルカが特集されていた
数年前のターザン。同じ特集記事の中で当時最軽量の完成車として紹介されていたのが
初代ADDICT カンパレコード組みで5.9kg、価格150万近くの車体を見ながら、
到底手の届かない世界に怒りを覚えていたのがもう十年近くになるのです。

{4EB5AE6F-EC65-4994-8AE6-C3E4D844E282:01}

今までのADDICTと違い、フォークの造形はかなりスッキリ。コラムしたの謎の
フィン状の造形はどこへやら、かなりすっきりとしたラインになっています。
下玉押しは一体形成。コラムカット前の状態で280gと異常な軽さになっています。

{8EC8F051-38DE-4483-AC6B-7BC55FE80F3A:01}

僅かに湾曲してるように見えるトップチューブ。さぞかし薄いパイプなのかと思いきや握ってみると
以外にしっかりしています。

{D0027045-D9B8-4D38-AD68-541B9A7E416D:01}
付属のシートクランプもいい感じで肉抜きされている。

{AA495658-6958-49D6-B9B4-3A812CF55B1F:01}

FD台座ももちろんカーボン

{BB5421CD-AD18-4CEE-82B4-AEABB53B81C4:01}
よく見ると、BB付近がアシンメトリーになっています。ダウンチューブはカムテール
に近い形に。いろいろ削ぎ落とした感はありつつも、全体的な造形は非常に
手が混んでる感じがします。

{AC7927B4-504F-443D-B301-D2542AF4507F:01}
おっと写真がぼやけた。写真の状態で、1.17kg。
ヘッドパーツ、BBも込の状態でこの重量ははっきり言って異常です。コラムカットして、
ヘッドアンカー入れたら大体1.15kgくらいになるのかな。

先代のADDICTが同じ状態で確か1.27kgとかだったので、大体100g位軽くなってますね。

塗装抜き、フレーム小物外してアンダー700gを謳うフレームはかなり増えてきていますが、
塗装と小物で大体1.2kg前半のフレームが多いことを見ると、やっぱりすごいと言わざるを
得ません。

トレックのエモンダと並んで、現在最軽量フレームのひとつなんじゃないでしょうか。
先代ADDICTはかなりエキセントリックな乗り味と立ち位置でしたが、今作はどうなんでしょう
?ただ軽いだけではもはや誰も納得しなくなっている今。ノリ味もきたいしたいところです。

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA