addict SL どんなペダリングでも登坂力にぶれがない

{F47CA633-A36A-4A03-A4D6-5B33C9CD0456:01}

コルナゴc60、リアホイールの調子がよくないので、
昨日はアディクトSLでお出かけです。

タイヤをフロントをベロフレックスに変えてから俄然
乗り心地がよくなりました。以前はTUFOの軽量タイヤ
を履かせていたのです。あくまで軽さ命。

ヒルクライムレースに出る訳ではないので、数十グラムを
気にしても仕方ないのですが、最軽量バイクの位置づけ
であるアディクトはそのへんの小さなコダワリに縛られてしまう
ところもあるのです。

ある程度乗り心地を確保したほうが、エネルギーロスも
少なくなるので最近はコンフォート性能を各メーカーが
こぞって上げてきているのは周知の事実。

ただこのベロフレックス、やたら小石がひっつきます。
そいつらが立てるパチパチチリチリと些細な音は
どうしたものか。性能には起因しないのですが、扱いの
繊細なカーボンホイールだと、ちょっと気になります。

{BD3B3D3C-D5E6-4AF7-BFA4-BB659D57E1FF:01}

とは言っても5kg前半に収まっているアディクト。
短い登坂を軽さに任せて力づくで登るのは至福のひととき。
(足の元気のうちは)
ダンシングで多少荒くペだリングしても
パンパンとはじかれるようにも登れるし、
シッティングでしっとりと足を回す時にはエスカレーターのように
静かに登っていきます。
まるでなにかパワーアシストが付いているような感覚。
ただ軽いだけではなくて、そのへんの調整が絶妙です。

平地も素晴らしいですが、やはりアディクトの本領は
登り坂にありますね。

{AF18DD4B-DF1A-4A6B-B25D-0153C7EA3A92:01}
ゆったりと50kmくらい飯山周辺を回って、
帰途につき、さあ、最後に山を登ろうかと言う時に
あえなく後輪のtufoが限界をむかえてしまいました。
125g位しかないペラっペラのタイヤです。やはり
常用使用には無理があったか・・・

まあ、正直言うとここ数日の疲れが足に出ていて
今日は登らない方がいいかなーなんて考えていました。
持ち主のコンディションを考えてパンクしてくれたのでしょうか

長野県木島平にて

ダンスの宿
ちきちきばんばん

営業中!いつかはロードバイクの宿としてもやって行きたい。

そして二代目オーナーの適当な自転車ブログ
389-2303
長野県下高井郡木島平村大字上木島
3278-244
TEL0269-82-2815
ダンシングハウスちきちきばんばん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA