wpid-wp-1444578499647.jpeg

SCOTT ADDICT SL 神々の住まう頂きに至るために3

旧約聖書、後にイスラエル民族の
祖となる、ヤコブは腰の筋を痛めて
いた。

兄エサウが受け継ぐはずの長子権を
知恵を使って持って彼が継承してしまう。

その事に怒りを覚えたエサウから身を
遠ざけるために、叔父ラバンの元に
身を寄せるようになるのだが。

その道程のある一夜、ある存在と格闘
することになる。この存在は神の御使
でもある、とも言われている。

御使いは劣勢にたたされて、ヤコブの
「もものつがい」を打つ。そしてヤコブは
弱くなってしまう。

このエピソードの解釈は他に譲るとして
なぜ急にこんな話を持ち出したのか。

どうやらこの数日ADDICTSLに乗り込み、いくつかの峠を越えてくる中、腿の筋を少しいためてしまったようなのだ。

wpid-wp-1444797344440.jpeg

フレームセット重量アンダー1000g
スラムレッドとレイノルズのカーボン
ホイールで組み付けた僕のADDICT
はペダル込み5.5kgをマークした。

もう少しやれば4kg台も夢じゃない
のだけれど、この辺から人のままでは
超えられない一線が顔を見せ始める

この先はわずか数十グラム、
下手したら数グラムを削るために万
単位の金額がかかる事もざらである。

お金がかかるだけならまだしも、軽くする
事で剛性、耐久性を犠牲にしなければ
ならないケースまで出てくるのだ。

およそ知覚できないような僅かな減量の
為に、性能と預金残高、そして家族の
信用を天秤にかけるのだとしたら。

幸いにもその一線を越えてしまわない
位の理性は僕にもまだ残っている。

とにかく、これだけ軽い車体だ。
登りでは厳然たるアドバンテージを
与えてくれる。しかし。僕は腰を痛めて
しまったのだ。

もっと車重の重い、LOOKなんかは
上り坂の最中でも常に下支えしてくれ
ているような感覚がある。

人間が傲慢にならないぎりぎりの加減
で、人知れずライダーの背中を押して
くれているような。
そしてそれは他のバイクに乗り換えて
みて初めて分かるような物だったりする

じゃあこのADDICTはどうなのか。
はじけるような軽快な登坂力。
羽のように軽やかな挙動。
シルキーな走行感と、巡航性。
そして驚く程に下りがいい。

この全ての要素が高次元でブレンド
されている。数日間乗り込んで
みた限りでは、文句のつけ様がない。

そして、雄弁にこう語りかけてくるのだ。

「天空の神々に挑む武器はすべて与え
た。もうこれ以上出すものはないから、
後はお前が何とかしろ。」

完璧な性能を持って、ある意味ライダー
を突き放しにかかってくる様な気がする。

さらに言うなら、僕のエンジンの性能では
到底天空の門扉に楔を打ち込むには至ら
ないことが見透かされているようで、

なにか悔しく、ついついオーバーペースに
なってしまった。結果。腰を痛めてしまった

これは完全に僕の鍛錬不足であり
身からでた錆び。ADDICTには一遍の
非もない。まあ一晩も寝れば治る
だろうけれど。

神聖さをもって生者を拒む急峻を
火急速やかに陥落させるために
極限まで装備を削る命しらずの登山家
のように、ADDICTも極限なのだ。

だから、どこか偏屈で、気高い。

VOL4へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA