wpid-wp-1444578499647.jpeg

scott addict SL 神々の住まう頂に至るために 4

wpid-wp-1444578601772.jpeg

フレーム重量が700gを下回るモデルの登場によって第二次軽量化戦争の幕が切って落とされるその反面

そんなに軽くして意味があるのか?と言う疑いも当然のように沸いてくる。そもそも大きな大会ではロードバイクの重量は6.8kgを下回ってはいけないのだ。

細いパイプを組み合わせてフレームをつくり、ヘルメット一つ被った生身の人間が下手したら時速100kmを超えるスピードの中に命を投げ込むのだ。ある程度重量を規制する事で安全性を確保するのは当然の事だろう。

じゃあ軽いバイクは良く走るのか?

LOOK、COLNAGO、TIME、ピナレロetc….

およそ重量を気にしない(全く気にしないわけではないけれど、どちらかというとマーケティングイメージのためにブランド最軽量、なんて打ち出し方をしている位で)この辺のバイクはハイエンドでも結構重いのが実際の所。

一度鎮火したかのように見えた軽量化の熱に、再び風を送り火を起こしてしまったsuperSIX evo だけれど、こいつは軽さを念頭において設計された物じゃないのでは、とひそかに睨んでいる。

クリエイターが表現したい走りの世界があって、それを表現するためにはそれまでカーボン製法の中でどうしても発生してしまう余分な樹脂、繊維の皺や偏り、余分な積層や贅肉が邪魔になってくる。

それらを技術的な革新を持って解決し、理想の走行感に至ったときに結果として超軽量なフレームになってしまったのではないか、と。

別に僕は技術屋でもなんでもないので勝手な妄想なのだけれど、そういうフレームだったら嬉しいなあ、と考えているのだ。

もう一つ、フェザーのようなバイクの流れを勢いづけたのは日本の誇るスポーツギアメーカー、ヨネックスの作ったフレームなんだと思う。

こちらは技術力と蓄積と情熱は十分にあるが、ブランド力の足りないメーカーが業界に殴り込みをかけるためにアンダー700gの衝撃を利用したのじゃないか、と邪推してみる。

ヨネックスのカーボン技術を持ってすれば、この軽さでもここまで安定したフレームが作れますよ。と。いい意味でいかにも日本的なモデル。

じゃあ、addictはどうなんだ?これこそ、正しく軽くする事を至上として軽さの為に作られたフレームなのだ。とあえて言い切ってみる。

 

wpid-wp-1444797250069.jpeg

軽く、強い素材を使い、応力を計算して使用する素材の量を極限まで削っていく。軽くてもやわだったら走らない。軽くて走らないフレームほど罪深いフレームはない。プロの脚力を受け止める剛性を残しながら、極限までその躯体を削り込んでいく。

減量で肉体を精神を極限まで研ぎ澄まし、剃刀のように鋭利な存在へと己を昇華していくボクサーのような

防御をすて、旋回性と敏速性にすべてを掛けて大空の侍といわれたゼロ戦のような。

だからaddictにまたがり、平地を滑空し、下り坂ではヒラリヒラリと舞下り、そのまま天空まで登っていってしまいそうな登坂を堪能しながら

何処かでは刹那的な、背徳的な、そして不健全な何かを感じ取ってしまうのだ。といってもそれは決してネガティブな物ではないのだけれど。

evoもヨネックスも全うに軽く、丈夫で洗練されていて、なにより健全で明るい。

かたやaddictは。

正しく軽量化の持つ危うさや刹那的な感覚を残してくれている。だから見方を変えると、己を削り、何かを犠牲にして高みに至ろうとする観点から言うならaddictの方が前述の二台よりも健全で全うなのかも知れない。

まあ、かと言って乗っていて不安になるとか神経質になるとかそういう話ではないのでこれからaddictを買おうかと考えている時に障害になるような話しではない。個性の話なのだ

VOL5に続く

 

「scott addict SL 神々の住まう頂に至るために 4」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA