addict SL 4k台魔界突入計画

ブログ記事が一回全部消えてしまったので

しばらく連投気味になることを許して欲しい。
特にアメブロの方は更新通知が示される度に
「またか」
「あまり強い言葉を吐くなよ…..
弱くみえるぞ」
「いつからアメブロだと錯覚していた」
等々思われるかもしれないが、どうか許して頂きたい。
addictSL 2010年モデル
{50FA5D32-A0AF-4778-8725-C31C71EE331B:01}

当ペンションの鬼子的な存在

写真の状態で4.7k 
コンポはsramRED中心
レイノルズのmv32t
TNIの例の金色の超軽量スプロケット
etc…
あと幾つかのパーツを組み付けなければいけないので結果的に5.2~位になってしまう。
何とかして4k台に突入したい。多分正攻法では5kの壁を超えるのは中々難しく、魔界のパーツ達を召喚しないといけない。
フレーム、フォーク、ヘッドセットの状態で1.24kg
サーベロR3slより数十g軽いだけだが、この数十gが魔界突入の上で大きな意味を持つ。
このバイクが超軽量というロードに於ける最大の汚れ役を一手に引き受けてくれているので
他のバイク達はパーツ選択における重力の枷から自由にすることができる。
うちのcento1がSLKのくそ重たいステムを美観のためだけに平気で取り付ける事ができるのもこいつがいるからだ。
{CB9E3EB1-4D27-4F2E-B418-F806300DFBC2:01}

このフレームは、サイクリーで何故か60000円というあり得ない価格で投げ売りされていた。これが世界の選択か….

勿論なんの問題もなくウチでは珍しい(笑)なんの補修もエポキシ追加も必要ないモデル。

真っ黒な躯体。鬼子であり、汚れ役であり、殺し屋さんのようだ。
余談だが、こいつの現在装備中のシートクランプより軽いクランプは無い。
3Mというメーカーのビニールテープ。
恐らく1gにもみたない。そして、固定力は0に等しい…(笑)
ジオング風にいうなら
「サドルなぞ、飾りに過ぎない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA