考察:人が強く願うことは現実にいかに影響を与えるのだろうか

指先がしびれ、下の奥がチリチリする。
心臓の鼓動はその規則性を失い、胸の奥を不機嫌なノイズが
打ち続ける。時に弱く、時に強く。

六月に入り、いよいよ持って蒸し暑さと湿度を含みはじめた
空気が、見えない壁になって体に纏わりついてくる感じが
強まってきました。

この時期になると決まってめまいと不整脈に悩まされます。

しかし今年の体の不調はいつものそれとは原因が異なるのでは

そう、高田馬場の見えない霊的な状況を守り続けてきた
シェーキーズがなくなってしまったことによる、霊的な磁場の
変化が大きいのかもしれません。

五月初頭、見慣れたいつもの看板が、忽然と姿を消してから
この町を不穏で隠微な空気が漂い始めた気がします。

 

シェーキーズの消失を知ったその日、膝から崩れ落ちそうになる
体をなんとか支えて、とりあえず馬場の名物タイ料理ビュッフェ、
「カオタイ」の椅子にたおれこむ。

グリーンカレーを口に含んだ所から先の記憶がないのです。

右肘に擦過傷と、ズボンのポケットに大量のブラックサンダーの
包装紙が入っていました。一体何をしでかしたんだ?僕は・・・

この擦過傷は後々「シェー傷」と銘され、皆の心にその悲しみを
教訓を刻み付けるようになるのです

最近読んだ本の中で「純正知性学」という学問があることを知りました。
まだ超科学の域を出ない代物ですが、ぶっちゃけていってしまうと

「人間の思考に質量があることを証明する科学」

とでも言ってしまったらいいでしょうか。

我々が強く願い、思考するそのエネルギーは質量を伴って現実世界に
影響を及ぼすのです。なんともロマンあふれる学問ではないですか。

もしこれが科学的に証明されるなら、引き寄せの法則とか、因果応報とか
病は気から、とか昔から迷信のようでいながらその実、何かそんなもの
が存在してると皆が薄々感じていたことが、実在の物だと認識される
ようになるのです。

我々の生活は一変するでしょう。

IT革命が引き起こしたのは、この現実世界とは別に仮想の世界を作り上げ
その世界でのやり取りが現実空間に密接に影響を及ぼすこと、
つまりもうひとつの現実を作り上げて待ったことです。

同じように、思考が現実に作用することが実際に証明されてしまうなら
我々の生活にもう一つ並行して存在する世界を構築してしまうことになる
のです。

今はただ、もう一度高田馬場にシェーキーズが、以前よりも
優った姿で姿を現す、そのイメージを具象化しながら願いを
空に届ける日々が続くのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA