シートポストカーボン補修 レースライトxxxその2

{7099950A-22C6-4CA1-90E2-688CAEAA8505:01}

前回補修が完了したかに思えたボントレガーレースライトxxx


レースでライトで、しかもただのxではなくトリプルXである。

スパルタンXもしかり
プロジェクトXしかり
ガンダムXもまた

Xという字がつくだけでなんだか凄そうなのにトリプルでXが付いてしまうんだから、それはもう凄い感じがする。

事実、わからない人からみたら何の変哲もない炭素の棒切れが数万円するのだから、
狂気の沙汰としか思えない。

クランプを締め込み、試しに強く後ろに撓ませみるとボキリと小気味良い音と共に真っ二つに割れてしまいました。

{83E468D6-BB8A-41E2-9392-457EF5487241:01}

これは、外径を太くすることができないので一旦パイプを切断して破損部を中から補強、その後パイプを接合という作業をしたのですが、その接合部からボキリと急逝してしまわれたのです。


乗らなくて本当に良かった

最悪、折れたカーボンパイプが菊の門を
貫き自転車と下半身が一体化、現代のケンタウロスが誕生する羽目になるところでした。

さて、いかにしてパイプを接合、外径を変えずに強度を上げていくか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA