IMG_4387

カーボンフレーム 補修 DE ROSA その4 表層処理

積層は無事に終了しました。ここからが時間のかかる作業です。

カーボン繊維を縦横に織って作られているカーボンクロスはどうしても繊維が交差するところに隙間ができてしまいます。その表面を綺麗に仕上げていかなければならないのでございます

IMG_4386

これが積層したてのカーボンでございます。強度は出ていますが、見た目身はやっぱり美しくありません。百歩譲って、おいしそうなふ菓子といったところでしょうか。あと、樹脂は紫外線に弱いので、その対策もして挙げなければ成らないのです。

で、ウレタン樹脂をひたすら塗り固めていきます。ウレタンには適度な柔軟性があるので、カーボンがしなっても塗装面が割れることがありません。ここをパテとかプラフサとかで埋めてしまうと、気がつくと表面に皹が入ってしまうことがあります。

IMG_4392 IMG_4391

愛用のウレタンにすを七回ほど塗り重ねて、水とぎした状態です。

どうしても表面に気泡がほんの少しですが立ってしまいます。ある程度塗り重ねたら、適度に表面をならしながら進めていきます。

カーボンの隙間(ピンホールと呼ばれることも)は殆んど埋まりましたが、積層したときの圧迫による凸凹が多少残っています。自分で使うならこのくらいで十分なんですが、人様のフレームなのでもう少しニスを塗って削ってを繰り返します。削るときは必ず紙やすりに当て木を当てるようにしてください

ピンホールが残ったまま、クリアーなんかを吹いてしまうと穴だらけ、皮膚病のような閲覧注意の外見になってしまいますのでご注意ください。

かなり面倒くさい作業です。気長にやりましょう。それでも荒れていたカーボン表層に徐々に美しいクリア層が形成されていくのはなかなか楽しいものがあります。

IMG_4401

シートチューブ。かなり深いクラックを埋めたので、ちょっと凸凹しています。この辺もっと綺麗に処理できるようになりたいです。

IMG_4403

こんな感じになります。補修箇所が多少太くなりますが、一度は死んだフレームがよみがえるならこの位は良しとするでしょうか。

最終的にウレタンクリアを吹くか、コンパウンドで仕上げるか。

同時並行中のオルカの最終塗装と一緒にクリアを吹いてしまうのもありかもしれません。

もうすぐ作業も終了します。T女史に喜んでいただけるといいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA