LOOk586SL 再び異音発生 カーボン再積層へ

現在の東京での愛馬。LOOK586SL
今年の何かのアンケートではいつか乗りたい憧れのブランドNO1がLOOK
だったそうで。

個人的にはコルナゴやデローザとか、タイムに比べると、もうちょっと
身近な存在だと思っていたので、ちょっと意外でしたが。


こんな圧倒的な壊れっぷりだったフレームを買い叩いて
補修して乗っております。

先日、仕事で大岡山の方に行く途中、フレームからちょっとミチミチと
いう異音が耳をすませると聴こえてくるようになりました(汗

家に帰ってから補修箇所を見てみると、外観は特に変化はないのです
が試しに積層箇所をサンダーで吹っ飛ばしてみると、

破断していた状態の時に仮止めとして積層していたガラスクロス
がフレームから浮き上がって、パリパリの状態になってしまって
いました。

本来ガラス繊維に樹脂を染みこませたら、ガチガチに圧迫してフ
レームに密着&余分な樹脂を絞りとることで強度が安定します。
しかし仮止めの段階ではその圧迫ができなかったので、その部
分が度重なる振動やらたわみやらで劣化してしまったようです。

という訳で、今日の日中にでもカーボン積層をやり直すことになります。

問題は、東京にはろくな道具を揃えていないということ(笑)
数切れのカーボン繊維と、サンダーくらいで、本格的なリペアは
行えません。

いっそ割り切って今回は実験的に、100円のエポキシ樹脂を使っ
てどこまで強度が出るのかも試してみたいと思います。

だって長野のペンションに戻れば
エポキシまだ山のように残っているのに、数千円出して樹脂を
買っても、ちょっとしか使わないんだもん・・・

個人的には、しっかり圧迫して樹脂を絞り取れればそれなりに
強度が出るんじゃないかと期待しています。

もし、100円ショップのエポキシでCRFPが出来るとなったら
これは革命ですよwwww

次回の作業に続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA